ホンダ 新型 アコード マイナーチェンジ 「Honda SENSING(ホンダ センシング)」搭載 2016年発売!!

ホンダはアコードのマイナーチェンジを2016年に行う予定だ。

今回北米市場向けモデルのデザインを公開した。

アコードは現在のモデルが9代目で2013年から販売を開始している。

これまで長い歴史ある車であり、海外では高い評価を受けているホンダのフラッグシップモデルである。

現行ではホンダの革新的なハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD」を搭載し、
JC08モード燃費は30.0km/Lと発表されている。

以降、3代目フットなどにもこの「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD」を搭載し
JC08モード燃費は37.0km/L爆発的な人気を出した。

そんな、アコードのマイナーチェンジであるが
フロントグリル、ヘッドライト、エンジンフード、LEDデイタイムランニングライトを備えたフロントバンパー、
LEDテールライト、リアバンパー、アルミホイールのデザインを変更した。

これにより、よりスポーティなイメージとなり機能性もアップしている。

また、 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載した。

Accord01 Accord02 Accord04 Accord05

スマートフォンサポートシステム
Apple CarPlayに対応
Accord06
スマートフォンサポートシステム
Google Android Auto

新しいタッチディスプレイを備えた最新世代のインフォテイメントシステムの採用した。

ソース
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-539.html

ホンダ 新型 アコード マイナーチェンジ 「Honda SENSING(ホンダ センシング)」搭載 2016年発売!!
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook コメント
Facebook 記事コメント
Facebook ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加