レクサス 新型 LC マイナーチェンジ 一部改良 乗り心地と操縦安定性向上 2018年8月30日発売

レクサス

レクサスは新型LCのマイナーチェンジ (一部改良)を行い2018年8月30日発売した。

LC500
価格:1302万2000円~1402万2000円
LC500h
価格:1352万2000円~1452万2000円

レクサス 新型LC マイナーチェンジ (一部改良)について

フラッグシップクーペLCは今回の一部改良で、ステアリングサポートのアルミダイキャスト化による剛性の向上や、ブッシュ特性のチューニングなどによりステアリングフィールが向上。さらに、ショックアブソーバーは伸圧独立オリフィスの採用により、減衰力可変幅の拡大や摩擦低減など乗り心地と操縦安定性が向上。ブレーキ制御、マルチステージハイブリッドシステムのチューニングなどによりドライバーの運転意図に沿った、より滑らかな加減速を実現。細部まで徹底的にこだわり、LCならではのスポーティな乗り味を進化させました。また、クラウドと車載機でのルート探索を融合したハイブリッドナビゲーションシステムの標準設定により、利便性を向上させた。

また、事故や急病時に車両データをもとに重症度を指定してドクターヘリ等の早期出動判断を行うD-Call Net®に対応することで、緊急時の対応力を高めた。

マイナーチェンジ (一部改良) グレード価格について

LC500“S package” 価格:14,022,000円
LC500“L package” 価格:13,022,000円
LC500 価格:13,022,000円
LC500h“S package” 価格:14,522,000円
LC500h“L package” 価格:13,522,000円
LC500h 価格:13,522,000円

レクサス 新型 LCについて

レクサスは新型LC500 LC500h プレミアムラグジュアリークーペを2017年3月16日に発売した。
新型LCはレクサスSCの後継モデルとして販売するプレミアムラグジュアリークーペである。
SCは日本ではソアラとして販売されていたもので、2010年に販売を終了したモデルである。

新型LC500 LC500h スペックについて

全長:4,760mm
全幅:1,920mm
全高:1,345mm
ホイールベース:2,870mm

Lexus LC500
5.0L V型8気筒エンジン
最高出力:475ps/7,100rpm→478ps
最大トルク:54.0kgm/4,800~5,600rpm→55.0kgm

Lexus LC500h
世界初マルチステージハイブリッドシステム
V型6気筒 3.5Lエンジン+モーター
最高出力:299ps(220kW)/6,600rpm
最大トルク:348Nm/4,900rpm
トータル最高出力:358ps(264kw)

マルチステージハイブリッドシステムでは、2つのモーターを使用したLEXUSのハイブリッドシステムに、
有段ギアの自動変速機構を組み合わせることで、エンジンとモーター両方の出力制御が可能になった。
エンジンの高回転化と合わせて、低速域ではエンジン使用領域を高回転側に拡大し、
低速から力強い駆動力を生み出しパワフルな走りを実現。
加えて、低速域から高速域まで、システム効率の高い動作点を選択し、
EV走行領域も拡大することで、エモーショナルな走りと燃費性能に優れた快適なクルージング走行を両立した。
トランスミッションはアイシンが開発した10速オートマチックトランスミッションが組み合わせされる!!

予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を採用

ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」、車線維持をサポートする「レーンキーピングアシスト」、夜間歩行者の早期発見に寄与しロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」、そして先行車との車間距離を保ちながら追従走行する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、これら4つの先進安全技術をパッケージ化し、多面的な安全運転支援を強化。

新型LC500 LC500h 新型プラットホームについて

新開発FRプラットフォームは、新開発の大径ランフラットタイヤを四隅に配置、そしてエンジンを車軸の後方に置き、人や重量物をより重心に近く、低い位置に下げ重量配分のバランスを調整するなど、慣性諸元をつくり込み、走りの理想形に近いフロントミッドシップのレイアウトを創造
高剛性ボディは、基本性能として、高い剛性を確保することに加え、走行中のボディへの力の入力や変形特性にも着目し、回頭性が良く、ドライバーの思い通りにラインをトレースできる性能を実現

マルチリンク式サスペンションは、上下共に2本のアームを持つ構造で、ボールジョイント配置の工夫により、ドライバーの操作や路面からの入力に対し、リニアな応答と手応えの良いステアリングフィールを実現

軽量化では、フロントサスペンションタワー、フロントフェンダー、サイドドア外板などへのアルミ素材の採用、ルーフ、ラゲージドア、サイドドア内側にCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用するなど、低重心化とヨー慣性モーメントの低減を図り、走行性能向上に寄与

10速オートマチックトランスミッションは、シフトチェンジの際の心地良いフィードバックと、切れ味の良い変速を実現。構成部品のアルミ化による大幅な軽量化と部品の小型化を実施。また、アクセルやブレーキ、車両のG(重力加速度)から、ドライバーの意図を読み取り、最適なギヤを選択する新制御も採用

レクサスニュースリリース
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/lexus/23981360.html
LC

レクサス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報