トヨタ 新型 シエンタ ハイブリッド マイナーチェンジ Toyota Safety Sense 標準搭載 2018年9月11発売

トヨタ

トヨタは新型シエンタのマイナーチェンジを行い2018年9月11日に発売を開始した。
全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店とモデリスタ店を通じて発売。

価格:177万6,600円~253万2,600円

約3年でのマイナーチェンジを行うシエンタはエクステリアの、フロント、リア、アルミのデザイン意匠変更が行われ最新のデザインを採用する。ツートンカラーが新たに新設、2列シート5人乗り仕様を追加設定。ハイブリッド車、ガソリン車2WDの6人乗りを廃止。
2017年8月1日から販売された特別仕様車”G Cuero”は廃止となり、標準グレード化。

トヨタは新型シエンタのマイナーチェンジモデル

約3年でのマイナーチェンジを行うシエンタはエクステリアの、フロント、リア、アルミのデザイン意匠変更が行われ最新のデザインを採用する。テールランプデザインを変更、フォグランプをLEDに変更。ボディカラーにツートンカラーが新たに新設、更に新色を追加。

現行は6人乗り、7人乗り設定(車いす仕様車は5人乗り)マイナーチェンジで2列シート5人乗り仕様を追加設定。
インテリアの仕様も変更が行われ、質感やデザインを一部変更する。
USB端子(充電用2個)、後席用アクセサリーソケット、ステアリングヒーター、パワースライドドア予約ロック機能、オート電格式アウターミラーを採用。 9インチナビ対応。(ディーラーオプション T-Connectナビ 9インチモデルを追加)

更に、今回のマイナーチェンジ(一部改良) を行い次世代のToyota Safety Sense 全車に標準装備する。 従来までの「Toyota Safety Sense P/C」の名称を「Toyota Safety Sense」に統一した衝突回避支援パッケージ、昼間の歩行者も検知可能となる「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)」を採用。これによりインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)オプション装着車は「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。

マイナーチェンジではエンジンやシャーシを見直し、燃費改善が行われる。
これによりJC08モード燃費27.2km/LからJC08モード燃費28.8km/Lに向上する。

2016年9月16日発売した新型フリードと新型シエンタを比較しても燃費は同様の27.2km/Lであるがマイナーチェンジによりシエンタが一歩リードすることになる。

Toyota Safety Sense の主な特長

レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。

トヨタセーフティセンスのプリクラッシュブレーキでは、歩行者との相対速度が約30km/h以内の場合に衝突回避を支援し、車両の場合だと10km/h~最高速の幅広い速度域で作動する。

昼間の歩行者も検知対象に加えた 衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーンディパーチャーアラート(LDA)
オートマチックハイビーム(AHB)
インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)

ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、PCSに歩行者検知機能を付加。対歩行者の衝突回避支援/被害軽減を可能にするとともに、レーダークルーズコントロールも装備する。

(昼間)歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ (PCS)
ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避を支援。また、車両に対しては、10km/h~最高速の幅広い速度域で作動し、例えば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合には約40km/hの減速が可能。 レーンディパーチャーアラート(LDA)  カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB)
カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)
アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。低速走行時(15km/h以下)に進行方向にある静止物を検知している場合、ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかける。

ドライブスタートコントロール
シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与。

先行車発進告知機能
信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。

緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式)
急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。

クルーズコントロール (上級グレードに標準装備)
パノラミックビューモニター

新型シエンタ グレード 価格について

ガソリン車 7人乗り 3列シート

X
2WD 価格:1,816,560円
G
2WD 価格:2,020,680円
G Cuero
2WD 価格:2,172,960円

ガソリン車 6人乗り 3列シート

X
4WD 価格:1,958,040円
G
4WD 価格:2,162,160円
G Cuero
4WD 価格:2,314,440円

ガソリン車 5人乗り 2列シート

FUNBASE X
2WD 価格:1,776,600円
FUNBASE G
2WD 価格:1,958,040円

ハイブリッド車 7人乗り/5人乗り(FUNBASE)

X
2WD 価格:2,226,960円
FUNBASE X
2WD 価格:2,187,000円
G
2WD 価格:2,380,320円
FUNBASE G
2WD 価格:2,340,360円
G Cuero
2WD 価格:2,532,600円

G車いす仕様車(タイプⅠ)“助手席側セカンドシート付”でしか5人乗りを選択できなかったが今回のマイナーチェンジで5人乗りを選択可能となった。ハイブリッド車、ガソリン車2WDの6人乗りを廃止。6人乗りを選択したい場合はガソリンモデルの4WDを選択することになる。

2列目のシートを倒すとフラットで最大荷室長2065mmの大容量ラゲッジとなる。(26インチのマウンテンバイク2台の積載、車中泊なども可能だ。)

フリードとシエンタ比較

スペック 新型新型 フリード/フリード+
ハイブリッド
新型シエンタ ハイブリッド
全長 4,265mm 4,235mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 1,750mm 1,675mm
ホイールベース 2,750mm 2,750mm
エンジン 直列4気筒1.5L i-VTEC+モーター 直列4気筒1.5L DOHC +モーター
最高出力 110ps/6,000rpm 74ps/4,800rpm
最大トルク 13.7kgm/5,000rpm 11.3kgm/3,600—4,400rpm
モーター最大出力 29.5ps/1,313~2,000rpm 61ps
モーター最大トルク 16.3kgm/0~1,313rpm 17.2kgm
システム最大出力 132ps/6,600rpm 100ps
駆動方式 2WD(FF)/4WD 2WD(FF)
乗車定員 6〜7名 5〜7名
JC08モード燃費 26.6〜27.2km/L 28.8km/L
価格 225.6万円〜 218万7,000円〜

最新自動車情報2018調べ

シエンタについて

初代 P8#G型 2003年9月29日 発売
プラットフォームはフロントがCP20系ファンカーゴ用のNBCプラットフォーム、2列目・3列目シートを内包し負荷のかかるリヤはE120系カローラスパシオ用のMCプラットフォームと、前後で異なるプラットフォームが使用されている。

2001年デビューのホンダ・モビリオ、シエンタと同じく2003年デビューの日産・キューブキュービックに続くサブコンパクトサイズのミニミニバン。ボディサイズは小型だが3列シートを備え、7人乗車を可能としている。

2011年5月19日 マイナーチェンジ
2015年7月生産および販売終了。

2代目 P17#G型 2015年7月9日発表
12年ぶりのモデルチェンジ
プラットフォームは、フロントにアクア用のBプラットフォーム、リヤにはウィッシュ(2代目)用のMCプラットフォームを低床化した物を使用している。

ハイブリッドモデルは低燃費でJC08モード燃費27.2km/Lになる。
もちろんエコカー減税対象車で所得税と重量税は100%免除となる。
衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C 」を全車にメーカーオプション設定。

スタイリッシュな顔立ちを残しつつ、3列シート&5ナンバーサイズ&ハイブリッドモデルとイイところを兼ね備えたモデルになった。
スライドドア部分の乗り込み高さは2WD車で330mmと先代よりも開閉サイズを拡大し乗り降りをしやすくした。 従来型比で55mm低くし、ドア実開口幅も50mm拡大した665mmになった。

メーターパネルは4.2インチTFTカラー液晶を装備。

2017年8月1日に特別仕様車”G Cuero”をGグレードに追加する。

シートやステアリングに革を使った特別仕様車となる。
シート表皮に、合成皮革と上級ファブリックを組み合わせ、上質感を高め、シート、シフトノブ、ステアリングホイールの随所にオレンジのステッチを施し、おしゃれな室内空間を演出。

更に、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」、視認性を高めるスタイリッシュなLEDランプパッケージ、先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ドライバーにお知らせする先行車発進告知機能などを特別装備。

特別仕様車”G Cuero”

スペック 新型 シエンタ ハイブリッド
全長 4,235mm
全幅 1,695mm
全高 1,675mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 1NZ-FXE直4DOHC+モーター
排気量 1,496㏄
最高出力 74ps/4,800rpm
最大トルク 11.3kgm/3600~4,400rpm
システム出力 100ps
JC08モード燃費 27.8km/L
価格 222~233万円

今後、新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

トヨタ 新型 シエンタ ハイブリッド マイナーチェンジ Toyota Safety Sense 標準搭載 2018年9月11発売
トヨタは新型シエンタのマイナーチェンジを行い2018年9月11日に発売を開始した。 全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店とモデリスタ店を通じて発売。 価格:177万6,600円~253万2,600円 2代目 新型 シエンタ 後期 約3年でのマイナーチェンジを行うシエンタはエ...

トヨタニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/17967698/
シエンタ
http://toyota.jp/sienta/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報