国土交通省 ミラーレス車 カメラ代用で公道走行可能へ 2016年にもカメラとモニターの代用が可能に!!

国土交通省が、保安基準を改定し、早ければ2016年6月にも自動車の安全確認用ミラーを
カメラとモニターの組み合わせで代用することを認めたと、毎日新聞は報じている。

具体的には乗用車やバス、トラックに備わるすべてのミラーをカメラとモニターで代用することを認める。
ドライバーの死角をなくす高性能カメラを普及させ、交通事故の減少が狙いだ。

自動車の国際基準を定めている国連の「自動車基準調和世界フォーラム」(WP29)が
今月、一部のミラーに限定していた代用をすべてのミラーに拡大することを決めた。
新しい基準は来年6月に発効する見通し。

WP29は、代用を認める条件を「映像がミラーと同じ範囲や画質」とした。
ドライバーの違和感をなくすため従来のドアミラーやルームミラーとほぼ同じ位置にカメラやモニターを設置。
夜間でも肉眼と同程度に見えるようモニターの明るさやコントラストを細かく規定した。

基準を満たせば、追加機能が認められる。

国交省が期待するのは車体周囲を映すカメラ映像で死角をなくすこと。
現行の保安基準は、車体の前や横に立つ子どもを運転席から視認できなければならないが、
真後ろの視界については規定がない。だが、後進時の事故は多い。

2013年に登場したの
XL1は正に、ドアミラーを無くし、カメラとモニターを装備したモデルである。

JVCケンウッドは2015年1月8日にアメリカ・ラスベガスで開催される世界最大級のエレクトロニクス・ショー
「2015 International CES」にて、当社が開発を進めているヘッドアップディスプレイや車載用カメラ、
電子ミラーなど先進のデジタルコックピットシステムのコンセプトモデルを、英国マクラーレン・オートモーティブ社の
高級スポーツカー「McLaren 650S Spider」に搭載したショーカーを展示した。

XL1_058473 XL1_058475 5583_858473 miraresu_948371

毎日新聞

毎日新聞

国土交通省が、保安基準を改定し、早ければ2016年6月にも自動車の安全確認用ミラーをカメラとモニターの組み合わせで代用することを認めたと、毎日新聞は報じている。具体的には乗用車やバス、トラックに備わるすべてのミラーをカメラとモニターで代用することを認める。ドライバーの死角をなくす高性能カメラを普及させ、交通事故の減少が...
国土交通省 ミラーレス車 カメラ代用で公道走行可能へ 2016年にもカメラとモニターの代用が可能に!!
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook コメント
Facebook 記事コメント
Facebook ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加