トヨタ 新型 ハイラックス フルモデルチェンジ 4ドア ピックアップトラック復活 日本2017年9月12日発売!!

トヨタは新型ハイラックスのフルモデルチェンジを行い2015年3月15日からタイで販売を開始した。
オーストラリアなどでも販売を開始している。
そして、日本でも2017年9月12日に発表し販売を開始する。

価格:325万円〜380万円

hr_HiLux_2016_17.png

新型 ハイラックス ボディカラー ネブラ ブルー

ハイラックスについて

トヨタ自動車が生産販売するピックアップトラック型の自動車。
車名の由来は「High」と「Luxury」を合成した造語で、乗用車なみの豪華さを持ったピックアップトラックを目指した。
ハイラックスは、世界180以上の国と地域で販売された車だ。
現在まで累計1,600万台以上を販売され、トヨタ・ランドクルーザーと同じく世界中のユーザーから高い支持を得ている。

世界中さまざまな使用環境とユーザーの声に応えるため、世界中多くの道でテスト走行を行い、灼熱のアフリカ・東南アジアから極寒の北欧でも走行でき耐久性のある。

5代目1988年-1997年 80/90/100/110系

6代目1997-2005年 140/150/160/170系
1997年9月から販売を開始、2004年秋に日本国内での販売を終了した。

7代目ハイラックス2004年-2015年 日本未発売
8代目ハイラックス2015年- 日本未発売

日本では2004年以降も6代目モデルが実は継続販売され、翌2005年に生産・販売。
今回の新型ハイラックスの復活により12年ぶりの日本再販となる。

8代目 新型ハイラックスについて

現行モデル
2015年3月15日、タイ王国バンコクおよびオーストラリアで発表し、同日タイ国内で発売を開始した。
オーストラリアでは10月から発売開始。

全長:5,335mm
全幅:1,855mm
全高:1,820mm
ホイールベース:3,085mm

先代7代目モデルよりも70mm長く、20mmワイドそれによって、
ダブルキャブ仕様、シングルキャブやエクストラキャブのボディスタイルも用意。
計31種ものバリエーションモデルが設定。

hr_HiLux_2016_23.png

シャシーは、スポット溶接で組み立てられた高張力鋼板を多用した
FIRM(Frame with Integrated Rigidity Mechanism)構造を採用。

hr_HiLux_2016_15.png

ダイナミックコントロールサスペンションシステムDCSと
Body Control with Torque Demand
滑らかで快適な乗り心地に貢献するばね上制振制御
車両の揺れをセンシングし、路面の凹凸に応じて駆動用モーターのトルクをきめ細かく制御して
車体の揺れを抑制することで、さまざまな路面状況に対し滑らかで快適な乗り心地に貢献。
牽引能力は3.5t、最大積載荷重1,240kg。

hr_HiLux_2016_21.jpg

新開発 直4 2.7L ディーゼルエンジン 2TR-FE型
最高出力177hp
最大トルク450Nm
トランスミッション:6速AT/6速MT

新開発 2.4L 直4 ディーゼルエンジン 2GD-FTV型
最高出力150hp
最大トルク400Nm
トランスミッション:6速AT/6速MT

直4 2.7L ガソリンエンジン
最高出力166hp
最大トルク245Nm

4.0L V型6気筒 ガソリンエンジン

新型ハイラックス 日本仕様について

新型ハイラックスは4ドアのダブルキャブを採用。(トラックなどは2ドア シングルキャブが多い。 )
乗車定員5名を確保しながらも多くの荷物を輸送可能だ。

スペック 新型 ハイラックス (日本モデル)
全長 5,330mm
全幅 1,855mm
全高 1,820mm
ホイールベース 3,085mm
エンジン 2.4L 直4 ディーゼルエンジン 2GD-FTV型
最高出力 150hp
最大トルク 400Nm
トランスミッション 6速AT/6速MT
乗車定員 5名

プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)

衝突判断ECU(コンピューター)により、衝突の可能性があると判断された場合に動作。

先行車・路上障害物・対向車などとの衝突の可能性があると判断した場合、ブザー等によりドライバーに警報。
ブレーキ操作があった場合には、プリクラッシュブレーキアシストを機能させて制動力を高める。
また、ショックアブソーバーの減衰力を最適に制御します。衝突が避けられないと判断した場合には、ブレーキ操作がない場合でもプリクラッシュブレーキを作動させて衝突速度を低減させるとともに、プリクラッシュシートベルトの早期巻き取りによりプリテンショナーの効果を高め、衝突被害軽減に寄与。

残念ながら日本モデルの新型ハイラックスも先進の安全技術「Toyota Safety Sense P」「Toyota Safety Sense C」を搭載することはない。

レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

高速道路などで、ミリ波レーダーなどからの情報により先行車を認識。設定車速内で車間距離を保ちながら追従走行します。希望の車速で定速走行ができるクルーズコントロールへの切り替えも可能。

新型ハイラックス グレードについて

Xグレード 価格:325万円
サイド&カーテンエアバッグ
スチールホイール
ホイールキャップ
カラードバンパー
ヒルスタート
バックモニター
運転席エアバッグ

Zグレード 価格:380万円
Xグレードに追加
LEDヘッドライト
LEDフォグライト
18インチアルミホイール タイヤ265/65R18
プリクラッシュセーフティシステム
ディファレンシャルロック
メッキバンパー
フォグランプ
キーレスエントリー
インフォメーションディスプレイ
クルーズコントロール
本革ステアリング
本革シフトレバー
コンライト

新型ハイラックス ボディカラーについて

スーパー ホワイト
シルバー メタリック
ネブラ ブルー
ダークグレイ マイカ メタリック
クリムゾン スパー クレッド メタリック
アティチュード ブラック マイカ

新型 ハイラックス 用 TRD カスタムパーツ

トヨタテクノクラフトのTRDは新型ハイラックスの発売に伴い、各、エアロをはじめとするカスタムアイテムを発売する。

toyota-hilux-trd-01.jpg

トヨタ新型ハイラックスの外装(エクステリア)デザイン

hr_HiLux_2016_03.jpg

hr_HiLux_2016_20.jpg

hr_HiLux_2016_09.jpg

hr_HiLux_2016_11.jpg

hr_HiLux_2016_10.jpg

hr_HiLux_2016_07.jpg

hr_HiLux_2016_06.jpg

hr_HiLux_2016_04.jpg

hr_HiLux_2016_05.jpg

トヨタ新型ハイラックスの内装(インテリア)デザイン

hr_HiLux_2016_13.jpg

hr_HiLux_2016_12.jpg

hr_HiLux_2016_18.jpg

hr_HiLux_2016_19.jpg

hr_HiLux_2016_16.png

新型ハイラックス 動画

最後に一言

トヨタ自動車には素晴らしい、海外でのみでしか販売していないラインナップが数多く存在します。
新型フォーチュナー新型シエナオーリスワゴン新型ハイランダー 、新型RAV4 など)

その中で新型ハイラックスが発売に至ったのは、日本国内でのピックアップ需要の高まりが大きな要因でもる。
日本は自然災害の多い国でもあり、地震や水害時には多くの物資を輸送する場合に役立つことは間違いない。
更に、仕事場での輸送物の運搬なども可能だ。個人使用としてもサーフィン、スノーボード、アウトドアを楽しみたい人まで幅広い活用法がある。

今後新しい情報が入り次第お伝えしたいと思います。
ソース

トヨタは新型ハイラックスのフルモデルチェンジを行い2015年3月15日からタイで販売を開始した。 オーストラリアなどでも販売を開始している。 そして、日本でも2017年9月12日に発表し販売を開始する。 価格:325万円〜380万円 ハイラックスについて トヨタ自動車が生産販売するピックアップトラック...
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ
スポンサーリンク