トヨタ 新型 86 一部改良 新色「ブライトブルー」追加 2018年3月13日発表

トヨタ

トヨタは新型86(ハチロク)を一部改良し2018年3月13日に発売した。

価格:262万3320円~342万3600円

新型86(ハチロク)について

新色の「ブライトブルー」を追加しボディカラーは7色となった。

 

クリスタルホワイトパール〈K1X〉
アイスシルバーメタリック〈G1U〉
ダークグレーメタリック〈61K〉
クリスタルブラックシリカ〈D4S〉
ピュアレッド〈M7Y〉
ブライトブルー〈DAR〉
アズライトブルー〈K3X〉

86(ハチロク)について

86は、トヨタがスバルと共同開発し、スバルが生産、トヨタが販売するFRレイアウトのスポーツカーである。
2012年4月から販売をスタート!!一部改良などを加えているが現在の時点ではマイナーチェンジを行っていない。
北米ではトヨタの若者向けブランドサイオンのFR-Sとしても販売をしている。サイオンブランドの廃止により今回のマイナーチェンジで北米でも新型86として販売される。

2016年で丸3年を迎え、10月のタイミングだと約3年半でのマイナーチェンジ。

トヨタは新型86のマイナーチェンジを2016年7月5日発表、2016年8月1日発売した。

スバルのBRZも同時にマイナーチェンジした。

2016年3月23日から開催されるニューヨークモーターショー2016でマイナーチェンジを果たした、新型86を公開した。

エクステリアはバンパーの変更を行い、イメージを一新する。
新デザインのLEDヘッドライト
ヘッドライト内部のバッジに「86」のロゴ追加
バンパーLEDテールランプ
新デザインリアバンパー
新デザインのアルミホイール採用
ショックアブソーバーを変更
スプリングレートを変更
ヒルスタートアシストコントロール機能追加
(坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、
ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進を実現します。)また、エンジンの改良などにより、出力アップしたことにより燃費ダウンがある。

2L 水平対向4気筒 エンジン
最高出力:207ps/7,000rpm (200ps)
最大トルク:21.6kgm/6,600rpm (20.9kgm)
トランスミッション:6MT
( )は6ATモデルのエンジンスペック

水平対向エンジンの改良により出力を7psトルクを0.7kgmアップさせることができた!!
JC08モード燃費は12.4km/L→11.8km/Lに変更になる!!
実燃費はそこまで差はないだろう!!

インテリア
TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ付メーター
(水温ゲージ、油温ゲージ、電圧ゲージ、パワー&トルクカーブ画面、Gモニター画面)
メーター切替ステアリングスイッチ
フルオートエアコン(左右独立温度調整機能付)
ドアトリム
本革巻ステアリングホイール など

グレード

6速MT 2,623,320円 6速AT 2,647,080円
GT 
6速MT 2,981,880円 6速AT 3,048,840円
GT“Limited” 
6速MT 3,183,840円 6速AT 3,250,800円
GT“Limited・Black Package”
6速MT 3,356,640円 6速AT 3,423,600円

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報