スズキ 新型 ジムニー フルモデルチェンジ 4代目 20年ぶり デュアルセンサーブレーキサポートを搭載 2018年7月5日発売

スズキ

スズキは新型ジムニーのフルモデルチェンジ 4代目を2018年7月5日に発売した。

価格:145万8,000円〜184万1,400万円

年間国内販売目標台数:15,000台

2018年7月5日現在すでに納期は3ヶ月待ち、発売後にはなんと18ヶ月(1年半)と生産台数が追いつかない状態だ。

2018年6月18日に新型ジムニーの特別サイトをオープンさせ7月に発売すると発表した。

2017年8月頃から海外では車両のテスト走行が開始されており、スパイショットも撮影されている。

2018年現在までマイナーチェンジを経てフルモデルチェンジが行われていない。
そして、2018年に20年ぶり待望のフルモデルチェンジを果たすこととなる。

既にスズキの工場では新型ジムニーの量産化が進められている。
各販売代理店に現行ジムニー・ジムニーシエラの生産を2018年2月中旬に終了した。
2018年2月以降の届け出で装着が義務化される横滑り防止装置 (ESC) への対応が主な理由である。

2018年6月に各ディーラーに新型モデルの資料配布や勉強会などが実施された。
新型ジムニー シエラも同日発売される。

4代目 新型ジムニー エクステリア

4代目 新型ジムニー インテリア

 

4代目 新型ジムニーについて

エクステリア キープコンセプトよりも原点回帰し角ばったボディデザインになり、新型ハスラーと同様の丸目のヘッドライトを採用。 ボディカラーには白または黒のツートンカラーをラインナップ。
オフロードタイプのモデルとなり、現行同様に強度と耐久性を重視したはしご型フレーム(ラダーフレーム)、前後リジッド式サスペンション、ローレンジ付きパートタイム4WDを採用したモデル。
走行中に2WDから4WD(4H、4WD高速)の切りかえがスイッチ式で快適に行なえるドライブアクション4×4を搭載する。

今や新型ハスラーともデザインは似ているがジムニーは初代モデルから一貫してラダーフレームを採用し続けており、現在ラダーフレームを採用している現行モデルの軽自動車は、世界全体で見てもジムニー位しか存在してい。(軽トラックを除く)

骨格はラダーフレームを採用、エンジン縦置のFRレイアウトを採用。

 

 

新型ハスラー

新型Gクラス

また、海外や日本国内でも多く耳にするのが、メルセデス・ベンツのGクラスの小型版だとも言われている。

 

新開発ラダーフレーム
本格4WDを象徴するラダーフレーム構造を採用。新開発ラダーフレームにXメンバーを採用、前後にクロスメンバーを採用することでねじり剛性を現行比で約1.5倍に高めることに成功。ボディーマウントゴムを大型化しフレームから車体に伝わる振動を軽減した。

パートタイム4WD
副変速機(ローレンジ)付きパートタイム4WDを初代から新型に到るまで採用。
路面状況に合わせて2WD、4WDの切り替えを任意で行える。

3リンクリジェクドアクスル式サスペンション
左右の車輪をダイレクトにつなぐ「3リンクリジェクドアクスル式サスペンション」は凸凹路面に優れた操作性と大きな対地クリアランスを確保。最低地上高を205mmと十分に確保し「アプローチアングル」「ランプブレークオーバーアングル」「デバーチャーアングル」に対しバンパーやアンダーボディが障害物に接触しにくくしている。

サイドアンダーミラー付きドアミラー
ヒーテッドドアミラー

インテリア
インパネ周りは現代風に一新、カーナビを中心とした作りとなりフルオートエアコンや立方体メータークラスター、大型マルチインフォメーションディスプレイをはじめ多数の変更が行われる。
シートアレンジも可能で現行ではできなかったフルフラットにすることも可能だ。車内長は最大1795mm。

安全装備
デュアルセンサーブレーキサポートを搭載し、単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして自動ブレーキ機能などをはじめとする様々な機能で危険を回避する。ボディには軽量衝撃吸収ボディーTECT[テクト]を採用。
プリテンショナー機構とフォースリミッター機構(シートベルト)やSRSエアバッグ、4輪ABS(アンチロックブレークシステム)、ラッチスタートシステム(MT車限定)などを採用する。

燃費について
現在はガソリンモデルのみでJC08モード燃費:13.6〜14.8km/Lと現代の軽自動車としては燃費が悪いが新型はワゴンRなどに採用するR06A型エンジンを採用するも多少の燃費向上となりWLTCモード燃費:13.2 km/L (AT)16.2km/L (MT)である。
今後期待されるのが新型ジムニーでS-エネチャージを採用されればJC08モード燃費:23km/Lまで高めることに成功し走りと燃費を両立させるだろう。

4代目 新型ジムニーのボディサイズについて

全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,715mm
ホイールベース:2,250mm

最低地上高:205mm
フロントトレッド:1,205mm
リアトレッド:1,405mm
最小回転半径:4.8mm
タイヤ:175/80R/16

荷室幅:1,300mm
荷室高:850mm
荷室床面長:980mm(2名乗車)
荷室床面長:240mm(4名乗車)
荷室開口幅:1,015nn
荷室開口高:850mm

4代目 新型ジムニーのエンジンについて

新型ワゴンRに搭載されているR06A型 660CC エンジンを搭載する。しかし、ジムニー専用チューニングを行っており最高出力を52psから64psへアップさせている。
更に、マイルドハイブリッドモデルも登場するだろう。

R06A型 658cc 直3 DOHC インタークーラーターボ
最高出力:47kW(64ps)/6,000rpm
最大トルク:96Nm(9.8kgm)/3,500rpm
トランスミッション:4AT/ 5MT
駆動方式:4WD(パートタイム4WD搭載)
乗員:4人
車両重量:1,040kg(4AT)1,030kg(5MT)
WLTCモード燃費:13.2 km/L (4AT)16.2km/L (5MT)

4代目 新型ジムニーの今後搭載される可能性のあるエンジンについて

今後搭載される可能性があるのはS-エネチャージのR06A型 658cc 直3 DOHC 吸気VVT +モーターのマイルドハイブリッドである。

今後期待されるのが新型ジムニーでS-エネチャージを採用されればJC08モード燃費:23km/Lまで高めることに成功し走りと燃費を両立させるだろう。

S-エネチャージ(マイルドハイブリッド)
R06A型 658cc 直3 DOHC 吸気VVT +モーター
最高出力:52ps(38kW)/6,500rpm
最大トルク60Nm(6.4kgm)/4,000rpm
モーター最高出力:3.1ps(2.3kw)/1,000rpm
モーター最大トルク:50Nm(5.1kgm)/100rpm
トランスミッション:4AT
駆動方式:4WD4WD(パートタイム4WD搭載)
JC08モード燃費:23km/L

デュアルセンサーブレーキサポートを搭載

新型スイフト新型ワゴンRに採用された単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして歩行者に加え、自動ブレーキによって衝突を回避、軽減する。
新型ジムニーはサポカーS<ワイド>に該当する。

1.前方衝突警報機能
約5km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知
衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。
2.前方衝突警報ブレーキ機能
衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。
3.前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、
ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。
4.自動ブレーキ機能
衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。

誤発進抑制機能
ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献
前方約4m以内の障害物をステレオカメラで検知。
停車、または約10km/h以下の徐行中、障害物があるにもかかわらずアクセルを大きく踏み込んだ場合に、
エンジン出力を自動で抑えて急発進、急加速を抑制する機能。
車線逸脱警報機能
車線を外れそうになるとブザー音とメーター内の表示灯で警報
約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線の左右区画線を認識。車線を逸脱すると判断した場合、
ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。
ふらつき警報機能
車両が蛇行するとブザー音とメーター内の表示灯で警報
約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線内での車両の蛇行パターンから、
ふらつきと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。
先行車発進お知らせ機能
先行車の発進をブザー音とメーター内の表示でお知らせ
停車時、先行車が発進して約4m以上離れても、自車が停止し続けた場合、
ブザー音とメーター内の表示で運転者に先行車が発進したことをお知らせする機能。

4代目 新型ジムニーのボディカラーについて

モノトーンの単色全9色
キネティックイエロー
シフォンアイボリーメタリック
ブリスクブルーメタリック
ミディアムグレー
ブルーイッシュブラックパール3
ジャングルグリーン
シルキーシルバーメタリック
ピュアホワイトパール
スペリアホワイト

2トンルーフ全3色 XCに設定
キネティックイエロー×ブラック 2トンルーフ
シフォンアイボリーメタリック×ブラック 2トンルーフ
ブリスクブルーメタリック×ブラック

ブラックトップツートン全1色 XCに設定

キネティックイエロー×ブラックトップ2トーン

4代目 新型ジムニーのグレード・価格について


G
MT 価格:1,458,000円
AT 価格:1,555,200円

XL
MT 価格:1,582,200円
AT 価格:1,679,400円

XC
MT 価格:1,744,200円
AT 価格:1,841,400円

 

4代目 新型ジムニーのグレード主要装備について

XG
SRSエアバック
SRSカーテンエアバッグ
フロントシートSRSサイドエアバッグ
マルチリルレクターハロゲンランプ
エアコン
フロントスピーカー
15インチスチールホイール
など

XL
XGに追加で
フロントマルチリフレクターハロゲンランプ
フルオートエアコン
キーレスプッシュスタートシステム
電動格納式リモコンドアミラー
スモークガラス
など

XC
XLに追加で
デュアルセンサーブレーキサポート
LEDヘッドランプ
ヘッドランプウォッシャー
クルーズコントロールシステム
LEDサイドダーンランプ付きドアミラー
15インチアルミホイール
など

 

日刊工業新聞より

スズキは軽4輪駆動車「ジムニー」を約20年ぶりに全面改良する。2018年の発売を目指し、4代目となる新型の開発をスタートした。国内外でスポーツ多目的車(SUV)人気が高まる中、フレーム構造を採用して歴代ジムニーの本格クロスカントリー路線を継承。乗り心地を重視する他車種との差異化を追求する。

ジムニーの初代モデルは1970年に発売。現行モデルは98年に全面改良した。以降、細かい改良を重ねてはいるが、モデルの短命化が進む自動車業界では珍しいロングライフ車となっている。

新型は歴代ジムニーと同じく、はしご状フレームに車体を載せるラダーフレーム構造を採用。強度と耐久性を重視する。「高い悪路走破性など”原点回帰“しながら新装備を取り入れる」(スズキ関係者)方針だ。

アウトドアレジャーの広がりを背景に人気のSUVだが、最近は乗り心地重視のモノコック構造が主流。その中でジムニーは数少ないフレーム構造の小型本格クロカンとして世界に根強いファンを持つ。ジムニーには登録車タイプもあり今回、同時期にモデルチェンジを計画する。

新型ジムニーと現行ジムニー スペック比較

スペック 新型ジムニー 現行ジムニー
全長 3,395mm 3,395mm
全幅 1,475mm 1,475mm
全高 1,715mm 1,680mm
ホイールベース 2,250mm 2,250mm
最低地上高 205mm 200mm
最小回転半径 4.8mm 4.9mm
エンジン R06A型 658cc
直3 DOHC インタークーラーターボ
K6A型 658cc
直3 DOHC インタークーラーターボ
最高出力 47kW(64ps)/
6,000rpm
47kW(64ps)/
6,500rpm
最大トルク 96Nm(9.8kgm)/
3,500rpm
103Nm(10.5kgm)/
3,500rpm
駆動方式 4WD(パートタイム4WD搭載)
トランスミッション 4AT/5MT
車両重量 1,040kg(4AT)
1,030kg(5MT)
990kg〜1,000kg(4AT)
980〜990kg(5MT)
WLTCモード燃費 13.2 km/L (4AT)
16.2km/L (5MT)
JC08モード燃費
13.6km/L (4AT)
14.8km/L(5MT)
価格 1,458,000円~1,841,400円 1,296,000円〜1,625,400円

 

新型ジムニー シエラ(ワイド)について

普通車モデルのジムニーシエラも同様にフルモデルチェンジを果たす。

全長:3,550mm (-50mm)
全幅:1,645mm (+45mm)
全高:1,730mm (+25mm)
ホイールベース:2,250mm (0mm)
最低地上高:210mm
フロントトレッド:1,3955mm
リアトレッド:1,405mm
最小回転半径:4.9mm
タイヤ:175/80R/16
( )現行比

今回は新開発の直列4気筒1.5Lデュアルジェットエンジンを搭載。

K158型 直列4気筒1.5L DOHC VVT デュアルジェットエンジン
最高出力:75kW(102ps)/6,000rpm
最大トルク:130Nm(13.3kgm)/4,000rpm
トランスミッション:4AT/ 5MT
駆動方式:4WD(パートタイム4WD搭載)
車両重量:1,090kg(4AT) 1,070kg(5MT)
WLTCモード燃費:13.2 km/L (4AT)16.2km/L (5MT)

新型ジムニーと新型ジムニー シエラ スペック比較

 

スペック 新型ジムニー 新型ジムニー シエラ
全長 3,395mm 3,550mm
全幅 1,475mm 1,645mm
全高 1,715mm 1,730mm
ホイールベース 2,250mm 2,250mm
最低地上高 205mm 210mm
最小回転半径 4.8mm 4.9mm
エンジン R06A型 658cc
直3 DOHC インタークーラーターボ
直列4気筒1.5L
デュアルジェットエンジン
最高出力 64ps(47kW)/
6,000rpm
75kW(102ps)/
6,000rpm
最大トルク 96Nm(9.8kgm)/
3,500rpm
130Nm(13.3kgm)/
4,000rpm
駆動方式 4WD(パートタイム4WD搭載)
トランスミッション 4AT/5MT
車両重量 1,040kg(4AT)
1,030kg(5MT)
1,090kg(4AT)
1,070kg(5MT)
WLTCモード燃費 13.2 km/L (4AT)
16.2km/L (5MT)
13.6km/L (4AT)
15.0km/L(5MT)
価格 1,458,000円~1,841,400円 1,760,400円〜2,019,600円

ジムニーについて

1970年(昭和45年)から市販している軽自動車のオフロード四輪駆動車である。
ジープ以来の伝統的な四輪駆動車の構成を固持する、小型で軽量のパートタイム4WD車である。
ジムニーという車名は四駆車の先駆けである「ジープ」と、小さいことを示す「ミニ」
ちっぽけ・とても小さいという意味の「ティニー」を組み合わせて名付けられた。

今なお強度と耐久性を重視したはしご型フレーム(ラダーフレーム)を使い続け、
サスペンションも前後とも固定軸を用いている。これは現代の自動車において乗用車のみならず
オフロード車であっても車台のモノコック化、サスペンションの独立懸架化が進んでいる
今日にあって独自かつ稀有な存在である。
そのため、本格オフロード車として日本のみに留まらず、世界中でも高い評価が得られている。

40年以上の歴史で細かい改良は多いものの、モデルチェンジはわずか2回とモデルライフが長いことが特徴である。

現行モデルは3代目で1998年10月13日から発売を開始。
軽自動車規格の改正に伴いフルモデルチェンジされた。


現行ジムニーシエラ

ジムニーの人気について

ジムニーは1970年4月に発売されて以降、2018年3月末までに世界累計で285万台を販売。

趣味でジムニーに乗る人の割合も多く、日本国内に多くの愛好家がいる。
理由はオフロードレースやダートレースなどが行える。

また、ジムニーは災害時に最強の車としても有名であり様々な動画が上がっており
様々な場面で活用が可能な上記の通り強度と耐久性を重視したはしご型フレーム(ラダーフレーム)を使い続け、
サスペンションも前後とも固定軸(リジッド式)ローレンジ付きパートタイム4WDを用いていることが最大の要因である。

最後に一言

新型ジムニーは20年ぶりとあって話題となっているが、ジムニスト(ジムニー愛好家)にとっては首を長くして待っていたモデルとなるだろう。見た目は現行に比べ、高級感と重厚感を持たせエクステリアは現代風の美しい曲線美ではなく角ばったデザインを採用し70年〜80年代のジムニーに原点回帰したと言ってもいいだろう。インテリアは逆に現代風デザインを多く取り入れインパネやカーナビを中心とした作りとしている。更に、現在発売される車には無くてはならない安全装備「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載したことで全ての条件を満たしている。
「ジムニー好きだけどインテリア古臭いし、安全装備も乏しいし、それなら違う車に乗るかなー」と言った人たちからも新型になることで販売力は格段に上がったことだろう。
更に、普通車モデルの新型ジムニーシエラは、現行に比べ全幅(+45mm)、全高(+25mm)大きくすることで室内空間や重厚感をアップ、新型エンジンを搭載し最高出力を現行に比べ(+14ps)とさせており日本市場のみならず、海外市場を視野にいれたモデルとしている。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://www.carscoops.com/2017/08/suzuki-jimny-replacement-spotted-on.html
https://www.motor1.com/news/177749/2018-suzuki-jimny-leaked/

日刊工業新聞

スズキ「ジムニー」、20年ぶり全面改良へ‐本格クロカン路線を継承
スズキは軽4輪駆動車「ジムニー」を約20年ぶりに全面改良する。2018年の発売を目指し、4代目となる新型の開発をスタートした。国内外でスポーツ多目的車(SUV)人気が高まる中、フレ...
スズキ、軽四輪駆動車 新型「ジムニー」、小型四輪駆動車 新型「ジムニーシエラ」を発売|スズキ
スズキ株式会社のニュースリリースをご覧いただけます

スズキ ジムニー

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ソース

スズキ 新型 ジムニー フルモデルチェンジ 4代目 20年ぶり デュアルセンサーブレーキサポートを搭載 2018年7月5日発売
スズキは新型ジムニーのフルモデルチェンジ 4代目を2018年7月5日に発売した。 価格:145万8,000円〜184万1,400万円 年間国内販売目標台数:15,000台 2018年7月5日現在すでに納期は3ヶ月待ち、発売後にはなんと18ヶ月(1年半)と生産台数が追いつかない状態だ。 新型ジムニ...
スズキ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報