メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス エステート ステーションワゴン フルモデルチェンジ 2016年発売!!

メルセデス・ベンツは新型のEクラスのフルモデルチェンジの開発を進めている。

更に、Eクラス のワゴンタイプ、「Eクラス エステート ステーションワゴン」
の開発も進めている!!

2015年9月に行われるフランクフルトモーターショー2015で9月17日~27日まで一般に公開予定である。

新型Eクラスは2016年1月11日に米国で開催されるデトロイトモーターショー2016で正式発表
される予定だ。

しかし、その前に漏洩した公式画像が海外サイトにアップされている。

そんな中、Eクラスステーションワゴンのスパイショットや動画が出始めてている。

現行は4台目で2009年から販売がスタートしており丸7年でのフルモデルチェンジとなりそうだ。

EクラスはサイズはCクラスとSクラスの間に位置し、よく言われるEセグメントの乗用車である。

2015年7月8日からドイツで行われた、MercedesBenz TecDay 2015で新型 Eクラス プロトタイプが展示された。

84個のLEDを組み合わせた新型ヘッドライト「マルチビームLEDヘッドライト」
LEDテールランプ

自動ブレーキ機能搭載

ナビゲーションマップのデータや車輌によって読み取られた標識の表記に合わせて速度調整する
「Speed Limit Pilot(スピードリミットパイロット)」

ドライバーによる急な走行ラインの変更の際に適切なトルク配分を行う
「Evasive Steering Assist(Evasiveステアリングアシスト)」

外部からスマートフォンを介して駐車スペースへの入出が操作出来る
「Remote Parking Pilot(「リモートパーキングパイロット」)」

車輌間通信により危険な状況の把握が可能な
「Car-to-X Communications(Car-to-X コミュニケーション)」

側突時に乗員を中央に寄せ安全を確保する
「Pre-Safe Impulse Side(プレセーフ インパルスサイド)」

インテリアはツインデジタル画面。
ここで取り上げワイドスクリーン計器クラスタは、必要に応じて利用可能でCOMANDオンラインとスポーツとの
2つのディスプレイ、12.3インチの画面では、それぞれ対角と1920×720ピクセルの解像度。
ドライバーは「クラシック」、「スポーツ」と「プログレッシブ」という3つの異なるスタイルを選択することができる。

エントリーレベルのモデルは、2つの7インチの画面で区切られたアナログダイヤル、
および8.4インチの中央ディスプレイで、より伝統的なセットアップを取得する。

20160110025357c63 20160110025416bb8 20160110025418ca7 201601100253524bd 201601100254192b4 2016011002535414a 20160110025354276 20160110025356281

新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-686.html

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス エステート ステーションワゴン フルモデルチェンジ 2016年発売!!
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook コメント
Facebook 記事コメント
Facebook ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加