トヨタ 新型 FJクルーザー 最終販売 特別仕様車 “Final Edition” 内外装 特別仕様車専用装備 2017年9月12日発表10月16日発売

トヨタはSUVモデルの新型FJクルーザーの特別仕様車“Final Edition”を2017年9月12日発表10月16日発売する。
特別仕様車“Final Edition”
価格:349万2,720円

FJクルーザーは2016年8月末北米仕様を除く日本向け仕様(各国向け仕様を含む)が全て生産終了とアナウンスされた。
それ以後は各国向け仕様共々、在庫販売分のみの対応となるが、これにより問い合わせが急増1年あまり生産を延長し2017年8月までとなる。
その延長後に再販売され、特別仕様車もラインナップ。
今回本当の最後販売となる。

FJクルーザーについて

伝説的なFJ40型「ランドクルーザー」の現代版として発売しているビッグサイズのSUVである。
もともとは北米市場専用車種として開発され2006年3月末 から北米で発売開始。
個性的な外観を持つことから日本にも根強いファンがおり、一定の需要が見込めることから
2010年12月4日より日本国内でも正規販売された。
シャーシはランドクルーザープラドと共通の構成のラダーフレームを採用。
エンジンにはタコマ、4ランナー、プラドと共通のV型6気筒 4.0 Lの1GR-FE型が搭載
乗降用ドアは両側面ともピラーレス(ドアに内蔵)の観音開きを採用。
前席のシートベルトも後ろのドアに組み込まれており、後ろのドアのみを開けることはできない構造になっている。
価格は300万円台と手ごろである。

2013年11月5日 北米トヨタ、北米仕様の生産終了を発表。
2014年2月の特別仕様車の納車をもって北米での販売が終了。

2016年8月末北米仕様を除く日本向け仕様(各国向け仕様を含む)が全て生産終了とアナウンスされた。
それ以後は各国向け仕様共々、在庫販売分のみの対応となるが、これにより問い合わせが急増
1年あまり生産を延長し2017年8月までとなる。

全長:4,635mm
全幅:1,905mm
全高:1,840mm
ホイールベース:2,690mm

4.0L V型6気筒DOHC 1GR-FE
最高出力:203kW(276PS)/5,600rpm
最大トルク:380N·m(38.8kgf·m)/4,400rpm
トランスミッション::5速AT/6速MT
JC08モード燃費:8.0km/L

新型 FJクルーザー 特別仕様車について

特別仕様車でありお得な装備を多数装備して発売される。
更に新色ベージュを追加。

特別装備
マッドブラックの17インチスチールホイール(タイヤサイズ265/70R17シルバーカラーホイールキャップ付き)
大型リモコンドアミラー
シルバーカラーアウトサイドドアハンドル
バックカメラ(セーフティモニター)
ETC2.0
USB充電ソケット
クロールコントロール
アクティブトラクションコントロール
インテリアオーナメント
防水・撥水 ファブリックシート表皮

新型 FJクルーザー ボディカラーについて

ホワイト
ツートン ベージュ 新色
ツートン イエロー
ツートン スモーキーブルー
ツートン セメントグレーメタリック
ツートン ブラック

新型 FJクルーザー グレードについて

FJクルーザー
FJクルーザー “オフロードパッケージ”
FJクルーザー “ブラックカラーパッケージ”
FJクルーザー “カラーパッケージ”

今後、新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://car-report.jp/blog-entry-1369.html

トヨタ FJクルーザー
http://toyota.jp/fjcruiser/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事