レクサス 新型 LS マイナーチェンジ LF-FC「LS+ Concept」自動運転技術「Highway Teammate」採用 第45回東京モーターショー2017 世界初公開 2020年発売

レクサスは新型LSのマイナーチェンジを行い2020年に発売する。

第45回東京モーターショー2017(2017年10月25日(水)~11月5日(日))にてLS+ Conceptで発表した。

レクサス 新型LS マイナーチェンジモデル

LSは、レクサスのフラグシップセダンとして販売されているセダンであり、今後数多くの展開をしていくことになる。

東京モーターショー2017で披露する「LS+ Concept」は将来のLSを示唆するコンセプトカーとして、LEXUSのデザインフィロソフィー「L-finesse」に基づいた次世代デザインの方向性を示すとともに、フラッグシップとしての威厳ある表情を創出。
また、大型グリルシャッターにより冷却性能と空力性能を両立させ、より大胆に進化したスピンドルグリルのほか、一部の光源にレーザーを用いた灯火類や電子アウターミラーなどにより、LEXUSならではの先見性も表現している。

これによりエクステリアはよりデザインを大胆に進化させる。

LEXUSとし初のミラーレス車をラインナップ

ドアミラーをオプション設定する。
LF-FC concept、LS+ Conceptの画像では正にミラーレス車となっている。
国土交通省 ミラーレス車 カメラ代用で公道走行可能へ 2016年にもカメラとモニターの代用が可能に。

最先端の自動運転技術 Highway Teammateを採用

自動運転技術で全ての人が、安全、スムーズ、自由に移動できることを追求。具体的には、2020年の実用化を見据えた自動運転技術「Highway Teammate」を採用し、自動車専用道路において入口ランプウェイから出口ランプウェイまで自動走行することを可能としている。実際の交通状況に応じて車載システムが適切に、認知・判断・操作することにより、自動車専用道路での合流、レーンチェンジ、車線・車間維持、分流などを実現した。

クルマとデータセンターを通信でつなぎ、ソフトウェアを更新することで機能の追加を図るほか、道路や周辺データなどのビックデータを用いて学習させた人工知能(AI)により、高性能な自動運転を実現し、ともに成長する新しい時代の愛車像を提案する。

新型LEXUS LS FCV 水素燃料電池車


東京モーターショー2015で披露予定の新型LS画像。 LF-FC concept

そして、2020年開催の東京オリンピックに合わせて水素燃料電池ドライブトレインを搭載したバージョン燃料電池車FCVモデルがある。

LF-FCである。

「LF」は、レクサスのコンセプトカーに共通するキーワードであり、レクサス・フューチャー(Lexus Future)を意味。「FC」は、燃料電池車(Fuel Cell)を表す

トヨタのMIRAIと同じ仕組みを採用することだろう。
CFRP製のリムを備えた21インチのアルミニウムホイールを採用している。
2015年10月28日東京モーターショー2015で初披露した。


トヨタMIRAI

LEXUSとし初のミラーレス車をラインナップ。
ドアミラーをオプション設定する。

LF-FC conceptの画像では正にミラーレス車となっている。
国土交通省 ミラーレス車 カメラ代用で公道走行可能へ 2016年にもカメラとモニターの代用が可能に。

レクサス 新型 LSシリーズについて

2017年3月7日から開催されるジュネーブ国際モーターショー2017にてLS500hを世界初公開した。
2016年12月9日にティーザー画像を公開。
2017年1月8日から開催された北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)2017で正式発表された。
2017年4月14日に開催されるニューヨークモーターショー2017にてLEXUS LS500F SPORTを初公開する。
2017年10月19日に11年目にしてフルモデルチェンジを行い新型LS500 / LS500hの発売を開始。


新型LS500h

新しいLEXUSプラットフォーム「GA-L(Global Architecture for Luxury)」 と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用し完全刷新する。

高い空力性能を実現するなど、現行モデルから大幅な進化を果たす。
またボディのねじり剛性が先代モデル比でかなり向上している。
新開発GA-Lプラットフォームにより、低く構えたスタイリングを実現する。
先進の予防安全パッケージLexus Safety System+Aを搭載

新型LEXUS LS500と現行LS460比較

スペック 新型LS500 LS500h
全長 5,235mm
全幅 1,900mm
全高 1,450mm
ホイールベース 3,125mm
エンジン 新開発V型6気筒3.5L
ツインターボエンジン
V型6気筒 3.5L
エンジン+モーター
最高出力 421ps/5,200~6,000rpm 299ps/6,600rpm
最大トルク 61kgm/1,600~4,800rpm 348Nm/4,900rpm
トータル最高出力 358ps
トランスミッション 10速AT CVT
駆動方式 FR /AWD (E-Four)
JC08モード燃費 11km/L 17km/L
価格 1,160円万円〜1,640万円 1200万円〜

新型LEXUS LS500と現行LS460比較

スペック 新型LS500 LS460
全長 5,235mm 5,090mm
全幅 1,900mm 1,875mm
全高 1,450mm 1,465mm
ホイールベース 3,125mm 2,970mm
エンジン 新開発V型6気筒3.5L
ツインターボエンジン
V型8気筒4.6L エンジン
最高出力 421ps/5,200~6,000rpm 392ps/6,400rpm
最大トルク 61kgm/1,600~4,800rpm 51.0kgm/4,100rpm
トランスミッション 10速AT 8速AT
駆動方式 FR /AWD
JC08モード燃費 11km/L 8.3km/L
価格 980万円~1,540万円 854万8000円〜

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://lexus.jp/pressrelease/news/20171025.html

レクサスは新型LSのマイナーチェンジを行い2020年に発売する。 第45回東京モーターショー2017(2017年10月25日(水)~11月5日(日))にてLS+ Conceptで発表した。 レクサス 新型LS マイナーチェンジモデル LS...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事