日産 インフィニティ 2021年よりにEVと「e-POWER」を投入 2025年まで半数以上を電動化車両になる

日産

日産のCEOである西川廣人氏は、Automotive News World Congress にて、インフィニティブランドで、2021年以降に電動パワートレインを搭載した新型車を投入すると2018年1月16日発表した。

ニュースリリースより
インフィニティの新型車は、2018年1月14日(日)~1月28日(日)に開催される北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)2018で新しいインフィニティセダンの「Q Inspiration concept」の様な美しいデザインを採用し更に現行パワートレインを進化させた全く新しいレベルの電動走行を提供する。


Q Inspiration concept

100%電気自動車(EV)と電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した車両の両タイプを発売することで、日産のプレミアムブランドであるインフィニティにも低排出ガス技術を全面的に導入。

独自技術であるインフィニティの「e-POWER」は、小型ガソリンエンジンを使用して高出力バッテリーを充電する技術。外部充電が不要なため、ガソリン車のような利便性と100%モーター駆動ならではの走行を可能。

インフィニティは、低排出ガス技術の導入を重点的に進めることで、2025年までに、グローバル販売台数の半数以上が電動化車両になると見込でいるという。

 

日産 インフィニティ 2021年よりにEVと「e-POWER」を投入 2025年まで半数以上を電動化車両になる
日産のCEOである西川廣人氏は、Automotive News World Co...

日産ニュースリリース
https://newsroom.nissan-global.com/releases/180117-01-j
日産
http://www.nissan.co.jp/

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報