マツダ 新型 CX-5 マイナーチェンジ 乗り心地、静粛性、安全性能の向上 2015年1月7日

マツダは11月19日、米国ロサンゼルスで開催中のロサンゼルスオートショーにおいて、
クロスオーバーSUV「CX-5」の改良モデルをワールドプレミアした。

価格:2,446,200円~3,488,400円
JC08モード燃費:14.6km/L~18.4km/L

「マツダ CX-5」大幅改良の概要は以下のとおり

走りの気持ち良さを、より上質に磨き上げたダイナミック性能

新構造の前後ダンパー、フロントロアアームのブッシュ形状最適化などにより実現したスムーズでフラットな質感高い乗り心地。

より快適に会話が楽しめるようNVH性能を向上
「CX-5」では高速走行時に車内に伝わる騒音を従来比約10%低減。

高振動吸収ウレタンを採用するなど進化したフロントシート、リアシート構造により、包まれるかのようなフィット感と優れたホールド性、上質な乗り心地を実現。「CX-5」ではリアシートの座面長を拡大し、姿勢の自由度をアップ。

ガソリンエンジン車には、走行モードを切り替えることで意のままの走りをサポートする「ドライブセレクション」を採用。

「CX-5」とも新世代4WDシステムのPTO・リヤデフオイルに新開発の低粘度化学合成オイルを採用。「CX-5」は4WD車の実用燃費がさらに向上。

CX-5_01234 CX-5_01235 CX-5_01236 CX-5_01237 CX-5_01238

力強さと精悍さが際立つ、洗練のエクステリアデザイン
グレーメタリックで塗装した水平基調のフィンを採用し、より精悍で引き締まったデザインへ深化したフロントグリル
(全車標準装備)。
内部造形を一新するとともに、ユニット内シグネチャーLEDランプを採用してより生命感を高めたLEDヘッドランプと
LEDリアコンビネーションランプ(全車標準装備)。

19インチアルミホイールに、立体感のある造形に切削加工とガンメタリック塗装を施した新デザインを採用
(L Packageに標準装備)。

新開発のソニックシルバーメタリック、「アクセラ」から採用しているチタニウムフラッシュマイカを追加し、
全8色をラインアップしたエクステリアカラー。

SUVらしい機能性と力強さを、より質感高く磨き上げたインテリア
ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)思想「Heads-up Cockpit」コンセプトに基づくドライバーオリエンテッドな
コクピット空間と、SUVならではの機能性や力強さ、そして品格の高さを融合させたインテリア。

– 電動パーキングブレーキ(EPB)の全車標準装備に伴い、すっきり感と上質さを磨き上げたセンターコンソール。

– 造形の塊感や横方向への力の広がりを感じさせる金属調加飾の採用。

– 全体的な統一感を守りながら、より上質な印象を持たせたライトヘアラインのデコレーションパネル。
L Packageにはさらに洗練させたマットヘアライン&サテンクロームメッキを設定。

– ブラックの本革内装を継承した上で、本革内装にはピュアホワイトを新採用。
ファブリックシートはセンター部分に新開発のグロスブロッククロスを採用。

– スマートフォン等と連携して、インターネット接続やコミュニケーションの機能をクルマでの移動中にも
手軽に利用できるカーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT(マツダ コネクト)」を採用。
ドライビング姿勢を崩すことなく操作ができるコマンダーコントロールと合わせて全車標準装備。

– シフトノブ前のオープンスペース、コンソールボックス、フロントドアポケットの容量を大幅に拡大。
センターコンソールではカップホルダーのアジャスター機能や小物入れも追加。

マツダニュースリリース
http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2014/201411/141120b.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事