トヨタ 新型 カローラスポーツ オーリス GR SPORT 2018年発売?!

トヨタ

トヨタはスポーツモデルとなる新型カローラスポーツ オーリス GR SPORTを2018年追加し発売を開始する予定だ。

新型カローラスポーツ オーリス GR スポーツはフルモデルチェンジをベースにG`sモデルの流れを引き継いだモデルだ。

新型カローラスポーツ オーリス GR SPORTについて

エクステリアの変更も行われ、エアロなどの変更が行われイメージを一新する。

新型カローラスポーツ オーリス GR SPORT 予想について

エクステリア
専用フロントバンパー/専用ラジエーターグリル(スモークメッキ加飾+ブラック塗装)
専用サイドマッドガード
サイドターンランプ付オート電動格納式リモコンドアミラー(ブラック)
Bi-Beam LEDヘッドランプ(ダークスモークエクステンション加飾)
専用リヤコンビネーションランプ(ブラックエクステンション加飾)
専用リヤバンパー
GR SPORT専用エンブレム(フロント・サイド・リヤ)
トヨタエンブレム(アクリル+ブラック)
専用リヤルーフスポイラー
専用LEDイルミネーションビーム

インテリア
専用フロントスポーティシート(GRエンブレム付+シルバーダブルステッチ付+パーフォレーション付〈メイン表皮:ブランノーブ®/サイド表皮:合成皮革〉)
アームレスト付センターコンソールボックス(シルバーステッチ付)
専用スタートスイッチ(GRロゴ付)
インパネ助手席オーナメント(合成皮革巻き+シルバーステッチ)
カップホルダーリング(クロームメッキ加飾)
フロントドアスピーカーリング(クロームメッキ加飾)
フロントパワーウインドゥスイッチベース(ピアノブラック塗装+クロームメッキ加飾)
ブラックインテリア(ルーフ、ピラーガーニッシュ、アシストグリップ、サンバイザー)
専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール
専用TFTタコメーター
専用本革巻きシフトノブ(ダークスモーク加飾+シルバーステッチ+GRロゴ付)
アルミペダル(アクセル・ブレーキ)

専用装備
専用剛性アップパーツ (スポット溶接打点追加(ロッカーフランジ・ドアオープニング)、リヤバンパーリインフォース)
アブソーバー&ばね特性チューニング
アルミテープ
専用チューニング電動パワーステアリング
(ロアアーム、フロントサスペンションメンバー後端ブレース、フロアセンターブレース)
専用ブレーキキャリパー(ホワイト塗装/GRロゴ付〈フロント〉)
ローダウン&専用チューニングサスペンション

など

新型オーリスについて

トヨタは新型オーリス / オーリスハイブリッドの3代目となるフルモデルチェンジを行い日本では新型カローラスポーツとして2018年5月発売する。

同時期にトヨタ 新型 カローラ フィルダー/アクシオもフルモデルチェンジをする。

2018年3月6日~3月18日に開催されるジュネーブモーターショー2018にて新型オーリス フルモデルチェンジモデルを世界初公開した。

 

新型オーリスについて

丸5年でのフルモデルチェンジを果たす、今回はもちろん、2015年12月9日に発売が開始された新型プリウスに採用されている物をベースに開発が進んでいる。

TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。

高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。


TNGA(Toyota New Global Architecture)

更に、ボディサイズも現行よりも若干大きくなり更に広い室内空間となり内装周りも現行よりも豪華な仕様となりそうだ!!

2.0L トヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)

4代目プリウスに採用された小型・軽量・低損失化技術を継承し、エンジンも新しく小型化されたTHSⅡであれば全体の質量的にも問題がなく採用する。

新型 直列4気筒2.0L直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」の熱効率や新型無段変速機(CVT)「Direct Shift-CVT」トランスミッションの伝達効率を向上させることで、パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。 これにより、燃費を劇的に向上させることが可能だ!!

新型 直列4気筒2.0L直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」

新型エンジンは、高速燃焼技術、可変制御システムの採用のほか、排気・冷却・機械作動時などの様々なエネルギーロスを少なくして熱効率を向上させるとともに高出力を実現。その結果、新開発の2.0Lガソリン車用エンジン・ハイブリッド車(HV)用エンジンは、それぞれ、世界トップレベルの熱効率40%・41%を達成した。また、従来型エンジンに比べて、低回転から高回転まで全域でトルクアップを実現すると同時に、各国の排気規制にも先行して対応した。

新型E-Four 4WDシステム「Dynamic Torque Vectoring AWD(ダイナミックトルクベクタリングAWD)」

さらなる燃費向上と、4WDでの高い操縦安定性、走破性を目指し、新しい4WDシステムを開発。

エンジン車に採用する新システム「Dynamic Torque Vectoring AWD(ダイナミックトルクベクタリングAWD)」では、走行状況に応じてリヤのトルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」を採用することで、ドライバーの思い通りの旋回性能と、高い悪路走破性を実現。
また、前後輪の車輪軸に世界初の「ラチェット式ドグクラッチ」を備えることで、2WD走行時には、後輪に動力を伝達させる駆動系の回転を停止させて損失を大幅に低減し、燃費向上をはかる「ディスコネクト機構」を採用。

ハイブリッド車に採用する「新型E-Four」においては、電気で駆動する後輪の全体トルクを従来型の1.3倍に増加させた上で、走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分する新制御を採り入れ、高い走破性と優れた操縦安定性を実現しました。

さらに、「Dynamic Torque Vectoring AWD(ダイナミックトルクベクタリングAWD)」、「新型E-Four」双方に、エンジン、トランスミッション、ブレーキ、4WDを統合して制御する「AWD Integrated Management(AIM)」を採用し、路面を問わない高い操縦安定性を確保している。

新型無段変速機(CVT)「Direct Shift-CVT」

トランスミッションの基本性能である「伝達効率の向上」と「エンジン高効率領域の活用」、「高応答変速」を強化するため、「機械損失低減」と「ワイドレンジ化」、「変速追従性向上」を目指し、ダイレクトでスムースな走りと現行比+6%の優れた燃費性能を実現。

新型オーリス エンジンラインナップ 仕様について

ハイブリッドモデルは2つランナップし、新しい直列4気筒2.0L直噴エンジン「Dynamic Force Engine」モーター(新THSⅡ) システム最大出力:182psもしくは 直列4気筒1.8L エンジン +モーター(THSⅡ)システム出力:90kW(122ps)だ。

直列4気筒2.0L直噴エンジン「Dynamic Force Engine」 +モーター(新THSⅡ)
最高出力:107ps/6,000rpm
最大トルク:180Nm/4,400rpm
モーター最大出力:80kw(109ps)
モーター最大トルク:202Nm(20.6kgf・m)
システム最大出力:182PS
トランスミッション:Direct Shift-CVT
駆動方式:FF/4WD(E-Four)
バッテリー(容量):ニッケル水素バッテリー (6.5Ah)
JC08モード燃費:35.0km/L(現行30.4km/L)

直列4気筒1.8L エンジン +モーター(THSⅡ)
最高出力:72kW(98ps)/5,200rpm
最大トルク:142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
フロントモーター最大出力:53kW(72ps)
フロントモーター最大トルク:163Nm(16.6kgm)
リアモーター最大出力:5.3kW(7.2ps)
リアモーター最大トルク:55Nm(5.6kgm)
システム出力:90kW(122ps)

直列4気筒2.0L直噴エンジン「Dynamic Force Engine」
最高出力:126ps/6,600rpm
最大トルク:205Nm/4,800rpm
トランスミッション:Direct Shift-CVT
駆動方式:FF/4WD
JC08モード燃費:21.0km/L

もちろん、現行モデル同様にダウンサイジング化し直噴化した1.2Lターボモデルもラインナップされる。

直列4気筒 1.2L DOHC 直噴ターボエンジン
最大出力:116ps/5,200-5,600rpm
最大トルク:18.9kgm/1,500-4,000rpm
トランスミッション:6MT/CVT
駆動方式:FF/4WD
JC08モード燃費:20.0km/L(現行19.4km/L)

第2世代の次世代Toyota Safety Sense Pを全車標準搭載。

更に、Toyota Safety Sense Pについては改良が施され、細かな調整がされより安全技術が向上する。

第2世代の次世代 Toyota Safety Sense Pの主な特長

トヨタセーフティセンスPのプリクラッシュブレーキでは、歩行者との相対速度が約30km/h以内の場合に衝突回避を支援し、車両の場合だと10km/h~最高速の幅広い速度域で作動する。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーンディパーチャーアラート(LDA)
オートマチックハイビーム(AHB)or アダプティブハイビームアシスト(AHS)(新機能)

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーダークルーズコントロール
レーントレーシングアシスト(LTA)(新機能)
ロードサインアシスト(RSA)(新機能)
先行者発進告知(新機能)

ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、PCSに歩行者検知機能を付加。対歩行者の衝突回避支援/被害軽減を可能にするとともに、レーダークルーズコントロールも装備する。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。また、仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応。
歩行者に対しては夜間でも同じく約10km/h~80km/hの範囲でPCSの自動ブレーキが作動するようになった。

ロードサインアシスト(RSA)
検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。

レーンディパーチャーアラート(LDA)
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB)
カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

アダプティブハイビームアシスト(AHS)
LEDの点灯・消灯を細やかに制御することで、先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるシステムです。ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めて、夜間の優れた視認性を確保。

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避を支援。また、車両に対しては、10km/h~最高速の幅広い速度域で作動し、例えば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合には約40km/hの減速が可能。

レーダークルーズコントロール
先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。
トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。

レーントレーシングアシスト(LTA)
レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense Pに初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。

先行者発進告知

 

オーリスについて

初代は日本では2006年10月23日から。トヨタ・カローラランクスの姉妹車、アレックスの後継車種として登場。
現行2代目は2012年8月20日発表し発売を開始した。
マイナーチェンジは2015年4月6日に行い販売を開始。
トヨタでは初となる1.2L直噴ターボエンジン8NR-FTS型を搭載した新グレード「120T」を追加。
2016年4月18日に一部仕様変更。
欧州仕様で発売されたハイブリッドモデルを日本導入し「HYBRID」と「HYBRID”G Package”」を追加。
2016年4月18日に一部改良と同時に待望のオーリスハイブリッドTHS-II 1.8L 直4 DOHC+モーターモデルを追加。
先進技術、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準搭載する。

そして、丸5年でのフルモデルチェンジを果たす。


今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

トヨタ 新型 オーリス フルモデルチェンジ 3代目「カローラハッチバック」 ハイブリッド TNGAプラットフォーム採用 2018年7月発売
トヨタは新型オーリス / オーリスハイブリッドの3代目となるフルモデルチェンジを行い日本や米国では新型「カローラハッチバック」として2018年7月発売する。トヨタカローラ店を通じて販売を開始する。現行モデルは2018年 3月生産・販売終了。公式サイト閉鎖している。2018年4月3日に新型カローラハッチバックの発売予告サ

トヨタニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/19957475
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/21164620.html
http://newsroom.toyota.eu/toyota-al-salone-internazionale-dellauto-di-ginevra-2018/
https://newsroom.toyota.eu/2018-new-auris/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報