国土交通省 人気爆発 軽自動車も「白ナンバー」取得可能に。2019年ラグビー・ワールドカップ日本開催を記念し

国土交通省はアジア初のラグビーワールドカップが 2019年に日本開催を記念し2016年4月3日から国初の特別仕様ナンバープレートを交付開始した。

特別仕様の”応援”ナンバープレートは、普通乗用車、軽自動車の両方に取り付けが可能。

時事通信によると4月末までに申し込みがあった3万4134件のうち、78%が軽自動車向けだった。

mlit_01.png

画像でも分かる通り軽でも白ナンバーが選択が可能ということになった。

交付手数料は地域によって異なるそうですが東京都で7,000円。
「寄付金あり」のプレート、「寄付金なし」のプレートがあり
1,000円以上の寄付をすれば左側にラグビーボールの図柄も入る。

時事通信

 2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本開催を記念した特別仕様のナンバープレートを軽自動車に取り付ける人が爆発的に増えている。軽自動車にも「黄色ナンバー」ではなく、自家用の普通車と同じ「白ナンバー」を着けられるのが人気の理由。4月末までに申し込みがあ
国土交通省
http://www.mlit.go.jp/common/001172222.pdf

国土交通省はアジア初のラグビーワールドカップが 2019年に日本開催を記念し2016年4月3日から国初の特別仕様ナンバープレートを交付開始した。特別仕様の”応援”ナンバープレートは、普通乗用車、軽自動車の両方に取り付けが可能。時事通信によると4月末までに申し込みがあった3万4134件のうち、78%が軽自動車向けだった。...
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ