2017年 マツダ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

2017年は構造改革ステージ2に入っている期間でありマイナーチェンジやフルモデルチェンジで燃費や性能改善を測る。

マツダは既に2015年3月期の決算説明会資料に
SKYACTIVを進化させた次期SKYACTIVといえる「SKYACTIV GEN2」を、
次期中期計画「構造改革ステージ2」の期間中である2016~2018年度に発売する車両に搭載する方針を示した。

SKYACTIV GEN2では、「究極の燃焼技術と電動化技術を組み合わせ、劇的に燃費を性能を改善」し、2008年比で約50%の向上を目指す。
SKYACTIV GEN1との比較であれば、約15%の燃費向上を果たすことになる。

中でも今のマツダの販売台数、好調のきっかけとなったCX-5のフルモデルチェンジや
CX-3のマイナーチェンジ、新型SUVのCX-6の投入され販売力強化を行っていくだろう。

更に2017年は、マツダのロータリーエンジン50周年となる節目の年で次世代ロータリーエンジンを搭載した新型 RX-7の発売が期待されている!!

マツダ 新型 CX-5 フルモデルチェンジ 2017年2月2日発売

2017年で丸5年目を迎えフルモデルチェンジを果たすこととなる!!

エクステリアは「魂動デザイン」のもと艶やかさと精悍さを融合させた外観
ボディカラーには魂動デザインの造形美を質感高く際立たせる新開発の
「ソウルレッドクリスタルメタリック」を初採用した。
19インチアルミホイールが標準搭載。

そして今回のフルモデルチェンジでの最大の目玉は、
2016年7月14日発売した新型アクセラに初搭載されるG-ベクタリング コントロール搭載である!!

CX-5_2017_0854.jpg

新型CX-5
全長:4,545mm(+5mm)
全幅:1,840mm(0mm)
全高:1,690mm(-15mm)
ホイールベース:2,700mm(0mm)
( )は現行CX-5比較

SKYACTIV-G 2.5
直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン
最高出力:140kW(190PS)/6000rpm
最大トルク:251Nm(25.6kgm)/3250rpm
トランスミッション:6速AT
JC08モード燃費:2WD車14.8km / 4WD車14.6km/L

SKYACTIV-G 2.0
2.0L 直列4気筒DOHC
最高出力:114kW(155PS)/6000rpm
最大トルク:196Nm(20.0kgm)/4000rpm
JC08モード燃費:2WD車16.0km/L / 4WD車17.2km/L

SKYACTIV- D 2.2
2.2L 4気筒DOHC直噴ターボ
最高出力:129kW(175PS)/4500rpm
最大トルク:420Nm(42.8kgm)/2000rpm
JC08モード燃費:2WD車18.0km/L / 4WD車17.2km/L

マツダ 新型 フレア フルモデルチェンジ 2017年3月2日発売

スズキは新型ワゴンR/スティングレーのフルモデルチェンジを行い2017年2月1日に発売した。
現行モデル同様、スズキのワゴンRのOEM供給を受け新型フレアを2017年3月2日に発売する。

スティングレーに相当する「カスタムスタイル」の設定は無く、「カスタムスタイル」の未設定に伴ってターボ車も未設定となる。
グレード体系は「HYBRID XG(ワゴンRの「HYBRID FX」相当)」と「HYBRID XS(同「HYBRID FZ」相当)」
の2グレードとなっており、「FA」に相当するグレードがOEMされていないため、マイルドハイブリッド専用車種となった。

flair_2017_01.jpg

全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,660mm
ホイールベース:2,460mm
エンジン:660cc 直列3気筒エンジン+ モーター
エンジン最高出力:52ps/6,500rpm
エンジン最大トルク:6.1kgm/4,000rpm
モーター最高出力:3.1ps/1,000rpm
モーター最高トルク:5.1kgm/100rpm
バッテリー :リチュウムイオン電池
駆動方式:2WD(FF)/4WD

HYBRID XG
2WD 1,177,200円 JC08モード燃費:33.4km/L
4WD 1,298,160円 JC08モード燃費:30.4km/L

HYBRID XS
2WD 1,350,000円 JC08モード燃費:33.4km/L
4WD 1,470,960円 JC08モード燃費:30.4km/L

マツダ 新型 CX-3 マイナーチェンジ 2017年11月発売

今回のマイナーチェンジのタイミングでガソリンエンジン追加される。

この背景としては、日本国内でのCX-3の販売低迷にある。
日本自動車販売協会連合会(自販連)によれば、マツダの今年1~6月(上半期)の
国内乗用車販売台数は前年上半期比24%減の約8.6万台と大幅なマイナスになっている。
CX-3が同45%減の1523台。CX-3は半減に近い結果となった。

最大の理由は日本国内で乗用車として販売されている唯一のディーゼルエンジン専用車種で
あるということ。

mazda_cx-3_2016_0013.jpg

全長:4,275mm
全幅:1,765mm
全高:1,550mm
ホイールベース:2,570mm

SKYACTIV-G 2.0 ガソリンエンジン
最高出力:120ps/6000rpm
最大トルク:20.19kgf・m/2800rpm

マツダ 新型 CX-6 3列シート 7人乗りクロスオーバーワゴンSUV 2017年11月発売

第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて量産モデルを
正式発表する予定だ!!
外観はフルモデルチェンジする新型CX-5と同様「魂動デザイン」のもと艶やかさと精悍さを
融合させた外観となり新型CX-5に後部座席をつけ全長を伸ばしホイールベースを伸ばした
モデルとして開発されているのが新型CX-6である!!

CX-5_2017_0852.jpg

搭載される可能性の高いエンジンは

SKYACTIV-GEN2 G 2.0
2.0L 直列4気筒DOHC

SKYACTIV-GEN2 D 2.2
2.2L 4気筒DOHC直噴ターボ

直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン
最高出力:227ps/5,000rpm
最大トルク:420Nm/2,000rpm

SKYACTIV -D 2.2L
2.2L 直列4気筒DOHC ディーゼルターボ
最高出力175ps/4500rpm
最大トルク43.8kgm/2000rpm

マツダ 新型 アテンザ フルモデルチェンジ 2017年12月発売

第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて量産モデルを 正式発表する予定だ!!
新型CX-5同様、エクステリアは「魂動デザイン」のもと艶やかさと精悍さを融合させた外観となり
キープコンセプトであり、より成熟させ、ボディー剛性やデザインに拘ったモデルとなる。

Mazda-6-2018_01.jpg
Mazda Shinari Concept

全長:4,870mm
全幅:1,840mm
全高:1,435mm
ホイールベース:2,830mm

SKYACTIV-G 2.5
直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン
最高出力:140kW(190PS)/6000rpm
最大トルク:251Nm(25.6kgm)/3250rpm
トランスミッション:6速AT

SKYACTIV-G 2.0
2.0L 直列4気筒DOHC
最高出力:114kW(155PS)/6000rpm
最大トルク:196Nm(20.0kgm)/4000rpm

SKYACTIV- D 2.2
2.2L 4気筒DOHC直噴ターボ
最高出力:129kW(175PS)/4500rpm
最大トルク:420Nm(42.8kgm)/2000rpm

マツダ 新型 RX-7 フルモデルチェンジ2017年12月発売

第45回東京モーターショー2017にて量産モデルを正式発表する予定だ!!
2017年は、マツダのロータリーエンジン50周年となる節目の年であり、まず間違えなさそうだ!!

vision_0023.jpg

Mazda RX-VISION
全長:4,389mm
全幅:1,925mm
全高:1,160mm
ホイールベース:2,700mm

654cc×2 ロータリーエンジン SKYACTIV-R
駆動方式:FR

マツダ 新型 CX-9 日本は2017年発売?!

マツダは新型CX-9の開発を進め、2016年春より、北米から順次販売を開始する。

新型CX-9は、年間約5万台のグローバル販売計画台数の約8割を北米市場が占める
北米戦略モデルである!!

cx-9_857474672.jpg

新型CX-9
全長:5,065mm
全幅:1,969mm
全高:1,716mm
ホイールベース:2,925mm

直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の初採用!!

直列4気筒2.5L直噴ガソリンターボエンジン
排気量:2.488L
ボアxストローク:89.0mm x100.0 mm
圧縮比:10.5
最高出力(ネット):227HP〈169kW〉/5,000rpm
最大トルク(ネット):310ft-lb〈420Nm〉/2,000rpm

※最新自動車情報2017調べ
発売日の間違え、予想も含まれております。

マツダ
http://www.mazda.co.jp/

2017年は構造改革ステージ2に入っている期間でありマイナーチェンジやフルモデルチェンジで燃費や性能改善を測る。マツダは既に2015年3月期の決算説明会資料にSKYACTIVを進化させた次期SKYACTIVといえる「SKYACTIV GEN2」を、次期中期計画「構造改革ステージ2」の期間中である2016~2018年度に...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事