メルセデス・ベンツ 新型 メルセデス・マイバッハ Sクラス マイナーチェンジ ジュネーブモーターショー2018公開

メルセデスベンツ

メルセデスベンツは新型メルセデス・マイバッハ Sクラスのマイナーチェンジを行い2018年に発売する。

2018年3月6日~3月18日に開催されるジュネーブモーターショー2018で新型メルセデス・マイバッハ Sクラスを世界初公開する。

新型メルセデス・マイバッハ Sクラス マイナーチェンジモデルについて

マイナーチェンジモデルは、フロントグリルのデザイン変更。
2トーンのボディカラーを設定、20インチマルチスポークホイールを採用する。

 

インテリアにはブラウン/ブラックもしくはベージュ/ブラックの2色を採用する。

先進運転支援システム「インテリジェントドライブ」

超音波センサーにより自車の周囲を常に監視する複合的なセンサーシステムで、先行車両、横切る車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出し状況を判断、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストすることでドライバーの負担を軽減し安全性と快適性を向上させる。

先行車との車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」は、自動再発進機能も新たに備え、停止後 30 秒以内であればドライバーはアクセルを踏まなくても自動的に発進するようになりました。操作方法においてもステアリング上にスイッチを配置したことで、より直接的に操作機能ができるようになっている。
「アクティブステアリングアシスト」も強化され、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも周囲の車両やガード゙レール等を検知しステアリングアシストを行います。高速道路上での車線変更をアシストする「アクティブレーンチェンジングアシスト」により、ウインカーを操作すると、行き先の車線に車両がいないことをシステムが確認し、自動で車線を
変更。

緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFE®サウンド」などの新機能を採用したほか、歩行者に加え交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動する「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛出し検知機能付)」も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現した。

メルセデス・マイバッハ
全長:5,462mm
全幅:1,899mm
全高:1,498mm
ホイールベース:3,365mm

メルセデス・マイバッハ S 650
V型12気筒 6.0L エンジン
最大出力:最高出力463kW/630PS
最大トルク:1000Nm/102.0kgm
トランスミッション:7速AT
駆動方式:FR

メルセデス・マイバッハ S 560 / メルセデス・マイバッハ S 560 4MATIC
V型8気筒 4.0L 直噴ツインターボエンジン
最高出力:345kW/469PS
最大トルク:700Nm/71.4kgm
トランスミッション:9速AT
駆動方式:FR / 4MATIC (4WD)

メルセデス・マイバッハ Sクラスについて

メルセデス・ベンツは新型Sクラスのマイナーチェンジを行い2017年7月ヨーロッパで発売を開始する。
その後、各国で販売を順次開始する。日本では2017年8月9日 受注開始。
ハイパフォーマンスモデルAMG「S63」「S65」や「メルセデス・マイバッハ Sクラス」も同時に改良を行った。
日本では新型「メルセデス・マイバッハ Sクラス」を2017年9月8日発表した。
予約注文を受付開始、2017年9月より順次納車を開始する。
(メルセデス・マイバッハ S 560、メルセデス・マイバッハ S 650 は本年12月頃の納車を予定だ。)
価格:2253万円~2761万円

メルセデスベンツ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報