日産 新型 GT-R 50 by Italdesign イタルデザインと共同開発した50周年記念限定プロトタイプ 2018年7月12日 世界へ向けてデビュー

日産

日産はイタリアのデザイン会社「イタルデザイン(Italdesign)」と共に50周年を記念する共同開発プロトタイプ車「NISSAN GT-R 50 by Italdesig」を2018年6月29日(現地時間)に発表した。2018年7月12日グッドウッドフェスティバル オブ スピード 2018にててプロトタイプ車を初公開した。今後数ヶ月の間に世界各地で初披露される予定だ。

世界限定50台まで
約900,000ユーロ(1億1,714万円)

NISSAN GT-R 50 by Italdesigについて

NISSAN GT-R 50 by Italdesigは2018年モデルのGT-R NISMOをベースに「何の制約もなくGT-Rをつくったらどうなるだろう」と語る日産のグローバルデザイン担当上級副社長、Alfonso Albaisa氏、更に付け加えて「このモデルは次期新型GT-Rではありません。両社の50周年をクリエイティブに祝う為のものです。」と語った。

内外装を大幅に変更、パワーレインも変更。内装、外装デザインを日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当、プロトタイプの開発、設計、製造をItaldesigが行った。
大容量、大口径のツインターボチャージャー、大型インタークーラー、交流量ピストンオイルジェット、大容量燃料噴射装置、ビルシュタイン社の新サスペンションシステム、ブレンボ社製のブレーキなどを採用している。

NISSAN GT-R 50 by Italdesig スペックについて

全長:4,784mm
全幅:1,992mm
全高:1,316mm
ホイールベース:2,780mm

ニスモ製 3.8L V6 VR38DETTエンジン
最高出力:720ps/7,100rpm
最大トルク:780Nm/3,600-5600rpm
トランスミッション:強化デュアルクラッチ6速シーケンシャルギアボックス

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報