日産 新型 マキシマ フルモデルチェンジ 3.5L V6 300hp 4ドアスポーツセダンとして2015年8月発売へ!

日産は新型のマキシマを4月から開催されているニューヨークモーターショー2015で正式公開した。

モデルの元となっているのがデトロイトモーターショー14において、発表したスポーツセダン コンセプトである。

日産の言葉でいうと4ドアスポーツカーとなるようだ。

Vモーショングリル、ブーメランシェイプのランプ、フローティングルーフ等、
最新のニッサンデザインランゲージを余すことなく表現している。

マキシマって何?と思う方もいると思うが。

初代は1981年からブルーバードをベースに開発された車1994年まで日本でも販売されていた。

その後海外のみでの販売で何度もモデルチェンジを繰り返し、現行は7代目であり
今回のマイナーチェンジで8代目となる。

基本的なシャーシはティアナと同じ物を使用している。

エンジンは
VQ35DE 3.5L V型6気筒ガソリンエンジン
最大出力は300hp/6,400 rpm
エクストロニックCVT

部品の60%以上を刷新したと同時に、高速走行時の燃費15%改善したという。

1.2GPa級高成形性超ハイテン材の採用により向上、これにより、現行モデルに対して、
ねじれ剛性を25%改善し、82ポンド(約37kg)の軽量化に成功したという。

米国で2015年8月から販売が開始される予定だ。米国で2015年8月から販売が開始される予定だ。
現在のところ日本復活のアナウンスはされていないが噂では
2016年4月に日本投入されるのではないかと言われている。

スピードテストも行っているが

1位 Nissan Maxima SR
2位 BMW 328i
3位 Acura TLX V6 Tech
4位 Audi A4 2.0T quattro

と日産が4ドアスポーツカーだと言っているのがよくわかる。

201504050016260d1 2015040500163027d 20150405001719c36 20150405001623635 20150405001716fd9 20150405001720aa9 20150405001723edf 20150405001719a1d

ソース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事