トヨタ 新型 ハイエース 50周年記念 特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」2018年8月6日発売

トヨタ

トヨタは新型ハイエースの誕生50周年記念 特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」と「ハイエース」「レジアスエース」特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME II”」を2018年8月6日に発売した。
ハイエースは全国のトヨペット店(東京地区は東京トヨタおよび東京トヨペット、大阪地区は大阪トヨタ)レジアスエースは全国のネッツ店を通じて販売する。

スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”
価格:324万円~413万3160円

スーパーGL“DARK PRIME II”
価格:313万9560円~403万2720円

ハイエース 特別仕様車 スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”

ニュースリリースより
ハイエースの誕生50周年を記念し発売した特別仕様車スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は、最上級グレード「スーパーGL」をベース。
外装は、漆黒メッキを施したフロントロアグリルをはじめ、フロントフォグランプベゼルやフルホイールキャップに高輝度塗装を施すなど、より上質で落ち着いた印象を付与。バックドアには50周年記念エンブレムを装備した。
内装は、ルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラック色を採用、シート表皮にダークブラウン色のトリコット+合成皮革&ダブルステッチを採用。随所に茶木目マホガニー調加飾やダークシルバー加飾を施すなど、より高級感と上質感を演出している。50周年記念エンブレム付のスマートキーやスライドドアのスカッフプレートに車名ロゴ&イルミネーションを特別装備、デュアルパワースライドドアやSRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(助手席)を標準装備、プレミアムな限定車した。

ハイエース 特別仕様車 スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED” エクステリア

LEDヘッドランプ
フロントフォグランプ(高輝度塗装ベゼル)
メッキフロントグリル(ロアグリル漆黒メッキ)
フルホイールキャップ(高輝度塗装)

50TH ANNIVERSARYバックドアエンブレム

ハイエース 特別仕様車 スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED” インテリア


4本スポークステアリングホイール(本革巻き+茶木目マホガニー調加飾)
ステアリングスイッチ(オーディオ)&ベゼル(ダークシルバー加飾)
フロントエアコンプッシュ式コントロールパネル(ダークシルバー加飾)
インストルメントパネルアッパー部(茶木目マホガニー調加飾)
シフトベゼル(ダークシルバー加飾)
シフトノブ(本革+茶木目マホガニー調加飾)
フロントドアトリム(合成皮革)
パワーウインドウスイッチベース(茶木目マホガニー調加飾)
シート表皮:トリコット+合成皮革&ダブルステッチ(ダークブラウン)
スライドドアスカッフプレート(車名ロゴ&イルミネーション付)
ルーフ&ピラー&セパレーターバー(ブラック)
SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(助手席)


50TH ANNIVERSARYエンブレム付スマートキー
スマートエントリー&スタートシステム

外板色には、特別設定色グラファイトメタリックを含む全6色を設定しました。

ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED ボディカラー

ホワイトパール
クリスタルシャイン
グレーメタリック
スパークリングブラックパール 特別設定色
クリスタルシャイン
ブラックマイカ
ボルドーマイカメタリック
グラファイトメタリック 特別設定色

ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED 価格

2/5人乗り 5ドア ロング 標準ボディ2800ディーゼル 2WD 価格:3,828,600円
2/5人乗り 5ドア ロング 標準ボディ 2800ディーゼル 4WD 価格:4,133,160円
2/5人乗り 5ドア ロング 標準ボディ 2000ガソリン 2WD 価格:3,240,000円
2/5人乗り 5ドア ロング ワイドボディ 2800ディーゼル 2WD 価格:3,970,080円
2/5人乗り 5ドア ロング ワイドボディ 2700ガソリン 2WD 価格:3,501,360円
2/5人乗り 5ドア ロング ワイドボディ 2700ガソリン 4WD 価格:3,795,120円

今回からハイエース/レジアスエースでのToyota Safety Sense Pを「Toyota Safety Sense 」に統一。
現在と同様にレーダークルーズコントロール (非搭載)となる。
ハイエース/レジアスエースは「セーフティ・サポートカー」対象車である。

Toyota Safety Senseについて

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーンディパーチャーアラート(LDA)
オートマチックハイビーム(AHB)
歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーダークルーズコントロール (非搭載)

ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、PCSに歩行者検知機能を付加。対歩行者の衝突回避支援/被害軽減を可能にするとともに、レーダークルーズコントロールも装備する。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。また、仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援*5。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応。

レーンディパーチャーアラート(LDA)
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB)
カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避を支援*5。また、車両に対しては、10km/h~最高速の幅広い速度域で作動し、例えば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合には約40km/hの減速が可能*5。

ハイエース/レジアスエース 特別仕様車スーパーGL“DARK PRIMEⅡ

ニュースリリースより
今回の特別仕様車スーパーGL“DARK PRIMEⅡ”は、最上級グレード「スーパーGL」をベース。
外装は、ダークメッキを施したフロントグリル、バックドアガーニッシュを特別装備。
内装は、ルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラック色を採用。

スライドドアのスカッフプレートに車名ロゴ&イルミネーションを特別装備、SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(助手席)を標準装備。
外板色には、特別設定色スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション)を含む全5色を設定。

トヨタニュースリリース
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/23840489.html
ハイエース
https://toyota.jp/hiacevan/
レジアスエース
https://toyota.jp/regiusace/
特別仕様車 スーパーGL“DARK PRIME Ⅱ”
https://toyota.jp/hiacevan/grade/special/
https://toyota.jp/regiusace/grade/special/
ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED
https://toyota.jp/hiacevan/grade/special2/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報