トヨタ 新型 アクア フルモデルチェンジ 新しい小型化されたハイブリッドシステムTHSⅡ採用 TNGAプラットフォームを採用で2017年12月発売!!

トヨタは新型アクアのフルモデルチェンジを計画しており、
2017年12月に発売する!!

アクアは2011年12月26日に正式発表し発売が開始された日本の人気車種である!!
発売から既に4年目を迎え、丸5年目のタイミングでフルモデルチェンジを
果たす予定だ!!

現行アクアは当時の3代目プリウスのデザイン「トライアングル・シルエット」と
称されるデザインを採用。
しかし、ハイブリッドシステム(THS)はZVW30型3代目プリウスと同様の
「リダクション機構付THS-II」であるが、それと同型のシステムだとボディサイズの
小さいアクアに搭載するには全体の質量が大きすぎるため、
それよりもコンパクトなNHW20型2代目プリウスに採用されていたTHS-IIを基本として、
より小型・軽量に新規開発されたものを搭載した。

今回はもちろん、2015年12月9日に発売が開始された
新型プリウスに採用されている物をベースに開発が進んでいる!!

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる
新開発のプラットフォームを採用
することによって、
現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。

高い空力性能を実現するなど、
新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し
現行モデルから大幅な進化を果たす。

更に、ボディサイズも現行よりも若干大きくなり更に広い室内空間となり
内装周りも現行よりも豪華な仕様となりそうだ!!

ハイブリッドシステムはアクアやカローラハイブリッドに採用する
1.5Lモデルの新しく小型化されたTHSⅡであれば全体の質量的にも
問題がなく採用することが可能だ!!
エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、
パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、
動力性能は約15%以上向上。

これにより、燃費を劇的に向上させることが可能だ!!

燃費面では現行プリウスと新型プリウスでは

ベースモデルでJC08モード燃費32.6km/Lから40.8km/LへUPし
JC08モード燃費で8.2km/L向上した。

新型アクアも同じシステム、同じハイブリッドシステムで行くなら同じ燃費向上が見込める。

現行アクアはJC08モード燃費全グレード37.0km/Lであるが
新型アクアはJC08モード燃費45.2km/L前後まで向上が見込める!!

これは、新型プリウスのJC08モード燃費40.8km/Lを超える燃費となり
ガソリン燃料を使用する乗用車では「世界で最も低燃費な乗用車」ともう一度なることはまず間違えない!!

更に先進の予防安全技術「Toyota Safety Sense C」を搭載する!!

ライバルとなる車種は日産が2016年内に発売予定の新型ノートハイブリッド(EV)
マツダの新型デミオ ディーゼルハイブリッドとなるだろう!!

気になる発売日だが2017年末~2018年初頭に発売される可能性が高そうだ!!aqua_new_0039282

現行アクア

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-805.html

この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ
スポンサーリンク