日産 新型 ムラーノ マイナーチェンジ ハイブリッドモデル 3代目 Z52型 エクステリア変更 2018年発売

日産

日産は新型のムラーノ 3代目 Z52型のマイナーチェンジを行い2018年内に発売する。
日本国内では販売の予定はないが現在、世界各国をはじめ日本国内でもSUV人気と共に各自動車メーカーが新車種を投入しており発売する可能性がないとも言えないだろう。


現行ムラーノ

新型ムラーノ 3代目 Z52型 マイナーチェンジについて

フロントデザインとリアデザインを一部デザイン変更する。
更に、自律走行技術 ProPILOT(プロパイロット) パイロットドライブ 1.0搭載する。

自律走行技術 ProPILOT(プロパイロット) パイロットドライブ 1.0搭載

更に目玉となるのが新型セレナ、新型リーフに搭載される自律走行技術 プロパイロット1.0搭載今後より上のプロパイロット 2.0搭載される。

徐々に機能が追加されていく。

Piloted Drive 1.0
高速道路の単一のレーンを自律的に走行することが出来るのみである。
Piloted Drive 2.0
2018年にはレーンチェンジや道路上の危険を判断しての回避も出来るようになる。
Piloted Drive 3.0
2020年には市街の交差点を安全にナビゲート出来るようなるそうだ。
Piloted Drive 4.0
無人運転を可能にする完全自動運転だ。

ムラーノについて

初代 Z50型 2002年-2008年
2002年11月には北米市場で発売された。
2004年9月2日 日本で発売。レッドステージ店で販売する。
J31型ティアナにも採用されるFF-Lプラットフォームを採用

2代目 Z51型 2008年-2015年
2007年のロサンゼルスモーターショーにて発表され、2008年1月より北米で販売を開始。
日本国内では2008年9月29日に販売が開始された。
J32型ティアナと共通のDプラットフォーム

3代目 Z52型 2014年-現在
デトロイトモーターショー2013にて、コンセプトカー「Resonance」(レゾナンス)を公開。
2014年12月5日 北米市場にて発表・発売開始。
2015年4月20日 上海モーターショー2015にて中国でムラーノハイブリッドを発表、発売開始。

ムラーノ エクステリア

ムラーノ インテリア

新型ムラーノ 3代目 Z52型について

外装は日産の最新デザイン言語「V-モーション」を採り入れV字型フロントグリル、ブーメラン状のヘッドライト、フローティングルーフを採用。これにより、高級感&スポーツ性も現行よりアップしている。

全長:4,887mm
全幅:1,915mm
全高:1,692 mm
ホイールベース:2,824mm

V型6気筒3.5L エンジン VQ35DE
最高出力260hp(193kW)
最大トルク33.2kgm
新世代エクストロニックCVT

直列4気筒 2.5Lスーパーチャージャー QR25DER +モーター
エンジン最高出力:254ps
エンジン最大トルク:33.6kgm
モーター最高出力:20ps

日産が開発した新世代システム。「デュアルクラッチコントロール」と称する1モーター2クラッチ方式のフルハイブリッドシステムは、『フーガハイブリッド』などにも見られるが、ガソリンエンジンを3.5LV型6気筒から、2.5L直列4気筒「QR25DER」スーパーチャージャーにダウンサイジングしているのが特徴。

MOD(移動物検知)や、リアルタイムで道路状況をモニターできるアラウンドビューモニターなど、
同クラスでトップクラスの先進性を有するセーフティ・シールド技術を搭載しています。

また、運転時の安全性をより高めるため、エマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、ドライバーアラートシステム、車線逸脱警報、後側方車両検知警報、クロス・トラフィック・アラートなど、運転をサポートする様々な機能も装備。

ナビゲーションシステムは8インチカラータッチスクリーンを採用。
Apple CarPlay™およびAndroid Auto™は、互換性のあるiPhone®またはAndroid®の携帯電話の特定のアプリをMuranoのディスプレイに直接表示する。

新型ムラーノ 3代目 Z52型 ボディカラーについて

パールホワイト 追加オプション
カイエンレッド
ブラック
ガンメタリック
メタリック
ブリリアントシルバー
ブルーメタリック

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報