トヨタ GRスポーツシリーズ 2017年9月19日 始動

トヨタは2017年9月19日にGRスポーツシリーズを正式発表する。
9月19日13:00より記者発表会が行われる。

2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし 「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行する。


86 GRMN

GRスポーツシリーズにラインナップされる車種

プリウスPHV GRスポーツ 2017年9月19日発売
ハリアー GRスポーツ 2017年9月19日発売
ヴォクシー / ノア GRスポーツ 2017年9月19日発売

86 GRスポーツ 2017年11月21日発売
アクア GRスポーツ 2017年11月21日発売
プリウスα GRスポーツ 2017年11月21日発売

TOYOTA GAZOO Racing 公式動画

新型 プリウス /プリウス PHV GR について

この新型プリウスにGAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施し かなりのスポーツ走行が可能なモデルとなりそうだ。

装備としての予想は
アルミホイール(ハイグロスブラック塗装+切削光輝、タイヤサイズは225/45R18)
チューニングサスペンション (全高を約15mmダウン)
剛性アップパーツ・空力パーツ
フロントバンパー&ラジエーターグリル(ダークメッキ加飾/黒艶塗装)
LEDイルミネーションビーム
マフラー(大径バッフル/サウンドチューニング)
本革巻き4本スポークステアリングホイール(ディンプル+シルバーステッチ)
パワースイッチ(レッド/GRロゴ付)
フロントスポーティシート(GRエンブレム付)
センターレジスター&センタークラスター&ドアスイッチベース(ラメ入りピアノブラック塗装)
助手席側インストルメントパネル(シルバーダブルステッチ+クロームメッキモール+GRロゴ付メッキレバー)
センターメータ-(専用初期画面+タコメーター)

などが装備されるだろう。

価格はSナビパッケージ:366万6,600円に+約30万円UPの395万円前後と思われる。
以前も他のモデルも30、40万円UPである。

正に、トヨタ社長 豊田章男氏が掲げる企業スローガン「FUN TO DRIVE, AGAIN.」となる1台となりそうだ。

新型プリウス PHV GR スポーツ スペック

新型プリウス PHV GR スポーツは通常モデルとスペックに変更はない。

スペック 新型プリウスPHV GRスポーツ
全長 4,645mm
全幅 1,760mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 直列4気筒 DOHC 1.8L + モーター×2
エンジン最高出力 98ps/14.5kgm
第一モーター最高出力 72ps/16.6kgm
第二モーター最高出力 31ps/4.1kgm
システム最高出力 122ps
バッテリーリチウムイオン電力量 8.8kWh
駆動方式 2WD(FF)
EV航続可能距離 60km以上
EV走行最高時速 135km/h
JC08モード燃費
(ハイブリット走行時)
37km/L
乗車定員 4人
価格は 395万円

新型 ハリアー GRスポーツ PREMIUMについて

新型 ハリアー GRスポーツはマイナーチェンジモデルをベースにG`sモデルの流れを引き継いだモデルだ。
2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし 「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行する。

2.0LターボのPREMIUMグレードをベースにしている。

スペック 新型 ハリアー GR スポーツ
全長 4,720mm
全幅 1,835mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,660mm
エンジン 2.0L DOHC インタークーラー付ターボ
最高出力 238ps/5,600rpm
最大トルク 35.7kgm/4,000rpm
トランスミッション 6AT Super ECT
JC08モード燃費 13.2km/L

アルミホイール(ブラック塗装+切削光輝、タイヤサイズは235/50 R19)
チューニングサスペンション
剛性アップパーツ
アッパーグリル(メッキ加飾+黒艶塗装)
フロントバンパー&ラジエーターグリル
LEDイルミネーションビーム
リアバンパー
マフラー(大径バッフル/サウンドチューニング)
本革巻き3本スポークステアリングホイール(ディンプル+シルバーステッチ)
エンジンスイッチ(レッド/GRロゴ付)
フロントスポーティシート(GRエンブレム+シルバーダブルステッチ)
インストルメントパネル&ドアトリム(ダークメッキ調塗装+シルバーステッチ)

新型プリウスに搭載された先進技術「Toyota Safety Sense P」を採用する。

新型 ノア ヴォクシー GRスポーツについて

新型 ノア ヴォクシー GRはマイナーチェンジモデルをベースにG`sモデルの流れを引き継いだモデルだ。

2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし 「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行する。

先進技術のToyota Safety Sense C搭載

Toyota Safety Sense Cの主な特長
レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。また、仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応。

レーンディパーチャーアラート(LDA)
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB)
カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

スペック 新型ノア ヴォクシー GR
全長 4,795mm
全幅 1,735mm
全高 1,810mm
ホイールベース 2,850mm
エンジン 2L 直列4気筒DOHC エンジン
最高出力 152ps/6,100rpm
最大トルク 19.7ps/3,800rpm
トランスミッション Super CVT-i(自動無段変速機/7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付)
駆動方式 2WD(FF)
価格 3,119,237円

新型 86 GRスポーツについて

トヨタ直系チューニングブランド「GRMN」が「86 GRMN」を制作したことから同様のカスタマイズとなるだろう。
更に、新型86をベースに開発されており、リヤピラーのスポット打点増し打ちによるボディ剛性の強化に加え、サスペンションなど足回りの改良を実施し、操舵応答性と乗り心地を両立しており、より走りが楽しめそうだ。

エクステリア

カーボン(CFRP)製(ボンネット(エンジン冷却タンク付き))ルーフ、トランク、
リアウイング(アルミステイ、GRロゴ入り)、樹脂リアウインドウ(曇り防止熱線入り、プライバシー仕様)
フロントアンダースポイラー、バンパーサイドフィン、サイドステップ、
冷却エアアウトレット付エアロフィンサイドガーニッシュ、GRエンブレム(フロント)
GRMNエンブレム(リア)、ディフューザー付リアバンパー

インテリア

イタリア製アルカンターラ表皮(専用レカロ製シート、ステアリング(小径化、新グリップ形状))
シフトノブ、パーキングブレーキレバー、メーターフード、インテリアパネル
GRMNロゴ入り専用(メーターパネル、スタートスイッチ、フロアマット)赤色専用シートベルト

機能部品

エンジン(低フリクション、軽量化)、可変インテークマニホールド、
フローティング大径フロントブーレーキローター(アルミ製ディスクベル、ドリルホール)
圧損エアクリーナー、等長エキゾーストマ二ホールド、切替バルブ付マフラー
トランスミッションクロスレシオ化、デフ化変更、
トルセン製 高トルクバイアスレシオLSD、中空ドライブシャフト
リアモノブロック対向4Potキャリバ(GRMNロゴ入り)、大径リアブレーキローター
Rays製、軽量ホイール(専用デザイン GRMNロゴ入りセンターオーナメント)
ブリジストン ポテンザRE-71R(F 215/40R17 R 235/40R17)(専用スペック)
ボディーブレース追加

スペック 新型 GRMN 86
全長 4,290mm
全幅 1,775mm
全高 1,275mm
ホイールベース 2,570mm
エンジン 水平対向4気筒 直噴DOHC FA20改
最高出力 219ps/7,300rpm
最大トルク 21.1kgm/5200rpm
トランスミッション 6MT
駆動方式 2WD(FR)
価格 648万円

新型アクア GRスポーツについて

トヨタは新型アクアのマイナーチェンジモデルをベースにしており多少の燃費の向上が行われる。
エクステリアの変更も行われ、エアロなどの変更が行われイメージを一新する。

スペック 新型アクア GRスポーツ
全長 3,995mm
全幅 1,695mm
全高 1,455mm
ホイールベース 2,550mm
エンジン 1.5L 直列4気筒 DOHC+モーター
最高出力 74ps/4,800rpm
最大トルク 11.3kgm/3,600〜4,400rpm
モーター最高出力 61ps
モーター最大トルク 17.2kgm
トランスミッション CVT
JC08モード燃費 34.4~38.0km/L
価格 210万9,800円

新型プリウスα GRスポーツについて

プリウスα G`s同様に現行プリウスα S“ツーリングセレクション”(5人乗り/7人乗り)をベースにGR仕様にしたモデルとなる。

GR専用装備
アルミホイール(ハイグロスブラック塗装+切削光輝、タイヤサイズは225/45R18)
チューニングサスペンション
剛性アップパーツ・空力パーツ
フロントバンパー&ラジエーターグリル(ダークメッキ加飾/黒艶塗装)
LEDイルミネーションビーム
マフラー(大径バッフル/サウンドチューニング)
本革巻き4本スポークステアリングホイール(ディンプル+シルバーステッチ)
パワースイッチ(レッド/GRロゴ付)
フロントスポーティシート(GRエンブレム付)
センターレジスター&センタークラスター&ドアスイッチベース(ラメ入りピアノブラック塗装)
助手席側インストルメントパネル(シルバーダブルステッチ+クロームメッキモール+GRロゴ付メッキレバー)
センターメータ-(専用初期画面+タコメーター)

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

トヨタは2017年9月19日にGRスポーツシリーズを正式発表する。 9月19日13:00より記者発表会が行われた。 2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし 「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行する。 GRシリーズにラインナップさ...

TOYOTA GAZOO Racing
http://toyotagazooracing.com/jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事