トヨタ 新型 JPNタクシー LPGハイブリッド 次世代タクシー2017年発売!!

トヨタは新型となるJPNタクシーを2017年内の発売を目指している。

2013年11月22日から開催された東京モーターショーでJPNタクシーコンセプトを実用化したモデルである。

JPNタクシーコンセプトは
「みんなが乗りたくなる、そして笑顔になる。日本の街の風景を変え、日本ならではの
“おもてなしの心”から生まれた次世代タクシーコンセプトです。」

環境負荷低減、超高齢化などの社会変化に対応した、新たな「日本のタクシー」確立を目指す。

一目でタクシーとわかる独創的で親しみのあるデザインを採用。
低床化・大開口スライドドアによる優れた乗降性と、車椅子乗車を考慮した広い室内空間、
さらに街中での取り回しの良さも兼ね備えた、お客様からドライバーまで「みんなにやさしい」
タクシー車両を目指す。

またパワートレーンには、タクシーの走行パターンに適した環境性能と高い経済性を持つ
LPG(液化石油ガス)ハイブリッドシステムを新開発し搭載

さらにタクシーとしての使用環境を考慮し、長距離の使用に耐える高い耐久性能を目指し、
現在開発に取り組んでいる。

そして、2015年10月26日に2015年10月28日から開幕の第44回東京モーターショー2015で
映像で紹介すると発表した。
全国のトヨタ店、トヨペット店を通じて販売する予定。

サイズ
全長:4,350mm
全幅:1,695mm
全高:1,700mm
ホイールベース:2,750mm
乗車定員:5名

5ナンバーサイズに収めたサイズとワゴンモデルならではの居住スペースにより日本のタクシーを変える。

日産もNV200 タクシー ワゴンの発売を開始しておりタクシー=セダンである日本がこれから変わることとなりそうだ。

サイズや形をみる限り7月に発売予定の新型シエンタをベースに開発が進んでいると思われる。

エンジンは新型シエンタ、アクアに搭載させている。

1NZ-FXE 1.5L 直4DOHC+モーター
最高出力:74ps/4,800rpm
最大トルク:11.3kgm/3600~4,400rpm
システム最大出力:100ps

をLPGガスで走るエンジンが搭載される予定だ。

いわば、新型シエンタのタクシーバージョンである。

発売は2017年の発売となりそうだ。

NEXT_JAPAN_TAXI_01.jpg
NEXT_JAPAN_TAXI_02.jpg
NEXT_JAPAN_TAXI_04.jpg
NEXT_JAPAN_TAXI_05.jpg

JPN_TAXI_8795847 JPN_TAXI_8795848 JPN_TAXI_8795849

JPN_taxi_03
(JPNタクシーコンセプト)

sienta_0138475

(新型シエンタ)

JPN_taxi_08JPN_taxi_05JPN_taxi_04

JPN_taxi_02

トヨタニュースリリース
http://www.toyota.co.jp/jpn/tokyoms2013/taxi/

トヨタは新型となるJPNタクシーを2017年内の発売を目指している。2013年1...
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ
スポンサーリンク