日産 新型 スカイライン インフィニティ Q50 マイナーチェンジ レッドスポーツ400 最高出力400hp 3.0L V型6気筒ターボエンジン を追加 2016年発売!!

日産は新型スカイライン (インフィニティ Q50 )のマイナーチェンジを行うと発表した。
米国で2016年2月11日に開幕したシカゴオートショー2016で
新グレード、レッドスポーツ400(Infiniti Q50 Red Sport 400)を発表した。

ニューヨークモーターショー2016で正式発表された、スカイライン クーペ (Infiniti Q60 Coupe)に搭載する
3.0L V型6気筒ターボエンジン VR Familyを搭載。

Infiniti Q50 Red Sport 400
3.0L V型6気筒ターボエンジン VR Family
最大出力400hp
最大トルク350lb-ft
トランスミッション:7速オートマチックトランスミッション
駆動方式:2WD/4WD
19インチの専用アロイホイール
新開発サスペンションやステアリング、ブレーキも
ブラッシュ仕上げのエキゾーストエンド装備。

日本でのスカイラインのラインナップ

Infiniti Q50 20t
2.0L 4気筒ターボエンジン

Infiniti Q50 Hybrid
3.5L V型6気筒エンジンベース+モーターのハイブリッド

海外のみ
2.2L 4気筒ディーゼルエンジン
3.7L V型6気筒自然吸気エンジン

3.7L V型6気筒自然吸気エンジンを廃止し、
日産が独自に新開発した3.0L V型6気筒ターボエンジンをラインナップに追加する。

Infiniti Q50 3.0t

3.0L V型6気筒ターボエンジン
最高出力400hp
最大トルク475Nm

3.0L V型6気筒ターボエンジン
最高出力300hp
最大トルク400Nm
2種のモデルを用意しているそうだ。

ダイレクトアダプティブステアリング
ステアリングの動きを3つのステアリングECU(電子制御ユニット)が電気信号に置き換え、ステアリングアングルアクチュエーターを作動させてタイヤを操舵。低速域でも応答遅れのないシャープかつ滑らかで軽いハンドリングと、路面不整によるステアリング取られや進路乱れの少ない圧倒的な走行安定性をもたらします。

今までの設定「Personal」「Standard」「Snow」「Eco」「Sport」に加えて「Sport+」も設定された
新しいドライブモードセレクトシステムとなる!!

201512171636147a2 2015121716361671720151217163617b3d2015121716361885e20151217163619b96

ソース

現行モデルは13代目 V37型北米で新型インフィニティ・Q50が発表された。日本では2013年11月11日に13代目V37型スカイラインとして発表され、2014年2月26日に発売。日産は新型スカイライン (インフィニティ Q50 )のマイナーチェンジを行うと発表した。日本では日産は新型スカイラインのマイナーチェンジを2...
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ