スズキ 新型 バレーノ RS 追加 新開発1.4L直噴ターボガソリンエンジン BOOSTERJET 搭載 2017年3月発売!!

スズキは新型バレーノを2016年3月9日から発売した。そして今回、新型バレーノを一部仕様変更し、
最上級グレードとなる新型バレーノRSを2017年7月に追加する。世界各国で販売を予定している。

バレーノについて

第85回ジュネーブモーターショーに出品したコンパクトカーのコンセプトモデル「iK-2」を
ベースに市販車化したものである。
2015年9月15日からドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2015で
新型コンパクトカー「BALENO(バレーノ)」を世界初公開した!!

日本でも海外でも人気のスイフトよりもひと回り大きい。
スイフトよりもう少し広いモデルをという要望に応えている。

バレーノ
全長:3,995mm
全幅:1,745mm
全高:1,470mm(SHVS車1460mm)
ホイールベース:2520mm

新開発プラットフォームの採用により、2,520mmのロングホイールベースと
前後乗員間距離805mmを確保。ゆとりある居住空間を実現。
ゆったりとした居住空間を確保した上で、大容量320Lの荷室スペースを実現し、
使いやすさも追求。
リヤシートを倒さずに9.5インチのゴルフバッグを横置きで積載可能。
6:4分割可倒式のリヤシートと、上段、下段に装着できるラゲッジボードよって、
多彩なアレンジを可能とした。

2016年3月9日 日本で公式発表し、1.2Lデュアルジェットエンジンモデルの「XG」販売開始。
2016年5月13日1.0 Lブースタージェットエンジン仕様の「XT」を販売開始。
2016年11月17日 新グレード「XS」を追加、1.2Lデュアルジェットエンジン車「XG」の上級仕様の販売開始。

新型バレーノ RS 公式発表について

最上位グレードとなる新型バレーノ RSは、2016年2月インド最大の自動車展示会Auto Expo 2016にてコンセプトモデル「Suzuki Baleno RS Concept」を初披露した。

Suzuki Baleno_rs_01
Suzuki Baleno RS Concept
Suzuki Baleno_rs_02

Suzuki Baleno_rs_03

Suzuki Baleno_rs_05

新型バレーノ RS 仕様について

外観をスポーツ仕様に変更、エンジンも排気量を上げた、上海モーターショーの会場で公開された
「BOOSTERJET」は1.4L 直噴ターボエンジンを搭載したモデルを投入する。

新開発1.4L直噴ターボガソリンエンジン「 BOOSTERJETブースタージェット 」

BOOSTERJET_01.jpg
上海モーターショーの会場で公開された「BOOSTERJET」は1.4L 直噴ターボエンジン

直噴化による燃費性能向上と過給機による、
出力及びトルク向上を実現した新開発1.4Lの直噴ターボガソリンエンジン
「BOOSTERJET」を上海モーターショーにおいて世界初公開した。
「BOOSTERJET」は、燃費性能と動力性能に加え、ボディサイズや重量に対する
高い要求を満たすためエンジン各部のレイアウトの最適化を行い、軽量化技術を駆使した、
新開発のコンパクトで軽量な直噴ターボエンジンである。
スズキはこの「BOOSTERJET」の搭載モデルを中国市場より発売開始し、
その後世界へも展開していく。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

スズキニュースリリース
http://www.suzuki.co.jp/release/d/2015/0420/index.html

スズキは新型バレーノを2016年3月9日から発売した。そして今回、新型バレーノを一部仕様変更し、最上級グレードとなる新型バレーノRSを2017年7月に追加する。世界各国で販売を予定している。バレーノについて第85回ジュネーブモーターショーに出品したコンパクトカーのコンセプトモデル「iK-2」をベースに市販車化したもので...
スズキ 新型 バレーノ RS 追加 新開発1.4L直噴ターボガソリンエンジン BOOSTERJET 搭載 2017年3月発売!!
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook ページ