トヨタ 新型 プリウスα フルモデルチェンジ 2代目 新しい小型化されたハイブリッドシステムTHSⅡ採用 TNGAプラットフォームを採用で2018年初頭発売!!

トヨタは新型プリウスαのフルモデルチェンジを行い2018年後半に発売する!!

プリウスαについて

purius_α_03948
現行プリウスα

現行プリウスαは2011年5月に製造・発売を開始したステーションワゴン(5人乗りタイプ)
ミニバン(7人乗りタイプ)である。

「プリウスα」は日本国内における名称であるが
北米市場とオセアニア市場、ならびに韓国市場、香港市場では
「プリウスV(プリウス ブイ、PRIUS V)」
欧州市場では「プリウス+(プリウス プラス、PRIUS+)」という名称で販売されている。

2代目 新型プリウスαについて

発売から現在約6年が経過しており、現行同様、基盤となる
プリウスがフルモデルチェンジを2015年12月9日
行うこともあり、新型プリウスベースの2代目の新型プリウスαの開発が進んでいると思われる。

当然、新型プリウスに採用されている、

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる
新開発のプラットフォームを採用することによって、
現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能

高い空力性能を実現するなど、
新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」
現行モデルから大幅な進化を果たす。

TNGA_095848.jpg
TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォーム
TNGA_095849.jpg

バッテリーはエントリーモデルには現行と同じニッケル水素バッテリー
ハイエンドモデルにはリチウムイオンバッテリーが、それぞれ搭載されることとなる。

2代目 新型プリウスα ハイブリッドシステムについて

新しく小型化されたTHSⅡを採用することで後部座席からラゲージスペースが大幅に広くなる。

3列シートも3列目に更にゆとりがでることだろう!!

エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、
パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で
燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。

燃費面では現行プリウスと新型プリウスでは

ベースモデルでJC08モード燃費32.6km/Lから40.0km/LへUPし
JC08モード燃費で7.4km/L向上した。

プリウスαも同じシステム、同じハイブリッドシステムで行くなら同じ燃費向上が見込める。

つまり、現行はJC08モード燃費26.2km/Lであるが
JC08モード燃費33.6km/L前後の燃費が可能 ということになる。

Toyota Safety Sense P

また、先進の予防安全技術「Toyota Safety Sense P」を採用する!!

ITS専用周波数(760MHz電波)を活用し、クルマのセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号情報を、
道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信して、
ドライバーに知らせることで安全運転を支援するITS Connectを設定する!!

かなりの人気車種となることはまず間違えないだろう!!

気になる発売日だが、2018年後半となる可能性が高い!!

スペック予想

スペック 新型プリウスα
全長 4,645mm
全幅 1,775mm
全高 1,575mm
ホイールベース 2,780mm
エンジン 直4 DOHC 1.8L+モーター
最高出力 110ps/5,200rpm
システム出力 150ps
最大トルク 14.5kgm/4,000rpm
車両総重量 1660kg
JC08モード燃費 33.6km/L
価格 260万円~330万円

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

トヨタプリウスα
http://toyota.jp/priusalpha/

トヨタは新型プリウスαのフルモデルチェンジを行い2018年後半に発売する!! プリウスαについて 現行プリウスα 現行プリウスαは2011年5月に製造・発売を開始したステーションワゴン(5人乗りタイプ) ミニバン(7人乗りタイプ)である。 「プリウスα」は日本国内における名称であるが 北米市...
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ