トヨタ 新型 ヤリス セダン マイナーチェンジ Scion IA後継 ニューヨーク国際オートショー2018公開

トヨタ

トヨタは新型ヤリス セダンをマイナーチェンジ Scion IA後継として2018年秋に米国で発売する。
ヤリス セダンは新型デミオのセダンモデル「Mazda2 Sedan」のOEM供給モデルである。

2018年3月28日〜4月8日に開催されるニューヨーク国際オートショー2018で新型ヤリス セダンを公開する。

新型ヤリス セダン エクステリア

新型ヤリス セダン エクステリア

Mazda2 Sedan エクステリア


Mazda2 Sedan インテリア

写真を見てわかる通り、全長が4,320mmあり前面からデミオとわかるがセダンになったことに違和感をそれほど感じないのが非常にいい。エンジンはデミオと同じ「1.5L 直4 SKYACTIV -D」「1.3L 直4 SKYACTIV -G」が搭載される。

Scion IAについて

2012年にマツダのメキシコ新工場で、トヨタの北米向けを中心とした車両を生産することについて合意。
トヨタは、北米などにおける商品ラインナップの強化などがはじまっており、デミオセダンをOEMし、トヨタの小型セダンとしての販売。

トヨタは北米らアメリカ合衆国(グアム、プエルトリコを含む)およびカナダで展開している自動車ブランド「サイオン Scion」の「iA」ニューヨークモーターショー2015で初披露。2015年に発売した。

Scionブランドはアメリカは多くの先進諸国と異なり、若年人口が今後も増え続けるという特異性をもつ。現代の若者(ジェネレーションY)に「若者のトヨタ離れを防ぐ」と言う観点から始まったが2016年9月末を以ってサイオンブランドを終了した。

新型ヤリス セダンについて

全長:4,320mm
全幅:1,695mm
全高:1,500mm
ホイールベース:2,570mm

1.5L 直4 ディーゼルエンジン SKYACTIV -D
最高出力:105ps/4,000rpm
最大トルク:25.5kgm/2,500rpm
トランスミッション:6速マニュアルトランスミッション/AT

装備について
レザーレットトリムフロントシート、レザーステアリング、オートモーティブ気候コントロール、自動LEDヘッドライト、レインセンシングワイパー、照明付きエントリー標準としてフォグライトを受け取り、LEDターンシグナル付きヒートミラー
7.0インチのタッチスクリーンマルチメディアシステム
音声認識、リモートインターフェイス、ハンドルコントロール、Bluetooth接続を備えた。
バックアップカメラ、6スピーカーサウンドシステム、補助オーディオジャック、USBポート、3ヶ月無料のSiriusXMオールアクセストライアルが含まれています。クルーズコントロールとプッシュボタンスタート

http://www2.toyota.co.jp/jp/news/12/11/nt12_1109.html
ソース
https://www.carscoops.com/2018/03/2019-toyota-yaris-sedan-premieres-cute-new-looks/
マツダ USA
https://www.mazdausa.com/
マツダ
http://www.mazda.co.jp/
トヨタ
https://www.toyota.com/
ヤリス iA

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報