ホンダ 新型 クラリティ PHEV プラグインハイブリッド 日本2018年7月19日発表 2018年7月20発売

ホンダ

ホンダは新型クラリティ PHEV 日本では2018年7月19日に発表し2018年7月20日から販売を開始する。新型「クラリティ PHEV プラグインハイブリッド」を2017年内に米国でも販売を開始する。

価格:588万600円

第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて量産モデルを正式発表した。

2017年4月14日から開催されるニューヨークモーターショー2017にて「クラリティ エレクトリック」「クラリティ プラグインハイブリッド」を公開した。クラリティ プラグイン ハイブリッド 2017年中に米国で販売を開始。クラリティ エレクトリック 2017年中にカリフォルニア州・オレゴン州でリース販売を開始する予定。

「クラリティ エレクトリック」は電気自動車(EV)「クラリティ プラグインハイブリッド」はプラグインハイブリッド車((PHEV)既に販売が開始されている、「クラリティ フューエル セル」が燃料電池車で3タイプのラインナップとなる。

新型クラリティ エクステリア


クラリティ エレクトリック

クラリティ フューエル セルについて

FCV新型車を第44回東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日)で新型「クラリティ フューエル セル」(CLARITY FUEL CELL)を世界初公開した。

クラリティ フューエル セル
全長:4.915mm
全幅:1,875mm
全高:1.480mm
ホイールベース:2.750mm
車両重量:1,890kg

市販車として世界で初めて小型化した高圧水素貯蔵タンクによりボンネット内に
燃料電池パワートレインを集約することで、大人5人が快適に座れるセダンスタイルを採用した。

従来よりも33%も小型化した出力密度3.1kW/Lの水素燃料電池スタック
燃料電池最高出力は100kW以上を発生する。
70MPaの高圧水素貯蔵タンク3分程度でフル充填可能な70MPaの高圧水素貯蔵タンク

リチウムイオンバッテリーのパワーアシストを加えて電気モーターの出力は130kWを達成した。

70MPaの高圧水素貯蔵タンクでJC08モード700kmの距離の走行可能と発表された。

ドライブモード選択で「ノーマル」と「スポーツ」を選択可能。
外部給電用インバータとの接続で、家庭や公共施設へ電力を供給可能。
一般家庭のおよそ7日分の電力をまかなえる。

クラリティ エレクトリックとプラグインハイブリッドについて

燃料電池車「クラリティ フューエルセル」と共通のプラットフォームを採用。

世界で初めて同一プラットフォームにPHEV、EV、そして燃料電池自動車(FCV)という3種類の
電動パワートレインの選択肢を取り揃え、5人乗りの広く上質な室内空間を誇る
ミドルサイズクラスセダンにさらなる価値を提供する。

全長:4.915mm
全幅:1,875mm
全高:1.480mm
ホイールベース:2.750mm

クラリティ プラグインハイブリッド 
直列4気筒1.5Lエンジン + 電気モーター
最高出力:77kW(105PS)/5,500rpm
最大トルク134Nm(13.7kgf・m)/5,000rpm
モーター最高出力:135kW(184PS)/5,000-6,000rpm
モーター最大トルク315N・m(32.1kgf・m)/0-2000rpm
システム合計最高出力:215ps
バッテリー:リチュウムイオン電池 17kWh
充電時間:2.5時間
JC08モードEV走行可能距離114.6km /WLTCモード:101.0km
JC08モード燃費:28.0km/L /WLTCモード燃費:24.2km/L
EV最高速:160km/h

クラリティ エレクトリック
電気モーター
出力:163ps/30.1kgm
バッテリ:リチュウムイオン電池 25.5kWh

クラリティ プラグイン ハイブリッドは、17kWhのバッテリーを搭載し、これまでのミドルサイズクラスのプラグイン ハイブリッドで最長となる40マイル(約64km)以上のEV走行を可能にしています。バッテリーの満充電に掛かる時間は240ボルトで2.5時間。高効率の1.5リッターアトキンソンサイクルエンジンとの組み合わせにより、ガソリンと電気の総走行可能距離は330マイル(約531km)以上となっています。「ノーマル・ECON・スポーツ」の3種類の走行モードにより、燃費重視からレスポンス重視まで、お客様の好みに合ったモード選択が可能。さらに、バッテリーの充電を優先するHVモードを搭載、3種類全ての走行モードと組み合せることができます。クラリティ プラグイン ハイブリッドは2017年中に米国で販売を開始します。

クラリティ エレクトリックは、日々の通勤などで、EVならではのクリーンさと、セダンならではの上質で快適な広い室内空間の両方を求めるお客様向けに、お求めやすい価格で新しい価値を提供するモデルとして開発しました。25.5kWhのバッテリーを搭載し、走行可能距離は80マイル(約128km)以上。満充電に掛かる時間は240ボルトで3時間強で、急速充電器使用時は30分で80%の充電が可能です。またクラリティ プラグイン ハイブリッド同様3種類の走行モードを搭載しています。クラリティ エレクトリックは2017年中にカリフォルニア州・オレゴン州でリース販売を開始する予定です。

 

新型 クラリティ PHEV 他社比較

クラリティ PHEVのライバルは先行して発売している新型プリウスPHVである。両社も共通して充電してEV走行はもちろん、ハイブリッド車としても走行が可能だ。クラリティPHEVはリチュウムイオン電池 17kWhとプリウスPHVの8.8kWh の約2倍のバッテリーを積んでおりEV走行において利点がある。更に乗車定員は5名である。

新型プリウスPHV

 

スペック 新型プリウスPHV 新型クラリティPHEV
全長 4,645mm 4.915mm
全幅 1,760mm 1,875mm
全高 1,470mm 1.480mm
ホイールベース 2,700mm 2.750mm
エンジン 直列4気筒 DOHC 1.8L + モーター×2 直列4気筒1.5Lエンジン + 電気モーター
最高出力 98ps/5,200rpm 105ps/5,500rpm
最大トルク 14.5kgm/3,600rpm 13.7kgm/5,000rpm
モーター最高出力 前72ps 後31ps 184ps
モーター最大トルク 前16.6kgm 後4.1kgm 32.1kgm
ミッション CVT CVT
バッテリー リチウムイオン電池 8.8kWh リチュウムイオン電池 17kWh
乗車定員 4名 5名
EV走行距離 68.2km 114.6km
価格 326万~422万円 588万600円

http://car-report.jp/blog-entry-1209.html 

ソース
http://www.automobilemag.com/news/honda-clarity-electric-plug-will-debut-new-york-auto-show/
http://www.carscoops.com/2017/07/standalone-honda-hybrid-to-debut-at.html
ホンダニュースリリース
http://www.honda.co.jp/news/2017/4170309.html
http://www.honda.co.jp/news/2017/4170413.html
http://www.honda.co.jp/news/2017/c170929.html
http://www.honda.co.jp/news/2018/4180719-clarity-phev.html
ホンダ 東京モーターショー2017
http://www.honda.co.jp/motorshow/2017/
ホンダ クラリティPHV
http://www.honda.co.jp/CLARITYPHEV/

ホンダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報