レクサス 新型 LEXUS LSシリーズ フルモデルチェンジ Lexus Safety System+A 搭載 FCVモデルありLS500 / LS500h / “F SPORT” LF-FC 2017年10月19日発売

レクサスは新型のLSシリーズ( LS500 LS500h LS500F LF-FC)のフルモデルチェンジを行い2017年10月19日に発売した。

LS500
価格:980万円~1,540万円

LS500h
価格:1,160円万円〜1,640万円

「LS350」の商標が、日本の特許庁に登録されているのが発見されている。
日本でまず販売されるのは新グレードLS500 / LS500hがラインナップされる。

新型のLSシリーズ公式発表について


2017年3月7日から開催されるジュネーブ国際モーターショー2017にてLS500hを世界初公開した。

2016年12月9日にティーザー画像を公開。
2017年1月8日から開催された北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)2017で正式発表された。

2017年4月14日に開催されるニューヨークモーターショー2017にてLEXUS LS500F SPORTを初公開する。

第45回東京モーターショー2017(2017年10月25日(水)~11月5日(日))にて日本での正式発表する。

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_01.jpg
新型LS500h エクステリア

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_02.jpg

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_04.jpg

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_05.jpg

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_03.jpg

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_13.jpg
新型LS500h インテリア

LEXUS_LS_2018_9441.jpg
新型LSシリーズ

LEXUS_LS_2018_9442.jpg

Global Architecture-Luxury_0491
新型LSシリーズのティーザー画像

外観は2016年1月11日に開催したデトロイトモーターショー2016で
披露された新型 LEXUS LCのフロントフェイスに近いと予想される。

lexus-lc-500_2017_0391.jpg
新型 Lexus LC500

LEXUS LSシリーズについて

2006年まではトヨタ車のセルシオとして販売されており海外ではレクサスLSシリーズとし販売!!

日本ではレクサスLSは2006年9月から発売を開始。
ビックマイナーチェンジ(メジャーチェンジ)を2013年に行い、主要構成部品約6,000点のうち約半数を変更するなど、 実質的にはフルモデルチェンジに近い大幅な設計変更がなされたがエンジンなのどは変更しておらずやはりマイナーチェンジにすぎない。

そして11年目にしてフルモデルチェンジをする。

ライバルとなるのは当然メルセデスベンツSクラスだ。

ちなみに去年メルセデス・ベンツSクラスは8年ぶりにフルモデルチェンジを果たしている。

現行LEXUS LSシリーズラインアップと価格は以下の通り

4.6L V型8気筒DOHCエンジン搭載モデル
LS460 8,548,000円〜11,120,000円
LS460L 11,634,000円〜13,485,000円

5L V型8気筒DOHCエンジン+モーター搭載モデル
LS600h 10,811,000円〜12,868,000円
LS600hL 14,102,000円〜15,954,000円

LSシリーズは日本車で一番高い車であり、LS600hL、15,954,000円である!!

新型LEXUS LSシリーズについて

LEXUS_LS_2018_9443.jpg

ガソリンモデル、ハイブリッドモデルだけではなく、
東京モーターショー2015で発表された、FCV(燃料電池車)モデルを用意し、
他社にないプレミアムセダンとして生まれ変わる。

高級なだけではなくスポーティなイメージのものに路線を変更する。

新開発LEXUSプラットフォーム
「GA-L(Global Architecture for Luxury)」を採用

更に、新しいLEXUSプラットフォーム「GA-L(Global Architecture for Luxury)」 と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用し完全刷新する。

高い空力性能を実現するなど、現行モデルから大幅な進化を果たす。
またボディのねじり剛性が先代モデル比でかなり向上している!!

新開発GA-Lプラットフォームにより、低く構えたスタイリングを実現する。

Global-Architecture-for-Luxury.jpg
新プラットフォーム「Global-Architecture-for-Luxury」

先進の予防安全パッケージLexus Safety System+Aを搭載

新しいLEXUSインフォテイメントシステム(ジェスチャーコントロールなどを備えた)
予防安全パッケージLexus Safety System +に更に
半自律走行機能など、車両への追突、対歩行者、走路逸脱、交差点(出会い頭衝突)という、
深刻な事故につながる4つの事故形態をカバー
した最先端の安全運転支援システムLexus Safety System+Aを採用する。

自動操舵で衝突回避支援するプリクラッシュセーフティを世界で初めて採用
進行方向に歩行者が飛び出してきた場合に、車両前方のカメラで衝突の可能性を検知。 大型HUD(ヘッドアップディスプレイ)への表示により、従来の警報よりも早いタイミングからドライバーを危険な状態に近づけないよう注意喚起する。さらにカメラとミリ波レーダーの情報に基づき自動でブレーキをかけ、ブレーキだけでは回避できないとシステムが判断した場合、車線内の回避スペースを見つけて自動的に操舵制御し、歩行者との衝突回避を支援する。

Lexus Safety System+(進化版)

Lexus CoDrive
全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール
レーントレーシングアシスト
レーンチェンジアシスト

LEXUS_LS_2018_9445.jpg

LEXUS_LS_2018_9444.jpg

新型LEXUS LSシリーズのインテリアついて

ニュースリリースより

前席は、上部を水平基調のインストルメントパネル・ドアトリムで広がり感ある構成とし、下部は厚みのあるソフトなコンソール・アームレストにより、心地よい安心感を創出。上下で異なる空間構成とすることで、広がり感と安心感を両立した空間を実現している。また、運転席にはドライバーの体格を問わず高いホールド性を確保しながら、長時間座っていても快適であることを目指し、骨盤、大腿部、背中から肩、脇にかけて最適なサポート位置をきめ細かく設定できるシートとした。さらに、エアブラダ(空気袋)により背中から大腿部にかけて押圧するリフレッシュ機能も付与している。

後席は、人を包み込む連続性のある空間を目指し、ドアトリムやシートバックがシームレスにつながる構成とした。また、シートにはタッチパネルでヒーターやリフレッシュ機能を設定できるオットマン付きパワーシートを採用し、クラストップレベルのレッグスペースによる開放感と合わせ、くつろぎの空間を提供する。

LEXUS LS500のインテリア

LEXUS_LS_2018_9446.jpg

LEXUS_LS_2018_9447.jpg

LEXUS_LS_2018_9448.jpg

LEXUS_LS_2018_94561.jpg

LEXUS_LS_2018_94560.jpg

LEXUS LS500hのインテリア

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_14.jpg

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_15.jpg

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_17.jpg

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_18.jpg

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_16.jpg

新型LEXUS LSシリーズのサイズについて

全長:5,235mm
全幅:1,900mm
全高:1,450mm
ホイールベース:3,125mm

新型LEXUS LSシリーズラインアップ

新型LEXUS LSシリーズの気になるエンジンのラインアップは
LS460 の後継は
現行は4.6L V型8気筒DOHCエンジンだが
新型GSなどに搭載している3.5L V型6気筒エンジンを搭載しダウンサイジング化を図る。

LS350 新モデル

LS500 新モデル
新開発V型6気筒3.5Lツインターボエンジン
最高出力:421ps/5,200~6,000rpm
最大トルク:61kgm/1,600~4,800rpm
トランスミッション:10速AT

新型LEXUS LSシリーズ グレード・価格

LS500
LS500“EXECUTIVE ”
2WD(FR)15,000,000円
4WD 15,400,000円
LS500“version L”
2WD(FR) 13,200,000円
4WD 13,600,000円
LS500“F SPORT”
2WD(FR) 12,000,000円
4WD 12,100,000円
LS500“I package” 2WD(FR) 10,420,000円
4WD 10,820,000円
LS500
2WD(FR) 9,800,000円
4WD 10,200,000円

LS500h
LS500h“EXECUTIVE ”
2WD(FR) 16,400,000円
4WD 16,800,000円
LS500h“version L”
2WD(FR) 14,600,000円
4WD 15,000,000円
LS500h“F SPORT”
2WD(FR) 13,100,000円
4WD 13,500,000円
LS500h“I package”
2WD(FR) 11,800,000円
4WD 12,200,000円
LS500h
2WD(FR) 11,200,000円
4WD 11,600,000円

新型LEXUS LS500と現行LS460比較

スペック 新型LS500 LS460
全長 5,235mm 5,090mm
全幅 1,900mm 1,875mm
全高 1,450mm 1,465mm
ホイールベース 3,125mm 2,970mm
エンジン 新開発V型6気筒3.5L
ツインターボエンジン
V型8気筒4.6L エンジン
最高出力 421ps/5,200~6,000rpm 392ps/6,400rpm
最大トルク 61kgm/1,600~4,800rpm 51.0kgm/4,100rpm
トランスミッション 10速AT 8速AT
駆動方式 FR /AWD
JC08モード燃費 11km/L 8.3km/L
価格 980万円~1,540万円 854万8000円〜

マルチステージハイブリッドシステム

LS600hの後継は新型LS500hとなり新型LC500h同様に「マルチステージハイブリッドシステム」を採用。
現行よりも優れた燃費のハイブリッドモデルV6DOHC 3.5L+モーターも登場する!!

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_10.jpg
マルチステージハイブリッドシステム

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_11.jpg

LEXUS_LS_hybrid_500h_2018_08.jpg

LS500h
V型6気筒 3.5Lエンジン+モーター
最高出力:299ps(220kW)/6,600rpm
最大トルク:348Nm/4,900rpm
トータル最高出力:358ps(264kw)

新開発のダウンサイジングターボ、3.0L V型6気筒ツインターボエンジンも用意される!!

LEXUS LS500 F
新開発V型6気筒3.5Lツインターボエンジン
最高出力:421ps/5,200~6,000rpm
最大トルク:61kgm/1,600~4,800rpm
トランスミッション:10速AT

スポーツモデル「LEXUS LS F」用に
V8 DOHC 5.0Lツインターボエンジン
最高出力600hp

新型 LEXUS LSシリーズ グレードについて

LS500
ベースグレード
I Package
version L
EXECUTIVE

F SPORT

LS500h
ベースグレード 価格:1,120万円
I Package 価格:1,180万円
version L 価格:1,460万円
EXECUTIVE 価格:1640万円

F SPORT 価格:1310万円

新型 LEXUS LSシリーズ グレード 別装備について

ベースグレード
Lexus Safety System+
三眼フルLEDヘッドライト
乗降モード付き電子制御エアサスペンション(AVS機能付き)
パドルシフト付き本革巻きステアリング(ステアリングヒーター付き)
本革シート(前席シートヒーター&シートベンチレーション機能付き)
電動リアウィンドウサンシェード
パノラミックビューモニター
パーキングサポートアラート&パーキングサポートブレーキ
運転席20WAY・助手席18WAYパワーシート
レクサスクライメイトコンシェルジュ
パワートランクリッド
VDIM(アクティブステアリング制御付き)+LDH(LDHは2WDのみ)

I package
ベースグレードにプラス
Lexus Safety System+(進化版)
大型ヘッドアップディスプレイ(24インチ)
19インチランフラットタイヤ&アルミホイール(ハイパークロムメタリック塗装)

version L
I packageにプラス
後席シートクッションエアバッグ
前席イージーアクセスバックル
デジタルインナーミラー
キックオープン機能付きパワートランクリッド
ウルトラスエードルーフ/サンバイザー
電動リアドア・リアクォーターサンシェード
セミアニリン本革シート(前後席シートヒーター・前席シートベンチレーション機能付き)
フロントリフレッシュシート
18WAYリアパワーシート
レクサスクライメイトコンシェルジュ
リアマルチオペレーションパネル

EXECUTIVE
verison Lにプラス
リアクォーターガラス(Rカット・ソフトプライバシー機能付き・遮音タイプ)
助手席420mmロングシートスライド
助手席可倒式ヘッドレスト
22WAYリアパワーシート
温感リラクゼーション機能(後席左右)
電動オットマン(後左席)
リアクーラー
マークレビンソンリファレンス3Dサラウンドサウンドシステム
リアエンターテインメントシステム
クールボックス(LS500 EXECUTIVEのみ)

F SPORT
ベースグレードにプラス
F SPORT専用エクステリア
F SPORT専用内装
F SPORT専用液晶メーター
F SPORT専用本革・ウルトラスエードスポーツシート
F SPORT専用フロント6ポッド・リア4ポッドアルミモノブロックキャリパー
F SPORT専用スパイラルフィン式ベンチレーテッドディスクブレーキ
Lexus Safety System+(進化版)
大型カラーヘッドアップディスプレイ(24インチ)
28WAYフロントパワーシート(前後席シートヒーター&前席シートベンチレーション機能付き)
キックオープン機能付きパワートランクリッド
ウルトラスエードルーフ/サンバイザー
20インチランフラットタイヤ&アルミホイール(ダークプレミアムメタリック塗装)

新型 LEXUS LSシリーズ ボディカラー全13色について

ソニッククォーツ(085)※1
ソニックシルバー(1J2)
ソニックチタニウム(1J7)
マンガンラスター(1K2)
ブラック(212)
グラファイトブラックガラスフレーク(223)
レッドマイカクリスタルシャイン(3R1)
ソニックアゲート(3U3)
スリークエクリユメタリック(4U7)※1
アンバークルスタルシャイン(4X2)
ディープブルーマイカ(8X5)※1
ホワイトノーヴァガラスフレーク(083)※1
ヒートブルーコントラストレイヤリング(8X1)

※1 F SPORTには選択不可

新型 LEXUS LSシリーズ インテリアカラーについて

ベースグレード
ブラック
アイボリー

I package
シャドー
ブラック
アイボリー
トバーズブラウン

F SPORT
ホワイト
ブラック&ホワイトグレー
フレアレッド

version L
ホワイト
ブラック
アイボリー
トバーズブラウン
ノーブルブラウン

EXECUTIVE
ホワイト
ブラック
クリムゾン&ブラック
キャラメル
ブラウン

新型LEXUS LSの今後の展開について

LSは、レクサスのフラグシップセダンとして販売されているセダンであり、今後数多くの展開をしていくことになる。

新型LEXUS LS FCV 水素燃料電池車

LF-FC_9483.jpg
東京モーターショー2015で披露予定の新型LS画像。 LF-FC concept

そして、2020年開催の東京オリンピックに合わせて水素燃料電池ドライブトレインを搭載した バージョン燃料電池車FCVモデルがある。

LF-FCである。

「LF」は、レクサスのコンセプトカーに共通するキーワードであり、
レクサス・フューチャー(Lexus Future)を意味。「FC」は、燃料電池車(Fuel Cell)を表す。

LF-FC_94891.jpg

トヨタのMIRAIと同じ仕組みを採用することだろう。
CFRP製のリムを備えた21インチのアルミニウムホイールを採用している。
2015年10月28日東京モーターショー2015で初披露した。!!

FCV_MIRAI_04.jpg
トヨタMIRAI

FCV_MIRAI_02.jpg

LEXUSとし初のミラーレス車をラインナップ!!
ドアミラーをオプション設定する!!

LF-FC conceptの画像では正にミラーレス車となっている!!
国土交通省 ミラーレス車 カメラ代用で公道走行可能へ 2016年にもカメラとモニターの代用が可能に!!

LEXUS_LS_2018_9449.jpg

LEXUS_LS_2018_9450.jpg

LEXUS_LS_2018_9451.jpg

LEXUS_LS_2018_9452.jpg

LEXUS_LS_2018_9453.jpg

LEXUS_LS_2018_9454.jpg

LEXUS_LS_2018_9455.jpg

LEXUS_LS_2018_9456.jpg

LEXUS_LS_2018_9457.jpg

LEXUS_LS_2018_9458.jpg

LEXUS_LS_2018_9459.jpg

既に海外では数多くテストカーが走行しており、スパイショットも数多く取られている!!

Lexus LS_2017_8471
新型LEXUS LS テストカー

BMWと共同開発中の「LEXUS SC」とをいくつか共通化するとも言われている。

lexus-lf-lc-blue_007.jpg
LEXUS SCコンセント

スペック 新型LS500 LS500h
全長 5,235mm
全幅 1,900mm
全高 1,450mm
ホイールベース 3,125mm
エンジン 新開発V型6気筒3.5L
ツインターボエンジン
V型6気筒 3.5L
エンジン+モーター
最高出力 421ps/5,200~6,000rpm 299ps/6,600rpm
最大トルク 61kgm/1,600~4,800rpm 348Nm/4,900rpm
トータル最高出力 358ps
トランスミッション 10速AT CVT
駆動方式 FR /AWD (E-Four)
JC08モード燃費 11km/L 17km/L
価格 1100万円〜 1200万円〜

今後情報が入り次第お伝え致します。

LEXUS
http://lexus.jp/models/ls/

LEXUSは、米国・デトロイトで1月8日(日)から開催されている2017年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)において、フラッグシップセダンの新型LSを世界初披露した。5代目となる新型LSは、1989年に発表され、高級車の新たな基準となった初代モデル以来継承されている滑らかでパワフルな走りや、圧倒的な静粛性...

ソース
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-324.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事