マツダ 新型 CX-8 7人乗り 3列シート採用モデル 国内初採用 2017年11月発売!!

マツダは新型CX-8を国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルとして2017年11月に発売する!!

2017年4月28日にマツダ新型CX-8を国内向けに導入すると公表した。

mazda_cx-8_01.jpg

新型CX-8について

マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」と
デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用

国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデル

新型CX-8
全長:4,900mm
全幅:1,840mm
全高:1,730mm
ホイールベース:2,930mm

SKYACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼルエンジン)
2.2L 4気筒DOHC直噴ターボ
最高出力:129kW(175PS)/4500rpm
最大トルク:420Nm(42.8kgm)/2000rpm
トランスミッション:SKYACTIV-DRIVE(6速自動変速機)
乗車定員:6名/7名

新型CX-5と車幅は同様の1,840mmで全長とホイールベースを延長している。
車高は日本未発売の7人のり新型CX-9とほぼ同様である。

新型CX-5を全体的に大きくした様なモデルであることがわかる。

更に、エンジンも新型CX-5と同様のSKYACTIV-D 2.2を搭載しており共通部分が多い!!

デザインも「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用しておりエクステリアデザインも似ているだろう!!

CX-5_2017_0852.jpg新型CX-5

CXシリーズサイズ比較

スペック 新型CX-4 新型CX-5 新型CX-8 新型CX-9
全長 4,633mm 4,545mm 4,900mm 5,065mm
全幅 1,840mm 1,840mm 1,840mm 1,969mm
全高 1,535mm 1,690mm 1,730mm 1,716mm
ホイールベース 2,700mm 2,700mm 2,930mm 2,925mm
エンジン SKYACTIV-G 2.0
2.0L 直列4気筒DOHC
SKYACTIV-D 2.2
2.2L 4気筒DOHC
直噴ターボ
SKYACTIV-G 2.5T
直列4気筒2.5L直噴
ターボエンジン
最高出力 155ps/
6000rpm
175PS/
4500rpm
227ps/
5,000rpm
最大トルク 20.0kgm/
4000rpm
42.8kgm/
2000rpm
420Nm/
2,000rpm
トランスミッション SKYACTIV-DRIVE 6AT
JC08モード燃費 16.0km/L
乗車定員 5名 7名
価格 246〜万円

マツダニュースリリース

マツダは新型CX-8を国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルとして2017年11月に発売する!! 2017年4月28日にマツダ新型CX-8を国内向けに導入すると公表した。 新型CX-8について マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロ...
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ