メルセデス・ベンツ 新型 Sクラス マイナーチェンジ 大幅改良 2017年7月から順次発売開始!!

メルセデス・ベンツは新型Sクラスのマイナーチェンジを行い2017年7月ヨーロッパで発売を開始する。
その後、各国で販売を順次開始する。

ハイパフォーマンスモデルAMG「S63」「S65」や「メルセデス・マイバッハ Sクラス」も同時に改良を行った。

merc-sclass-fl-visual-4.jpg
新型 Sクラス
merc-sclass-fl-visual-10.jpg

merc-sclass-fl-visual-12.jpg

merc-sclass-fl-visual-14.jpg

merc-sclass-fl-visual-8.jpg
Multibeam LEDヘッドライト
merc-sclass-fl-visual-9.jpg

merc-sclass-fl-visual-5.jpg

merc-sclass-fl-visual-6.jpg

Sクラスについて

現行モデルは6代目でFセグメントに属し、メルセデスのフラグシップモデルである。
セダンおよびクーペ(Sクラスクーペ)、リムジン(メルセデス・マイバッハ・Sクラス)を用意している。
2013年5月15日に発表され、同年8月23日に日本でも発表された。
日本では同年10月より受注が開始され、11月上旬から顧客へ順次納車を開始した。

ヘッドライトを含め、すべてLEDが使われている。
先代モデルよりも直立した大型のグリルと、クーペを思わせる流れ出る優雅なルーフラインが特徴。
ダイムラーの超高級サルーンとして2011年にブランドが廃止された「マイバッハ」がメルセデスのサブブランド「メルセデス・マイバッハ」として「メルセデス マイバッハSクラス」を日本では2015年2月25日に発表、発売開始し復活。

新型Sクラス マイナーチェンジモデルについて

フラッグシップモデルであるSクラスのマイナーチェンジはハイパフォーマンスモデルAMG「S63」「S65」や「メルセデス・マイバッハ Sクラス」も同時に改良を行った。

エクステリアの変更点
新デザインのグリルと前後バンパー、Multibeam LEDヘッドライト、新LED テールランプ、 エキゾースト、ホイールなどを変更。

インテリアの変更点
12.3インチ高解像度ディスプレイを2基装備、ステアリングホイールに新型タッチコントロールを採用
エナジャイジングコンフォートコントロール搭載 (温度、マッサージ、照明、音楽などを結びつけ管理)
新デザインのオープンポアウッド、レザートリムドアなどを用意した。

最新機能 エナジャイジングコンフォートコントロールについて

乗員の疲労を和らげる最新機能が搭載。
エアコンやシートヒーター、シートベンチレーションなどの機能に加え、香り、マッサージ、照明を連動させ、乗員の疲労を最小限にする。

新グレードのラインナップ

S560 4MATIC
V型8気筒4Lツインターボエンジン
最高出力:469ps
最大トルク:71.4kgm

S350d 4MATIC
新開発 直列6気筒3L ディーゼルターボエンジン
最高出力:286ps

S400d 4MATIC
最高出力:340ps

変更ラインナップ
V型8気筒5.5LツインターボからV型8気筒4Lツインターボに変更。

AMG S63
V型8気筒4Lツインターボ
最高出力:612ps
最大トルク:91.8kgm

merc-sclass-fl-visual-24.jpg
新型 AMG S63
merc-sclass-fl-visual-28.jpg

ソース
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-1261.html

この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ
スポンサーリンク