国土交通省と経済産業省は乗用車の燃費に国際統一試験法であるWLTCモードに基づく「市街地」「郊外」「高速道路」走行環境ごとの表示を義務化 2018年10月スタート!!

国土交通省と経済産業省は2017年7月4日に2018年10月(平成30年10月)から新型車に義務化される燃費の国際統一試験法「WLTCモード」燃費に加えて、「市街地」「郊外」「高速道路」といった走行環境毎の燃費をカタログ等に表示することを義務化すると発表した。

近年、自動車の燃費性能が向上する中で、カタログ等に表示される燃費に比べ実際の燃費が最大4割下回るとの指摘がありる。この乖離は、走行環境や運転方法の違い等により生じている。
このため、自動車ユーザーがそれぞれの使用状況に応じて、より実際の走行に近い燃費を把握することを可能とするため、平成30年10月から新型車に義務化される WLTC モード燃費に加え、「市街地」、「郊外」、「高速道路」といった走行環境毎の燃費をカタログ等に表示することを義務化する。

これにより、お客様の走行環境に応じた省エネ性能の良い自動車を知ることができるとしている。

マツダ新型CX-3 マイナーチェンジモデルを2017年7月27日に発売を開始するが既にWLTC モード燃費の表記をいち早く行った。

直列4気筒DOHC 2.0L 直噴エンジンモデル

20S 2WD
JC08モード燃費17.0km/L
WLTCモード燃費16.0km/L 市街地モード(WLTC-L)12.2km/L
郊外モード(WLTC-M)16.8km/L 高速道路モード(WLTC-H)18.0km/L

WLTC_011.jpg

国土交通省 ニュースリリース

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。
経済産業省 ニュースリリース
http://www.meti.go.jp/press/2017/07/20170704004/20170704004.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事