スズキ 新型 ハスラー ワイド 5人乗り 1.0L 直3 直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」採用 2017年12月発売

スズキは新型ハスラーの軽自動車よりも排気量をアップさせた新型「ハスラー ワイド」を2017年12月に発売する。

第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて新型ハスラー ワイドの量産モデルを正式発表する予定だ。

新型 ハスラー ワイドについて

軽自動車(660cc)よりも排気量をアップさせたモデルで新型スイフトなどに搭載された1L 直列3気筒 VVTターボ「BOOSTERJET」とマイルドハイブリッドの1.2L 直列4気筒 デュアルジェットエンジン + マイルドハイブリッドを搭載することになる。

軽自動車の自動車税は10,800円で次に安い物は排気量1.0L以下で29,500円である。
1.0〜1.5Lでは34,500円と軽自動車の3倍になる。

スズキとしても1.0Lのラインナップは当然で1.0L以上であれば燃費向上が期待できるマイルドハイブリッドモデルというわけだ。


直列3気筒 1L VVTターボ「BOOSTERJET」エンジン

直列3気筒 1L VVTターボ「BOOSTERJET」
最高出力:102ps/5,500rpm
最大トルク:15.3kgm/1,700〜4,500rpm
車両重量:930kg
JC08モード燃費20.0km/L

直列4気筒1.2Lデュアルジェットエンジン + マイルドハイブリッド
最大出力:91ps/6,000rpm
最大トルク:12.0kgm/4.400rpm
モーター最大出力:3.1ps/1,000rpm
モーター最大トルク:5.1kgm/100rpm
トランスミッションミッション:CVT
駆動方式:FF/4WD
JC08モード燃費:27.4km/L

新型 ハスラー ワイド サイズ予想について

全高はハスラーと同様に全幅や全長を伸ばしそれに伴いホイールベースも若干伸びると思われる。

全長:3,700mm (3,395mm)
全幅:1,690mm (1,475mm)
全高:1,665mm (1,665mm)
ホイールベース:2450mm (2,425mm)
乗車定員:5名

ハスラーサイズ( )

次世代軽量プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し軽量化と高剛性を高めている。

衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を標準搭載

2つのカメラを採用したステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を標準搭載。

1.前方衝突警報機能
約5km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。

2.前方衝突警報ブレーキ機能
衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。

3.前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。

*前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能は、前方衝突警報ブレーキ機能または自動ブレーキ機能と同時に作動することがあります。

4.自動ブレーキ機能
衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。

*対象が車両の場合 :約5km/h~約50km/h未満であれば、衝突を回避できる場合があります。
*対象が歩行者の場合:約5km/h~約30km/h未満であれば、衝突を回避できる場合があります。

約5km/hから約100km/hの速度域で車両や歩行者を検知し、警報や自動ブレーキで衝突の回避、
または衝突時の被害軽減を図るシステムで、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能などとセットで全車にメーカーオプション設定し、安全装備を充実させた。

ハスラー (HUSTLER)について

ハスラーはスズキが生産・販売するクロスオーバーSUVタイプの軽乗用車である。
軽トールワゴンとSUVの双方の要素を融合させた新ジャンルの軽自動車で、アウトドアやスポーツといったレジャーを好むユーザー、あるいはわだちや雪道といった起伏のある路面を走行する機会が多いユーザーを想定した、「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発され、クロスカントリー4WDのジムニーとの棲み分けを図っている。

セダンとSUVのクロスオーバーである「Kei」が存在したが、後継モデルがなく2009年(平成21年)に生産終了していた。その後スズキの鈴木修会長が会食の席で、Keiの生産終了を惜しむ声を聞き、軽クロスオーバーの需要があると判断して開発を進めたモデルがこの「ハスラー」である。

2014-2015年次 日本自動車殿堂カーオブザイヤー RJCカーオブザイヤーを受賞した。

5代目ワゴンRと共通の新型プラットフォームを採用。

2013年12月24日公式発表(2014年1月8日販売開始)。
2014年10月30日 2014-2015年次 日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞(スズキ車では初の受賞)。
2014年11月11日 2014-2015年次 RJCカーオブザイヤーを受賞。
2014年12月25日 RJCカーオブザイヤー受賞記念特別仕様車「J STYLE」を発表(2015年1月9日販売開始)。
2015年5月13日 一部改良。
2015年12月7日 一部改良(2型)。
2017年1月10日「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備した「X」・「Xターボ」及び特別仕様車「J STYLE II」・「J STYLE IIターボ」の全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車において、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて、71点満点中66.8点を獲得し、最高ランクの評価である「ASV++(ダブルプラス)」を獲得。
2017年5月25日 ハスラーのデザインである「軽ワゴンとSUVが融合した新ジャンルの車の意匠」が、公益社団法人 発明協会が主催する平成29年度「全国発明表彰 発明賞」を受賞したことを発表。スズキがこの賞を受賞するのは、20年ぶり3回目となる。

ハスラー

ハスラー
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,665mm
ホイールベース:2,425mm
乗車定員:4名

658cc 直列3気筒ガソリンエンジン+S-エネチャージ+アイドリングストップシステム
最高出力:47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク:95Nm(9.7kgm)/3,000rpm

型式 WA04A直流同期電動機
最高出力:1.6kW(2.2PS)/1,000rpm
最大トルク40Nm(4.1kg・m)/100rpm
リチウムイオン電池
駆動方式:FF /CVT
車両重量:750-860kg
JC08モード燃費:32km/L

今後、新しい情報が入り次第お伝え致します。

スズキは新型ハスラーの軽自動車よりも排気量をアップさせた新型クロスビー(XBEE)「ハスラーワイド」を2017年12月に発売する。第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて新型「XBEE」、「XBEE OUTDOOR ADVENTURE」「XBEE STREET ADVEN...

日刊工業新聞

スズキは軽自動車「ハスラー」の第2弾と位置付ける新小型車を開発し、早ければ年内にも市場投入する。ハスラーは軽ワゴンとスポーツ多目的車(SUV)を融合した個性的なデザインで新市場を切...
スズキ
http://www.suzuki.co.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事