ベントレー 新型 コンチネンタル GT フルモデルチェンジ 3代目フランクフルトモーターショー2017発表 2018年発売

ベントレーは、3代目となる新型コンチネンタル GTを2017年8月29日(現地時間)発表した。
日本での発売は2018年第2四半期を予定。

プレスデー2017年9月12日~13日、一般公開日9月16日~24日に開催されるフランクフルトモーターショー2017に出展され初公開される。

日本販売価格:2530万円

ベントレー新型コンチネンタル GT エクステリア インテリア

ベントレーコンチネンタル GTについて

GTはコンチネンタルRの後継となる4シーターのクーペであり、GTCはGTをベースとしたオープンカーである。
スーパースポーツはGTおよびGTCをベースにチューンアップと軽量化を行い、GTは2ドア4シーターモデルである。
初代
2002年のモンディアル・ド・ロトモビルでGTのプロトタイプを発表。
2003年のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトで量産型を発表した。
2代目
新型コンチネンタルGTは2011年モデルとして発表された。2010年11月にクーペのみ発表された。
2011年2月、日本市場において発表された。価格は2415万円で、同年6月から納車開始された。

ベントレー新型コンチネンタル GTについて

ポルシェ新型パナメーラにも採用されたプラットフォームをベースであるが、82%を専用開発としている。


新型コンチネンタル GTのボディのデザインラインは、500℃でアルミパネルを成形する「スーパーフォーミング」を生産車初採用。


ホイールベースの前輪を135mm前側に移動させることで、よりエレガントなボディラインにしている。

ベントレー新型コンチネンタル GT ボディサイズについて

全長:4,805mm
全幅:1,954mm
全高:1,392mm
ホイールベース:2,856mm(+110mm)
車両車重:2250kg(-70kg)
前後重量配分:55:45(58:42)

2代目との比較( )

ベントレー新型コンチネンタル GT エンジンについて

W型 12気筒 6L ターボエンジン
最高出力:635ps/6000rpm(+45ps)
最大トルク:91.8kgm/1350-4500rpm(+18.4kgm)
0-100km/h加速:3.7秒(-0.8秒)
最高速度:333km/h(+14km/h)
トランスミッション:8速デュアルクラッチ
ドライブモード(4モード):スポーツ/コンフォート/ベントレー(バランス)/カスタム

ベントレー新型コンチネンタル GT 仕様について

3チャンバーエアサスペンションをベントレー初採用した。
サスペンション形式:F ダブルウィッシュボーン、R マルチリンク式
48Vの電制可変ロールコントロールシステムにより走行性能と快適性を両立。

ベントレー新型コンチネンタル GT エクステリア

ベントレー新型コンチネンタル GT インテリア

12ウェイ調整式シートにヒーター、ベンチレーター、マッサージ機能を搭載。

センターパネルは3面式とし、ウッドパネルがエンジン始動と同時に回転し、
12.3インチタッチセンターディスプレイ、もしくは温度とコンパスとクロノの3メーターを選択可能。

ソース
http://www.carscoops.com/2017/08/new-bentley-continental-gt-wants-to-be.html

http://car-report.jp/blog-entry-1380.html
ベントレーニュースリリース

ベントレー
https://www.bentleymotors.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事