日産 新型 フーガ フルモデルチェンジ 3代目 Y52型 2.0L 4気筒ターボエンジン V6ターボ ハイブリッド搭載 2018年10月発売へ!!

日産は新型フーガのフルモデルチェンジを行い3代目Y52型を2018年10月頃に発売する。

フーガについて

Y50型 2004年10月 初代
40年以上の歴史を持つセドリックおよびグロリアの後継車として、初代Y50型フーガが発売された。
型式には6代目以降のセドリック、7代目以降のグロリアと同様に「Y」が採用されているが、セドリック/グロリアのそれまでのイメージを変えるために新名称「フーガ」へと車名が変更された。

Y51型 2009年11月 2代目
日本仕様車は2009年の東京モーターショーで発表。
2009年11月発売を開始。
2.5LVQ25HR型
3.7L VQ37VHR型エンジン

2010年11月には、3.5Lエンジンを搭載するフーガハイブリッドが追加。
2015年2月にマイナーチェンジが行われた。
特に外観デザインが刷新され、V37型スカイライン同様にインフィニティのエンブレムが装着された。

現行モデル販売から丸9年となる2018年10月にフルモデルチェンジを果たすこととなる。

新型フーガについて

日産が日本国外で展開している高級車ブランドのインフィニティは、2014年10月に行われたパリモーターショーで

新しいコンセプトモデル「Infiniti Q80」 の画像と概要を公開。
4ドアクーペのコンセプトモデルである。

Infiniti Q80=新型フーガ

なのでフーガの4ドアスポーツクーペということになる。

これに+でプラグインハイブリッドモデルも考えられている様子だ。

新型フーガはこのコンセプトモデル「Infiniti Q80」のデザインを採用しエクステリアを一新する。

Infiniti_Q80_13.jpg
Infiniti Q80

Infiniti_Q80_01.jpg

Infiniti_Q80_04.jpg

Infiniti_Q80_14.jpgInfiniti_Q80_06.jpg

Infiniti_Q80_07.jpg

Infiniti_Q80_08.jpg

3代目 Y52型 新型フーガについて

ダイムラーと、ルノー日産の協力関係を生かし開発されたモデルとなる。
まずはプラットフォームをメルセデス・ベンツの新型Eクラスに採用されたアルミニウムハイブリッド構造の軽量アーキテクチャーMRAを採用し大幅な軽量化を図る。

3代目 Y52型 新型フーガ エンジンについて

エンジンは現行同様に3.5L V型6気筒エンジンベース+モーターのハイブリッド
新2.0L 4気筒 ターボガソリンエンジン 「VC-T」または スカイライン200GT-tに採用されたメルセデス・ベンツのエンジン 2.0L 4気筒ターボエンジンを搭載されるだろう。

2.0t
2.0L 4気筒ターボエンジン
最高出力:211ps/5500rpm
最大トルク35.7kgm/1250-3500rpm
トランスミッション:7速AT
JC08モード燃費:14.0km/L

skyline_102.jpg
メルセデス・ベンツ製 ターボチャージャー付ガソリンエンジン

HYBRID
3.5L V型6気筒エンジンベース+モーターのハイブリッド
最高出力306ps/6800rpm
最大トルク35.7kgm/5000rpm
モーター最高出力68ps
モーター最大トルク29.6kgm
トランスミッション:7速AT
JC08モード燃費:19.0 km/L

今後、新しい情報が入り次第お伝え致します。

日産は新型フーガのフルモデルチェンジを行い3代目Y52型を2018年10月頃に発売する。 フーガについて Y50型 2004年10月 初代 40年以上の歴史を持つセドリックおよびグロリアの後継車として、初代Y50型フーガが発売された。 型式には6代目以降のセドリック、7代目以降のグロリアと同様に「Y」が採用...

ソース
http://www.worldcarfans.com/114092381678/infiniti-shows-off-the-rear-of-the-q80-inspiration-concept

日産 フーガ
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/fuga.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事