トヨタ 新型 レビン 復活「 Levin HEV」「 Levin」中国産ハイブリッドユニットを搭載で2015年発売!!

トヨタは新型のカローラレビンの開発を進めている。

7代目の1995年-2000年を最後に販売を終了している。

カローラレビンはカローラセダンをベースとした小型スポーツクーペである。
内外装部品のほとんどを共用する姉妹車である。

このレビンを2015年に15年ぶりに復活をとげる。

2014年4月20日に開幕した北京モーターショーで、トヨタは、合弁パートナーである一汽トヨタ自動車販売有限会社、広汽トヨタ自動車有限会社と共に、主力車種およびコンセプトカー計38台を出展した。1964年にクラウンを初めて中国に輸出して以来、今年で50年を迎えたが、今後も中国事業の強化に取り組んでいく。

今回の北京モーターショーにおける展示の主役となるのは、中国初披露となる新型カローラならびに新型車レビンである。
新型レビンに中国産ハイブリッドユニットを搭載し、新型ハイブリッド車として、装い新たに中国の消費者に届ける計画を明らかにするとともに、また将来的には、中国市場にて日系メーカーNo.1、ブランド別シェア3位となることを目指している。

2015年4月20から開幕した上海モーターショー2015で量産モデルを正式発表する。

エンジンは
1.5L 4気筒のアトキンソンサイクルエンジン+モーターで
システム最大出力99hpである。

トヨタの中国合弁の広汽豊田から、2015年後半に中国市場に投入される予定。

日本投入の予定は現在のところない・・・
デザインからすると日本でも売れそうな1台でありそうだが・・・

LEVEN_HEV_01

( Levin HEV)

LEVEN__01

( Levin )
トヨタは、また、世界的なスーパースター、ビヨンセを起用したGet Goingキャンペーンを中国などで開始しており、キャンペーンを通じ、若者の夢や挑戦を応援していく。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

トヨタニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/2037838

トヨタは新型のカローラレビンの開発を進めている。7代目の1995年-2000年を最後に販売を終了している。カローラレビンはカローラセダンをベースとした小型スポーツクーペである。内外装部品のほとんどを共用する姉妹車である。このレビンを2015年に15年ぶりに復活をとげる。2014年4月20日に開幕した北京モーターショーで...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事