マツダ 新型 デミオ マイナーチェンジ SKYACTIV-1.5G 搭載 2018年8月30日発売

マツダ

マツダは新型デミオのマイナーチェンジを行い2018年8月30日に発売した。
特別仕様車「Mist Maroon」を追加する。
価格:139万3,200円~227万8,800円

現行モデルは5月まででオーダーストップ。

新型デミオのマイナーチェンジについて

2014年から発売を開始した現行デミオは毎年、一部改良を行なってきたが丸4年目で正式なマイナーチェンジを行い、2018年5月31日に改良された新型CX-3にも採用された改良を取り入れ、エクステリアデザイン、インテリアデザインの変更が行われる。

 

インパネのデザイン、センターコンソールのデザイン変更。


電動パーキングブレーキを採用。

新型CX-5やCX-8に搭載された、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」にマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]を装備。360度ビューモニターメーカーオプションに追加(一部のグレードを除き)。全グレードサポカー Sワイドに相当する。
スーパーUVカットガラス(フロントのみ)に加え、IRカットガラスを採用。
一部グレードにはフロントグリルガーニッシュ(グレーメタリック)、フォグランプを標準装備。

新型デミオのマイナーチェンジ スペックについて

初期モデルから搭載の1.3ガソリンエンジンが廃止となり1.5ガソリンエンジンに変更される。
全グレード、SKYACTIV-G 1.5 1.5L 直4気筒DOHC直噴エンジン 最高出力:110ps 最大トルク:14.4kgmを搭載する。

1.5L 直4気筒DOHCエンジン SKYACTIV-G 1.5
最高出力:81kW(110ps)/6,000rpm
最大トルク:141Nm(14.4kgm)/4,000rpm
トランスミッション:6速AT /5速MT
WLTCモード燃費:2WD 19.0km/L 4WD 17.2km/L

1.5L 直4気筒DOHC デーゼンエンジン SKYACTIV -D 1.5
最高出力:77kW(105ps)/4,000rpm
最大トルク:77Nm(25.5kgm)/1,500-2,500rpm(6MTは22.4kgm/1400-3200rpm)
ミッション:6速AT /6速MT
車重:1080kg
JC08モード燃費: 2WD 30.0〜26.4km/L 4WD 22.8km/L

新型デミオのマイナーチェンジ ボディカラーについて

ソウルレッドクリスタルメタリック※
マシーングレープレミアムメタリック※
スノーフレイクホワイトパールマイカ※
エターナルブルーマイカ
ディープクリムゾンマイカ
ソニックシルバーメタリック
ダイナミックブルーマイカ
ディープクリスタルブルーマイカ
チタニウムフラッシュマイカ
ジェットブラックマイカ
セラミックメタリック

※は別途オプション料金

新型デミオのマイナーチェンジ インテリアカラーについて

クロス・ブラック/レザー・ピュアホワイト
グランリュクス・ブラック/レザー・ディープレッド

※は別途オプション料金

新型デミオのマイナーチェンジ 価格グレードについて

SKYACTIV-G 1.5
15C
2WD 139万3,200円
4WD 159万8,400円
15S
2WD 149万400円
4WD 169万5,600円
15S Touring
2WD 173万3,400円
4WD 193万8,600円
15S Touring L Package
2WD 181万4,400円
4WD 201万9,600円

15S Mist Maroon
2WD 178万2,000円
4WD 198万7,200円

15S Noble Crimson 
2WD 179万2,900円
4WD 198万8,000円

SKYACTIV -D 1.5
XD
2WD 181万4,400円
4WD 201万9,600円
XD Touring
2WD 201万4,200円
4WD 221万9,400円
XD L Package
2WD 207万3,600円
4WD 227万8,800円

XD Mist Maroon
2WD 206万2,800円
4WD 226万8,000円

XD Noble Crimson
2WD 207万3,600円
4WD 227万8,800円

現行 デミオについて

デミオは現行は4代目で2014年9月26日から販売を開始。外観はデザインテーマ「魂動 -Soul of Motion」を採用しイメージを一新した。2014年10月13日には「2014-2015 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。

デミオ
全長:4,060mm
全幅:1,695mm
全高:1,500mm
ホイールベース:2,570mm

1.3L 直4 SKYACTIV -G
最高出力:92ps/6000rpm
最大トルク:12.3kgm/4000rpm
トランスミッション:6速AT or 5速マニュアル
車重:1030kg
JC08モード燃費:24.6km/L

1.5L 直4 SKYACTIV -D
最高出力:105ps/4000rpm
最大トルク:25.5kgm/1500-2500rpm(6MTは22.4kgm/1400-3200rpm)
ミッション:6速AT or 6速マニュアル
車重:1080kg
JC08モード燃費:26.4km/L

今回は約2年半でのマイナーチェンジ、既に販売がスタートするマイナーチェンジを果たした新型アテンザ同様の変更が行われる。

ヘッドライトがLED フロントライトの仕様変更
グレードによりフロントバンパー下部のフオグランプ周辺のメッキ装飾後部ドアの開閉音の質感向上天井素材を見直し質感を上げる。

握り心地と操作性を向上させたステアリングホイール
シャープさと剛性感、質感、性能性を高め、新デザインのステアリング

視認性を高めたアクティブ・ドライビング・ディスプレイ

美しく、読みやすい。改良したメーターパネル
マルチインフォメーションディスプレイにフルカラーTFT液晶を採用し、質感と読み取りやすさを高めたメーター

細部にまでこだわりを
落ち着いたリッチな空間を演出するブラックの天井とピラー、LEDならではの明るさで夜間の操作性向上に貢献する、オーバーヘッドコンソールLEDダウンライトを採用。

「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を初搭載!!

マツダは、ハンドル操作に応じてエンジンを細かく自動制御し、カーブを滑らかに曲がれるようにする世界初の技術「G ベクタリング コントロール」を開発した。車の操縦性が向上し、ハンドルのふらつきも半減して、運転による疲れを抑える効果がある。

マツダは、一時的に車の重心を前輪に移して、地面へのタイヤの押しつけを強めれば、より滑らかにカーブを曲がれると考えた。

ハンドル操作から車がカーブにさしかかったと車載コンピューターが認識すると、電子制御でエンジンの出力を瞬間的に弱め、車がわずかにつんのめるような形にして前方への重心移動を起こす仕組み。逆にカーブの終わりでは、出力を強めて後輪側に重心を移し、直線走行に滑らかに移行できるという。こうした出力の微妙な自動制御を、コンピューターがまばたき1回の間に20回やっている。燃料噴射などを細かく調整できるマツダ独自のエンジン技術がこうした制御を可能にした。

ナチュラル・サウンド・周波数コントロールを新採用
ディーゼルエンジンの不快な音がする周波数帯に着目し、燃料噴射タイミングを0.1ミリ秒単位で制御することで、ノック音の発生そのものを抑制する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を「SKYACTIV-D 1.5」搭載車に標準装備。
従来からご好評いただいていた「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と相まって、心地よいエンジンサウンドを残しながら、不快音の抑制を実現。

ボディカラーは新色を追加
・マシングレー
・ソウルレッド
・新色青
・新色赤
・スノーフレーク白
・ジェットブラック

マツダは新型デミオのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2017年12月7日に発売する。
特別仕様車に「Noble Crimson ノーブル・クリムゾン」を追加する。

ボディカラーに「ソウルレッドクリスタルメタリック」の採用
従来のボディカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」に比べ、彩度を約2割、深みを約5割増すことにより、より瑞々しく艶やかな透明感を実現。「魂動」デザインの造形美を、より質感高く際立たせた。

アドバンストSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)に変更。
先進安全技術「i-ACTIVSENSE」に被害を軽減する自動ブレーキ「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時](SCBS F)」をアドバンストSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)に。

SCBSでは約4~30km/hであったが、アドバンストSCBSでは対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時に自動的にブレーキをかけて衝突回避をサポート、もしくは衝突による被害の低減を図ることができる。

車線逸脱警報システム(LDWS)、ハイビーム・コントロール・システム(HBC)、スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]、(SCBS R)リアパーキングセンサー(センター/コーナー)標準装備。

交通標識認識システム(TSR)を追加。(13C、15MB、13S、XD、13S/XD回転シート以外)
走行中にカメラで速度制限と進入禁止、一時停止の交通標識を読み取り、その情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。

360°ビューモニター追加(オプション設定)。

先進安全技術「i-ACTIVSENSE」全車に標準搭載

i-ACTIVSENSEは、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術の総称です。事故が避けづらい状況での衝突回避・被害軽減を図るプリクラッシュセーフティ技術に加え、認知支援を行いドライバーの安全運転をサポートするアクティブセーフティ技術で構成されています。

AFS(アダプティブフロントライティングシステム)
夜間走行中では、ドライバーの疲労を軽減し、安全性を高める上で明るく見やすい視界を確保することが大切です。 AFS(アダプティブフロントライティングシステム)は走行状況に応じてヘッドランプの配光を最適にコントロールします。スピードとステアリングの舵角に合わせて、ドライバーが進みたい方向にヘッドランプのロービームを照射します。

HBC(ハイビームコントロール)
HBCは、対向車や先行車を検知し、ヘッドランプのハイビーム・ロービームを自動で切り替える夜間走行中のドライバー認知支援機能です。

MRCC(マツダレーダークルーズコントロール)
MRCCは、ミリ波レーダーにより先行車との速度差や車間距離を認識し、自動で走行速度をコントロールするシステムです。 ドライバーがアクセルやブレーキの操作をしなくても、設定した車速内で車間距離を自動で調整・維持し、長距離走行時などのドライバーの負担を軽減します。

RVM(リアビークルモニタリングシステム)
RVMは、リアバンパーに設置した準ミリ波レーダーで、隣(左右)のレーンや後方からの接近距離を検知して、車線変更により衝突の危険性がある場合には、インジケーターや警報でドライバーに注意を促します。

LDWS(レーンデパーチャーワーニングシステム)
LDWS(車線逸脱警報システム)は、道路上の車線を感知し、車両が車線を逸脱することを予測してドライバーに警告するシステムです。

FOW(フォワードオブストラクションワーニング)
FOW(前方衝突警報)は、ミリ波レーダーを使い、先行車や障害物との距離を計算し、衝突の可能性がある状態まで接近した場合には、警報とディスプレイの表示で、ドライバーに衝突の危険性を知らせ、ブレーキ操作を促すシステムです。

アドバンストSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)
前方の歩行者や先行車を(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)フロントガラスに設置した、近距離を高精度で検知できる近赤外線レーザーセンサーで先行車を捉え、衝突の危険性が高いと判断すると、ブレーキを自動制御します。このとき、ドライバーがブレーキペダルを踏むと、ブレーキは即座に強い制動力を発揮。ドライバーがブレーキ操作などを行わなかった場合には、自動的にブレーキをかけて衝突回避をサポート、もしくは衝突による被害の低減を図ります。

スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)
約2~8km/h以下で後退時に、超音波センサーで障害物をとらえ、衝突の危険性を判断。ブレーキを自動制御し衝突の被害を軽減します。

AT誤発進制御[前進時]
アクセルペダルの踏み間違いによる急発進を抑制するシステムです。
約10km/h以下での徐行前進や停車時は、カメラやフロントグリル内の超音波センサーで前方の障害物を検知し、ペダルの踏み間違いなどによる誤発進・急加速を抑制します。

AT誤発進抑制制御[後退時]
約10km/h以下での徐行後退や停車時、後方に障害物があるにも関わらず、アクセルが一定以上踏み込まれた場合に、警報と同時にエンジン出力を抑えて急発進を抑制します。

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)&リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)
BSMは約15km/h以上での走行時、隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラー鏡面のインジケーターが点灯しドライバーに通知。その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、車線変更の中断を促します。
また、後退時にはRCTAとして機能。駐車場からバックで出る際などに接近してくる車両を検知してドライバーに警告し、安全確認をサポートします。

交通標識認識システム(TSR)
走行中にカメラで速度制限と進入禁止、一時停止の交通標識を読み取り、その情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。制限速度の超過などをドライバーに警告、安全運転を促します。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

『デミオガソリン 1500にup』 マツダ デミオ 2014年モデル のクチコミ掲示板 - 価格.com
マツダ デミオ 2014年モデル 『デミオガソリン 1500にup』のクチコミ掲示板。マツダ デミオ 2014年モデルについての情報を交換するなら、日本最大級の「価格.com クチコミ掲示板」で。交わされる情報の量と質は日本屈指のハイレベル!
マツダ 新型 デミオ マイナーチェンジ SKYACTIV-1.5G 搭載 2018年8月30日発売
マツダは新型デミオのマイナーチェンジを行い2018年8月30日に発売した。特別仕...

マツダニュースリリース
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2017/201711/171109a.html
マツダ デミオ
http://www.mazda.co.jp/cars/demio/
マツダ
http://www.mazda.co.jp/

マツダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報