アップル 自動運転 行動試験の認可取得!! 

以前から自動車分野への参入を目指すMac iPhone i Padを作る米国のApple社が2017年4月14日に自動運転の行動試験の認可をアメリカ カリフォルニア州の運輸当局にて認可を取ったことを発表した。

走行試験車両はGoogle社と同様のレクサスRX450hクロスオーバー3台の車を使用して行うとのこと。

Appleは2016年12月に自動運転技術の開発を進めていることを明らかにしていた。

自社の運転技術を開発して他の企業に売却する可能性があると言われている。

Googleの自動運転技術について

Lexus-RX450h-self-driving-car
Google レクサスRX450h

GOOGLE-4.jpg

Googleは、完全自動運転車の開発を傘下に持つ
アルファベット社の自動運転研究子会社「ウェイモ(Waymo)社」について
自身の将来の車のプロジェクトに技術を使用すると発表した。

2017年1月8日に北米で開催するデトロイトモーターショー2017で正式発表した。

Waymo_FCA_Fully_Self-Driving_Chrysler_Pacifica_Hybrid_01.jpg
パシフィカ ハイブリッド

フィアット・クライスラーは約100台のミニバン・ハイブリッドの
パシフィカ ハイブリッドをミシガン州の施設で開発を行う。

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(Fiat Chrysler Automobiles(FCA))と、
自律走行車の分野でのウェイモ(Waymo)社と技術提携を行うことを発表した。

ホンダは市街地まで自動走行できる完全自動運転車の開発をグーグル傘下に持つ
アルファベット社の自動運転研究子会社「ウェイモ(Waymo)社」と提携すると
2016年12月22日に発表した。

ホンダは2020年頃に高速道路での自動運転実用化を目指しているという。

自動運転分野でグーグルと提携するのは国内メーカー初である。

BMW、フォード、ゼネラルモーターズ、メルセデスベンツ、テスラ、フォルクスワーゲンなど
も自動運転技術参加している。

Apple Car はあるのか?

Appleの自動車の野望は、初期の報告書によれば、同社がハイテク電気自動車のコードネームProject Titanに取り組んでいることが示唆されたため、議論の源泉となっている。

デザインや中のカーナビなどをAppleが行い、生産供給をテスラモーターに任せるのではと噂されている。

噂ではテスラモーターズのApple Carを制作する部隊に多くの人員をさき、更に多くの人を他社メーカーから引き抜きを行い制作を進めていると思われる。

2020年の発売を目指しているが、コンセプトカーなどの公開は2019年頃を目指しておりあと数年で具体的な仕様が見えてくると思われる!!

ソース

Apple, in another sign the tech giant is moving forward with plans to develop self-driving vehicle technology, has been granted a permit to test autonomous vehi...
http://www.carscoops.com/2017/04/apple-gets-permit-to-test-autonomous.html

以前から自動車分野への参入を目指すMac iPhone i Padを作る米国のApple社が2017年4月14日に自動運転の行動試験の認可をアメリカ カリフォルニア州の運輸当局にて認可を取ったことを発表した。走行試験車両はGoogle社と同様のレクサスRX450hクロスオーバー3台の車を使用して行うとのこと。Apple...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事