レクサス HS250h フルモデルチェンジ 新しい小型化されたハイブリッドシステムTHSⅡ採用 TNGAプラットフォームを採用 2018年発売!!

レクサスは新型HS250hのフルモデルチェンジを行い2018年に発売する!!

2009年7月14日に発売を開始。
HSは、レクサスとしてはSUVのGX」2002年登場・日本未発売)以来の新車種となり、
また同ブランドでは初となるハイブリッド専用車種となった。

日本で販売されるレクサス車としては初のFF方式の4ドアセダンとなる。

海外ではアメリカのみで販売されていたが、販売不振により
2012年1月をもってハワイ以外での販売は終了した。

2013年1月24日マイナーチェンジを行い、エクステリアにレクサスの新たな共通デザイン
「スピンドルグリル」やL字型のLEDフォグランプを採用した。

2016年8月25日一部改良を行いボディカラーの入れ替えを行い、
新たに「グラファイトブラックガラスフレーク」を追加。

既に、販売から7年が経過しておりフルモデルチェンジの計画が進められている。
そして、2018年にフルモデルチェンジが行われ丸9年でのフルモデルチェンジとなりそうだ。

この新型SAIは2代目となるが、約9年でのフルモデルチェンジとなる。

今回はもちろん、2015年12月9日に発売が開始された
新型プリウス
に採用されている物をベースに開発が進んでいる!!

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる
新開発のプラットフォームを採用することによって、
現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。

高い空力性能を実現するなど、
新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し
現行モデルから大幅な進化を果たす。

更に、ボディサイズも現行よりも若干大きくなり更に広い室内空間となり
内装周りも現行よりも豪華な仕様となりそうだ!!

エクステリア

外観は高い走行性能を予感させるイメージを進化させ、よりアグレッシブなデザインとなる。
LEXUSのデザインアイコンであるスピンドルグリルは、上下の比率を変化させ、
グリル下部がより大きく広がり、両下端のブレーキダクトへ空気を導く機能性も表現した、
低重心でスポーティな印象を与える造形となる。

ハイブリッドシステム

ハイブリッドシステムは現行と同様、新型カムリハイブリッドに採用される
直4 2,5L ハイブリッド採用する!!

エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、
パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、
動力性能は約15%以上向上。

これにより、燃費を劇的に向上させることが可能だ!!

燃費

燃費面では現行プリウスと新型プリウスでは

ベースモデルでJC08モード燃費32.6km/Lから40.8km/LへUPし
JC08モード燃費で8.2km/L向上した。

新型SAIも同じシステム、同じハイブリッドシステムで行くなら同じ燃費向上が見込める。

これにより、現行モデルはJC08モード燃費20.6km/Lから
JC08モード燃費28.8km/L前後にまで伸びると思われる!!

予防安全パッケージLexus Safety System +を新たに採用

安全性能
予防安全パッケージLexus Safety System +を新たに採用。歩行者検知機能付衝突回避支援タイプの
「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱による事故の予防に貢献する
ステアリング振動機能付レーンディパーチャーアラート(LDA)、夜間の前方視界確保を支援するため
ロー・ハイビームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム(AHB)、
そして設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら
追従走行できるレーダークルーズコントロールをパッケージ化し、多面的な安全運転支援を強化している。

気になる発売日だが2018年初頭に発売される可能性が高そうだ!!
同時期にトヨタ新型SAIもフルモデルチェンジを予定している!!

Lexus HS250h_00191
現行HS
Lexus HS250h_00192
Lexus HS250h_00193

今後新しい情報が入りたいお伝え致します。

レクサス HS
http://lexus.jp/models/hs/index.html

ソース
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-1033.html

この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ
スポンサーリンク