スズキ 新型 スイフト iK-2 1.0L 直噴ターボ「BOOSTERJET(ブースタージェット)」搭載

スズキは2015年3月3日から開催しているジュネーブモーターショー2015で新型となる「iK-2」と「iM-4」を世界初公開した。

これらモデルに採用している新環境技術として、次世代軽量プラットフォーム、
直噴ターボガソリンエンジン「 BOOSTERJETブースタージェット 」、マイルドハイブリッドシステム「SHVS」を紹介した。

iK-2は新型スイフトとなるコンセプトモデルだ。

コンパクトカー「iK-2」

「iK-2」は、「Harmonised Force (調和した力)」をコンセプトに、デザイン・実用性・快適性・操縦性・走行性・燃費というコンパクトカーに必要とされる要素を高次元で融合させることで、コンパクトカーの価値を極限まで高めた、スズキが考える理想のコンパクトカーである。

特長
水の塊が動き出す時のエネルギー移動をイメージした、流れるような優雅さと、全高を抑え、全幅を広く取ったダイナミックさを併せ持つデザイン。
次世代軽量プラットフォームと1.0L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」採用による低燃費かつ力強い走行性能。

1.軽量化と基本性能向上を追求した次世代軽量プラットフォーム
アンダーボディの主要な構造や部品の配置を最適化し、効率よく剛性を高めながら軽量化を図り、燃費・安全性・操縦安定性・静粛性などを向上。

機能部品のモジュール化を図ることで開発効率を高めたプラットフォーム。

2.低燃費と運転する楽しみを両立した、1.0L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」
排気量のダウンサイジングによる燃費性能向上と過給機による出力及びトルク向上を実現。
コンパクトカーならではのサイズや重量に対する高い要求を満たすため、軽量化技術を駆使した、
コンパクトで軽量なエンジン。

全長4,023mm
全幅1,920mm
全高1,450mm

iK-2_01
iK-2_02iK-2_03 iK-2_07 iK-2_06 iK-2_05 iK-2_04
スズキニュースリリース
http://www.suzuki.co.jp/release/d/2014/0303/index.html

ソース

スズキは2015年3月3日から開催しているジュネーブモーターショー2015で新型となる「iK-2」を世界初公開した。 iK-2は新型となるコンセプトモデルだ。 これらモデルに採用している新環境技術として、次世代軽量プラットフォーム、 直噴ターボガソリンエンジン「 BOOSTERJETブースタージェット 」...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事