トヨタ 新型 ヴィッツ マイナーチェンジ (一部改良) Toyota Safety Sense 搭載 2018年5月31日発売

トヨタ

トヨタは新型ヴィッツのマイナーチェンジ (一部改良) を行い2018年5月31日発売した。

ヴィッツ
価格:118万1,520円〜194万1840円
ヴィッツハイブリッド
価格:181万9800円〜222万6960円

新型ヴィッツのマイナーチェンジ (一部改良) について

今回のマイナーチェンジ(一部改良) を行い次世代のToyota Safety Sense 装備する。
従来までの「Toyota Safety Sense P/C」の名称を「Toyota Safety Sense」に統一した衝突回避支援パッケージ、昼間の歩行者も検知可能となる「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)」を採用。これによりインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)オプション装着車は「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。

特別仕様車F“Safety Edition Ⅱ”、女性向け特別仕様車「F“Amie(アミー)”」を同日発売した。

特別仕様車のF“Safety Edition II”について

ヴィッツ「F」「HYBRID F」をベース、オプションのToyota Safety Senseとインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を特別装備。

HYBRID F“Safety Edition II”_2018_021
HYBRID F“Safety Edition II”

HYBRID F“Safety Edition II”_2018_022

特別仕様車のF“Safety Edition II”について

「F」「HYBRID F」をベース、ボディカラーは特別設定色「ダークレッドマイカメタリック」「ボルドーマイカメタリック」「ダークブルーマイカ」を含む全6色を設定した。

インテリアは、ブラックを基調にインストルメントパネル周辺にカッパー加飾を施したシックなデザインを採用、スエード調ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを特別装備。Toyota Safety Senseや「スマートエントリー&スタートシステム」などがセットになった「スマートエントリーセット」を採用。

F“Amie”_2018_021
F“Amie”
F“Amie”_2018_022

Toyota Safety Sense の主な特長

トヨタセーフティセンスのプリクラッシュブレーキでは、歩行者との相対速度が約30km/h以内の場合に衝突回避を支援し、車両の場合だと10km/h~最高速の幅広い速度域で作動する。

昼間の歩行者も検知対象に加えた 衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーンディパーチャーアラート(LDA)
オートマチックハイビーム(AHB)

ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、PCSに歩行者検知機能を付加。対歩行者の衝突回避支援/被害軽減を可能にするとともに、レーダークルーズコントロールも装備する。

(昼間)歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ (PCS)
ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避を支援。また、車両に対しては、10km/h~最高速の幅広い速度域で作動し、例えば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合には約40km/hの減速が可能。 レーンディパーチャーアラート(LDA)
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB)
カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)※オプション
アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。低速走行時(15km/h以下)に進行方向にある静止物を検知している場合、ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかける。

ドライブスタートコントロール
シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与。

先行車発進告知機能
信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。

緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式)
急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。

トヨタ ヴィッツについて

現行モデルは2010年から販売が開始され、既に6年が経過している。

そこで今回のビックマイナーチェンジのタイミングでハイブリッドモデルの投入となる。

実は海外モデルの現行ヴィッツ「Yaris(ヤリス)」にはハイブリッドモデルが存在する。搭載されているエンジンはアクアのエンジンを採用。

しかし日本ではヴィッツは販売台数も多く好調であり、別車種としてアクアを売り出すこともあり
ハイブリッドモデルの導入は見送られてきた・・・

トヨタは新型ヴィッツのビックマイナーチェンジを行い2017年1月12日に発売した。
ヴィッツ
価格:118万1,520円〜195万2,640円
ヴィッツハイブリッド
価格:181万9800円〜223万7,760円

ヴィッツハイブリッド システムについて

ハイブリッドシステムはアクアやカローラハイブリッドに採用する
1.5Lモデルの新しく小型化されたTHSⅡであれば全体の質量的にも問題がなく
採用することが可能だ!!
エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、
パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、
動力性能は約15%以上向上。

これにより、燃費を劇的に向上させることが可能だ!!

新型ヴィッツも同じシステム、同じハイブリッドシステムで行くなら同じ燃費向上が見込める。

直4 1.5Lエンジン+モーター リダクション機構付のTHSⅡ
最高出力:74ps/4,800rpm
最大トルク:11.3kgm /3,600 – 4,400 rpm
モーター最大出力:61ps
モーター最大トルク:17.2 kgm
駆動方式:2WD

現行アクアはJC08モード燃費全グレード37.0km/Lであるが
新型ヴィッツは全グレードJC08モード燃費34.4km/L!!

スペック新型 ヴィッツハイブリッド
全長3,905mm
全幅1,695mm
全高1,510mm
ホイールベース2,510mm
エンジン直4 1.5L+モーター
最高出力74ps/4,800rpm
最大トルク11.3kgm /3,600 – 4,400 rpm
モーター最大出力61 PS
モーター最大トルク17.2 kgm
JC08モード燃費34.4km/L
駆動方式2WD
価格181〜223円

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

トヨタ 新型 ヴィッツ マイナーチェンジ (一部改良) Toyota Safety Sense 搭載 2018年5月31日発売
トヨタは新型ヴィッツのマイナーチェンジ (一部改良) を行い2018年5月31日発売した。 ヴィッツ 価格:118万1,520円〜194万1840円 ヴィッツハイブリッド 価格:181万9800円〜222万6960円 新型ヴィッツのマイナーチェンジ (一部改良) について 今回のマイナーチェンジ...

トヨタニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/14681739/
トヨタ ヴィッツ
http://toyota.jp/vitz/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報