トヨタ 新型 プリウス 50型 リコール 駐車ブレーキの不具合 計21万2490台 2016年10月12日発表!!

トヨタ自動車は2016年10月12日、制動装置(駐車ブレーキ)に不具合があるとして
新型プリウス計21万2490台のリコールを国土交通省に届け出た。

リコール対象車両の製作期間
2015年10月26日~2016年10月3日。

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

駐車ブレーキにおいて、パーキングケーブルの固定方法が不適切なため、車両
振動によりケーブルが作動レバーから外れ、駐車ブレーキが作動できなくなるおそれがある。

改善対策
全車両パーキングケーブルのダストブーツ先端部にクリップを追加する。

不具合件数
17件

ニュースリリースより

平成27年から平成28年に生産したプリウスの一部車両につきまして、
平成28年10月12日に下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。
ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、
トヨタ販売店からご案内させていただきますので、お早めに点検・修理をお受けいただきますようお願い申し上げます。

お客様のご愛用車が対象車両かどうか、検索システムへの登録を現在準備中です。

リコールの概要 改善箇所説明図

1.不具合の状況
駐車ブレーキにおいて、パーキングケーブルの固定方法が不適切なため、車両振動によりケーブルが作動レバーから外れ、駐車ブレーキが作動できなくなるおそれがあります。

2.改善の内容
全車両、パーキングケーブルのダストブーツ先端部にクリップを追加します。

toyota_puri_re_091

toyota-prius_98981

ニュースリリース

http://www.mlit.go.jp/common/001148713.pdf
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-1009.html

この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ