日産 新型 ノート e-POWER 3代目 フルモデルチェンジ 2020年8月発売

日産

日産は新型ノート / ノートe-POWERのフルモデルチェンジを行い2020年8月に発売する。

2019年に開催予定の東京モーターショー2019で2代目の新型ノートのコンセプトモデルを披露する予定だ。

3代目 新型ノート / ノートe-POWERについて

現行ノートは2012年から販売を開始しており、丸8年でのフルモデルチェンジとなる。
3代目 新型ノートには最新のVモーションデザイン言語を採用。V字型のグリルと積極的なヘッドライトが組み込まれる。 新型ティアナのコンセプトモデル「Nissan Vmotion 2.0 Concept」をベースにしておりフロントの大型のVmotionグリルが特徴的である。更に自動運転技術 プロパイロット(パイロットドライブ 1.0)とを採用。e-POWERモデルは更に効率的な発電を行い燃費向上を果たす。


Nissan Vmotion 2.0 Concept


新型ティアナ (アルティマ)

ノートについて

日産が販売するハッチバック型の乗用車である。
初代E11型ノートはマーチなどにも採用されるBプラットフォームをベースに開発された。 フルモデルチェンジを行い2代目からはVプラットフォームを採用している。 初代E11型ノートと初代C11型ティーダの後継車として「ノート」の車名を継承し、2代目ノートとして日本市場において販売が開始。


2代目 ノート 前期

2代目のノートは2016年11月のマイナーチェンジで、フロントにVモーショングリルを採用し、ヘッドランプとバンパーをデザイン変更。リアコンビネーションランプにはブーメランシグネチャーを採用した。2016年11月に「e-POWER」搭載車はVモーショングリルにブルーのラインを配して差別化をした。

2004年 – 2012年 初代 E11型
2005年1月20日 日本での販売を開始
2005年12月22日 一部改良
2006年12月25日 一部改良
2008年1月9日 マイナーチェンジ
2010年12月1日 一部改良

2012年 -2020年 2代目
2012年9月3日 日本での販売を開始。
2013年12月25日 一部改良
2014年10月10日 一部改良 「NISMO」、「NISMO S」を発売。
2015年7月7日 一部改良
2016年11月2日 マイナーチェンジ Vモーショングリルを採用。e-POWERモデルをラインナップに追加。
2016年12月6日 日産車で30年2か月ぶとなる販売台首位を獲得。(1986年9月のサニー以来)
2017年9月1日 一部改良
2017年10月17日 NISMO販売開始
2017年10月30日 C-Gear(シーギア)発表
2018年7月5日 e-POWERに4WD採用の新グレード設定 カスタマイズカー「AUTECH」を発売。

2018年上半期(2018年1月~6月)の販売台数が73,380台を記録、登録車販売台数で第1位を獲得。
日産車で1970年サニー(B110型)以来、48年ぶりとなった。


2代目 ノート NISMO 後期


2代目 ノート AUTECH 後期


2代目 ノート C-Gear(シーギア) 後期

スペック 新型ノート
ターボ
MEDALIST
新型ノート 新型 ノート
e-POWER
全長 4,100mm
全幅 1,695mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,600mm
エンジン 直3 1.2L
スーパー
チャージャー
直3 1.2L
エンジン
直3 1.2L
エンジン
+モーター
最高出力 98ps/
5,600rpm
79ps/
6,000rpm
79ps/
5,400rpm
最大トルク 14.5kgm/
4,400rpm
10.8kgm/
4,400rpm
10.1kgm/
3,600
-5,200rpm
定格出力 95ps
モーター最高出力 109ps/ 3008
〜10,000rpm
最大トルク 25.9kgm/0-3008rpm
車両重量 1365kg 1040kg 1170kg
〜1220kg
JC08モード燃費 26.2km/L 18.2km/L 34.0〜37.2km/L
価格 171〜200万円 139〜178万円 179〜224万円

今後、新しい情報が入り次第お伝え致します。

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報