メルセデス・ベンツ 新型 メルセデス AMG E 63 S 4MATIC+ エンジンとトランスミッションを一新 2017年5月31日発売

メルセデス・ベンツは新型Eクラスのハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」を2017年5月31日に発売した。

2017年8月25日には追加で「メルセデスAMG E 63 4MATIC+」「メルセデスAMG E 63 4MATIC+ ステーションワゴン」「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+ ステーションワゴン」12月22日までの期間限定モデル「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+ Edition1」を発表した。

価格:1650万円~1910万円

新型メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+ セダン エクステリア インテリア

AMGパフォーマンスステアリングホイール」を採用

新型メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+ ステーションワゴン エクステリア

メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+ Edition1(期間限定)

新型メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+について

2016年に発売されるフルモデルチェンジする新型Eクラスともちろん共通しちる!!

カモフラージュされている開発中の新型Eクラスクーペがスパイショットされているが
後ろのデザインを予想すると2014年にフルモデルチェンジをして発売された新型 Sクラス クーペと
デザインは似ているように見える!!

新型Eクラスと共通なのは以下の部分であろう。

84個のLEDを組み合わせた新型ヘッドライト「マルチビームLEDヘッドライト」
LEDテールランプ

次世代の安全運転支援システム インテリジェントドライブ搭載

ディスタンスパイロット・ディストロニック & ステアリングパイロット
ディスタンスパイロット・ディストロニックは、都市、郊外、高速道路などの走行時にステレオ
マルチパーパスカメラとレーダーセンサーにより、先行車を認識して、速度に応じて車間
距離を調節します。

アクティブレーンチェンジングアシスト
高速道路走行中にステアリングパイロットが起動している際に、ドライバーがウインカー
を点滅させると、車両周囲を監視しているセンサーが他の車両などとの衝突の危険が
無いことを確認し、安全が確認された場合に自動で車線を変更します。

アクティブエマージェンシーストップアシスト
ステアリングパイロットが起動している状態で、ドライバーが一定時間ステアリング操作
を行わない場合、ディスプレイ表示と警告音によってステアリングを握るよう促し、それでも
ドライバーがステアリング、アクセルやブレーキ、あるいはタッチコントロールボタン操作
の反応が無い場合、さらに警告音を鳴らしながら、緩やかに減速してハザードランプを
出して停止します。

トラフィックサインアシスト
一般道や高速道路を走行中、カメラが制限速度などの標識を読み取り、ディスプレイに表示し、
制限速度を超えた際には警告音を出してドライバーに注意を促す機能も搭載します。

アクティブブラインドスポットアシスト
リアバンパー左右のレーダーセンサーにより、車両の斜め後ろのミラーで見えない
死角エリアに車両や自転車がいることを警告します。

アクティブブレーキアシスト(歩行者検知/飛び出し検知機能付)
先行車、前を横切る車両や合流してくる車両、歩行者、路上の物体などとの衝突の
危険性を感知すると、ディスプレイ表示や音でドライバーに警告します。

渋滞時緊急ブレーキ機能
ステレオマルチパーパスカメラとレーダーセンサーで、先行車およびその左右の車線を
監視します。突然渋滞の最後尾が現れた場合などに、前走車との衝突の危険を検知します。

緊急回避補助システム
アクティブブレーキアシストの歩行者検知機能を補う新開発のシステムです。

リア CPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)
リアバンパーに設置されたレーダーセンサーが後方のクルマを監視して車間距離と
接近速度から衝突の危険があると判断すると、ハザードランプを素早く点滅させて後続車
のドライバーに警告するとともに、インジケーターによりドライバーに警告します。

自動ブレーキ機能搭載

外部からスマートフォンを介して駐車スペースへの入出が操作出来る
「Remote Parking Pilot(「リモートパーキングパイロット」)」

インテリアはツインデジタル画面。
ここで取り上げワイドスクリーン計器クラスタは、必要に応じて利用可能でCOMANDオンラインとスポーツとの
2つのディスプレイ、12.3インチの画面では、それぞれ対角と1920×720ピクセルの解像度。
ドライバーは「クラシック」、「スポーツ」と「プログレッシブ」という3つの異なるスタイルを選択することができる。

エントリーレベルのモデルは、2つの7インチの画面で区切られたアナログダイヤル、
および8.4インチの中央ディスプレイで、より伝統的なセットアップを取得する。

新型メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+のサイズついて

全長:4,995mm
全幅:1,905mm
全高:1,460mm
ホイールベース:2,940mm

新型 Mercedes AMG E 63 S 4MATIC+ 仕様 について

メルセデスAMG E 63 4MATIC+ 
4.0L V型8気筒DOHC直噴ツインターボエンジン「M177」
最高出力:420kW(571PS)/5,750-6,500rpm
最大トルク:750Nm(76.5kgm)/2,500-4,500rpm
駆動方式:4WD
トランスミッション:9速AT

Mercedes AMG E 63 S 4MATIC+
4.0L V型8気筒DOHC直噴ツインターボエンジン「M177」
最高出力:612ps/5,750-6,500rpm
最大トルク:86.7kgm/2,500-4,500rpm
駆動方式:4WD
トランスミッション:9速AT
0-100km/h加速 3.5秒
価格:17,740,000円

新型 Mercedes AMG E 63 S 4MATIC+ 価格について

メルセデスAMG E 63 4MATIC+ セダン 価格:1650万円
メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+ セダン 価格:1785万円
メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+ Edition1(期間限定)価格:1910万円
メルセデスAMG E 63 4MATIC+ ステーションワゴン 価格:1686万円
メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+ ステーションワゴン 価格:1838万円

メルセデスベンツニュースリリース
http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2017/20170531_2.pdf
http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2017/20170825_2.pdf
Mercedes AMG E 63 S 4MATIC+
http://www.mercedes-e.jp/e63/

メルセデス・ベンツは新型Eクラスのハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」を2017年5月31日に発売した。2017年8月25日には追加で「メルセデスAMG E 63 4MATIC+」「メルセデスAMG E 63 4MATIC+ ステーションワゴン」「メルセデスAMG E 63 S 4...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事