三菱 新型 ランサーエボリューションX ファイナルエディション 史上最強!! 480ps !?

三菱はランサーエボリューションXの最終モデルの開発を進めている。

2015年1月9日に行われた「東京オートサロン2015 with NAPAC」でコンセプトモデルが出展された。

5速マニュアルトランスミッションを搭載した「GSR」をベースとし、精悍さを引き立てるマットブラックのボディに、アクセントとしてルーフやリヤスポイラーなどを光沢のあるグロスブラックとしたほか、フロントグリルのフレームはダーククロームメッキに。インテリアでは、シートにスポーティなレッドのステッチをあしらった。

性能面では、HKS製のスポーツタービン、吸排気系パーツ、燃料系パーツ、冷却系パーツ、ECUを採用し、HKSのチューニングノウハウを活かして最高出力480馬力を発揮。アルミホイールは鍛造ワンピース工法で軽量・高剛性のRAYS製「VOLK RACING G25」、タイヤはレーシングテクノロジーを注ぎ込んだハイグリップのYOKOHAMA製「ADVAN NEOVA AD08R」を採用(いずれも19インチ)。ハイパワー&ハイグリップを余すことなく引き出し、胸のすくようなドライブフィールを提供するHKS製車高調整式スポーツサスペンション「HIPERMAX MAX4 SP」を採用。

期間限定で発売すると言われている。

LanEvo_finaledition_01

スペック 新型 ランサーエボリューションX ファイナルエディション
全長 4,495mm
全幅 1,810mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,650mm
エンジン 直4 DOHC 2L インタークーラーターボ
最高出力 480ps
最大トルク 62.0kgm
車両重量 1,600kg
トランスミッション 6速ツインクラッチSST
JC08モード燃費 10km/L
価格 510万円

新しい情報が入り次第お伝え致します。

三菱ランサーエボリューションX スペシャルサイト
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/evo/special/final/info/

ソース

三菱はランサーエボリューションXの最終モデルの開発を進めている。 2015年1月9日に行われた「東京オートサロン2015 with NAPAC」でコンセプトモデルが出展された。 5速マニュアルトランスミッションを搭載した「GSR」をベースとし、精悍さを引き立てるマットブラックのボディに、アクセントとしてルー...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事