ホンダ 新型 クラリティ フューエル セル FCV 燃料電池車 タクシー運用を2017年6月末をめどに開始!!

ホンダは新型 クラリティ フューエル セル FCV 燃料電池車のタクシー運用を2017年6月末をめどに開始。

運用を開始するタクシー会社 4社

帝都自動車交通株式会社(東京都中央区)
株式会社仙台タクシー(宮城県仙台市)
大宮自動車有限会社(埼玉県さいたま市)
日野交通株式会社の4社(神奈川県横浜市)

honda-clarity_6763.jpg
CLARITY FUEL CELL

ホンダは新型 クラリティ フューエル セル FCVについて

市販車として世界で初めて小型化した高圧水素貯蔵タンクによりボンネット内に燃料電池パワートレインを集約することで、大人5人が快適に座れるセダンスタイルを採用した。

一充填走行距離が約750km、一回あたりの水素充填時間は3分程度といったガソリン車と変わらない使い勝手。
ドライブモード選択で「ノーマル」と「スポーツ」を選択可能。
外部給電用インバータとの接続で、家庭や公共施設へ電力を供給可能。
一般家庭のおよそ7日分の電力をまかなえる。

ライバルとなるのはもちろんトヨタMIRAIであるがMIRAIは4人乗りで航続可能距離JC08モードで650kmである。

CLARITY FUEL CELL
全長:4.915mm
全幅:1,875mm
全高:1.480mm
ホイールベース:2.750mm
車両重量:1,890kg
乗車人数:5名

ホンダは新型 クラリティ フューエル セル FCV 燃料電池車のタクシー運用を2017年6月末をめどに開始。運用を開始するタクシー会社 4社帝都自動車交通株式会社(東京都中央区)株式会社仙台タクシー(宮城県仙台市)大宮自動車有限会社(埼玉県さいたま市)日野交通株式会社の4社(神奈川県横浜市)CLARITY FUEL C...

ホンダニュースリリース

CLARITY FUEL CELL
http://www.honda.co.jp/CLARITY/

この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ
スポンサーリンク