レクサス 新型 LEXUS GS F 新たなFとして 画像&概要公開 スーパースポーツセダン!!日本は2015年11月26日発売!!

レクサスは新型となるGS Fの開発を進めている。

つい最近、LEXUS RCが発売され、さらにそれのスポーツモデルRC Fが発売されたばかりである。

しかし、RC Fよりも前から、GS Fは噂されていた。

ユーザーからすれば、すでに発売されているRCはクーペであるが、今回開発されているGSは4ドアセダンであり

それのGS Fであれば性能と利便性を兼ね備えてモデルとなり日本でも注目を集めることは間違いなさそうだ!!

BMW M5やメルセデスE63 AMGが競合車種となる。

そして今回海外メディアによると2015北米国際自動車ショーの1月13日に新たなFシリーズを発表した。

2015年6月26日から28日に開催されるグットウィットフェスティバルで実車を一般公開した。

そして、第44回東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日)に新型GSシリーズを出展した!!

今回のGS Fではないかと予想される。

そしてついにGS F概要と画像が明らかになってきた。

また、気になるのがエンジンだが、RC Fに搭載されるエンジンを更にパワーアップを行っい、
(最高出力467ps & 最大トルク526Nm)

5.0L V8 DOHCエンジン
最高出力473ps/7100rpm
最大トルク527Nm/4800~5600rpm
8速ATトランスミッション
0-100km/h加速を5秒以下
タイヤ:255 / 35R19(FR)275 / 35R19(RR)が搭載される。

価格は1100万円だ!!

予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を標準装備。

ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、
自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」、
車線逸脱による事故の予防に貢献する「レーンディパーチャーアラート」(LDA)、
夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム」など、複数の機能をパッケージ化。

駆動力制御システムTVDを標準装備し、走行状態に応じて後輪左右の駆動力を最適に電子制御し、
コーナリング時に理想的な車両挙動を実現。

「STANDARD」、「SLALOM」、「CIRCUIT」の3モードを設定し、
一般道からサーキットまで幅広い走行シーンで意のままのコーナリングを追求
スポーツモード付VDIMは、自らのスキルでサーキット走行を楽しみたいドライバーのために、
基本的にVDIM制御をオフ状態としながら、
万一の際には車両挙動の乱れを緩和する制御が働くEXPERTモードを設定。
さらに、上下加速度センサーを採用したABS制御や、TVDとの協調制御によりVDIM機能を進化させて、
高い車両安定性と走りの楽しさを両立

気になる発売日は2015年11月26日だ!!

GS_F_0098976 GS_F_0098977 GS_F_0098979 GS_F_0098980 GS_F_0098982 GS_F_0098983 GS_F_0098984 GS_F_0098985 GS_F_0098986 GS_F_0098987 GS_F_0098988 GS_F_0098989

GS_F_857837292

GS_F_912346

ワイド&ローのアグレッシブなプロポーションとし、高い走行性能を予感させる低重心フォルムを実現。

GS_F_912345

フロントの大型スピンドルグリル、大型エアダクト、CFRP製グリルロアモール、リヤスポイラーにより冷却・空力性能を向上させ、4連エキゾーストディフューザーなどの専用パーツも含め、“F”ならではの個性を強調

GS_F_912347 GS_F_912348 GS_F_912349

ポリッシュ仕上げを加え、黒色メッキホイールナットを採用した新意匠の19インチ大径アルミホイール

GS_F_912352 GS_F_912353

GS_F_912354 GS_F_912355

メーターパネルでは、航空機のグラスコックピットをモチーフに、水温、油温、走行G、後輪トルク配分などの情報をインストルメントパネル内に表示する専用メーターを採用している。

GS_F_912356

インテリアでは“アスリートのボディスーツ”をモチーフとした表皮一体発泡工法によるスポーティな専用シートを装備。
高いデザインとホールド性を実現。

予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を採用
ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱による事故の予防に貢献する「レーンディパーチャーアラート」(LDA*11)、夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム」など、複数の機能をパッケージ化。

スペック 新型 LEXUS GS F
全長 4,915mm
全幅 1,845mm
全高 1,440mm
ホイールベース 2,850mm
エンジン 5.0L V8DOHC
最高出力 473ps/7100rpm
最大トルク 527Nm/4800~5600rpm
ミッション 8速AT
JC08モード燃費 10.0km/L
価格 1200万円

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://www.autoguide.com/auto-news/2014/12/lexus-bringing-new-track-ready-model-to-detroit.html

The Lexus GS F is inching closer to production as our spies have managed to snap new pictures of the BMW M5 and Mercedes E63 AMG competitor.

トヨタニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/4938577/

ソース

レクサスは新型となるGS Fの開発を進めている。 つい最近、LEXUS RCが発売され、さらにそれのスポーツモデルRC Fが発売されたばかりである。 しかし、RC Fよりも前から、GS Fは噂されていた。 ユーザーからすれば、すでに発売されているRCはクーペであるが、今回開発されているGSは4ドアセダ...
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ
スポンサーリンク