トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入

トヨタは、2015年に導入を開始した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を、更なる事故低減への寄与を目指し第2世代システムに進化させ、2018年より順次、各車に導入すると発表した。

この 第2世代版 Toyota Safety Senseを初導入するのはマイナーチェンジする新型アルファード・ヴェルファイアだ。

第2世代の次世代Toyota Safety Senseについて

トヨタニュースリリースより
2018年から導入する第2世代の「Toyota Safety Sense」では、現在の「Toyota Safety Sense P」で採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、以下の進化により、事故の防止や交通事故死傷者の更なる低減と、ドライバーの負荷軽減を目指す。

変更内容
カメラ・レーダーの性能向上等により、検知対象を拡大し、機能を向上
高度運転支援機能・レーントレーシングアシスト(LTA)を採用
ユニットを小型化し、搭載性を向上

検知対象の拡大と機能向上
PCSに「夜間歩行者」、「自転車運転者」を新たに検知対象として追加
従来のシステムでは検知できなかった「夜間歩行者」、「自転車運転者」の検知機能を追加することにより、重大事故の原因を、より広くカバー。

「ロードサインアシスト(RSA)」の導入
カメラが主要な道路標識を読み取りインストルメントパネル内に表示
制限速度や一時停止、進入禁止、はみ出し禁止などの交通規制の見落とし軽減に寄与し、安全運転をサポート。

高度運転支援機能のレーントレーシングアシスト(LTA)採用
ドライバーの負担低減・利便性向上等のため、レーントレーシングアシスト(LTA)を採用。
レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、ドライバーのステアリング操作をアシストする。レーダークルーズコントロールの機能と相まって、自動車専用道路等でのドライバーの負担を軽減し、より余裕を持った運転に寄与。
同時に、LTAは「レーンディパーチャーアラート(LDA)」の機能も有し、白線の無い直線道路でも道路端を認識することにより、路外逸脱の警報と、回避操舵のアシストを実施。

トヨタニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/19957475

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事