三菱 新型 デリカD:6 フルモデルチェンジ D:5後継 クロスオーバーMPV 改良版 クリーンディーゼル搭載 MITSUBISHI XM Concept 2018年5月発売!!

三菱は新型デリカD:5のフルモデルチェンジを行い新型デリカD:6を2018年5月に発売する予定だ。
現行モデルは2017年4月21日に新型デリカD:5の一部改良を実施した。

デリカD:5について

デリカD:5はデリカスペースギアの後継車種であり、世界で唯一のオールラウンダーミニバン
(SUV・ミニバン型)の乗用車である。

「D:5」はデリカ(DELICA)の5代目を意味する。 2007年1月31日から販売を開始。
2012年12月26日からクリーンディーゼル車の販売を開始。
その他、現在に至るまで何度もマイナーチェンジを繰り返し、人気を維持している車種である。

そのデリカD:5を今回フルモデルチェンジを丸11年目となる2018年予定
6代目デリカとなりデリカD:6となる。

新型デリカD:5 D:6の発表について

2016年8月11日から21日までインドネシアで開催されるインドネシア国際オートショーに、
SUVの力強さとMPVの多用途性を融合させた、スモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカーを世界初披露する。

2016年8月11日(木)から21日(日)までインドネシアで開催される2016年インドネシア国際オートショーにて
クロスオーバーMPVコンセプトカーMITSUBISHI XM Conceptを世界初披露する。

このクロスオーバーMPVコンセプトカーMITSUBISHI XM Conceptは新型デリカD:5 D6である!!

2016年02月03日に2015年度第3四半期の決算発表会にて
2017年度に新型デリカD:5を発売とすると発表した!!

今回の最大の売りはフルモデルチェンジに伴い、
新しい三菱デザインを取り入れシャープなイメージに 生まれ変わることだ。

また、現行に搭載されている、4N14エンジン
2.2L 直列4気筒DOHC クリーンディーゼルターボエンジンの改良型を
搭載する予定だ。

現行は
最高出力109kW(148PS)/3,500rpm
最大トルク360N・m(36.7kgf・m)/1,500~2,750rpm
JC08モード燃費13.6km/L

これを新型では本来の4N14エンジンをフルにいかし
最高出力130 kW(177 PS)/ 3,500 rpm
最大トルク380 N・m(39.0 kgf・m)/ 2,000rpm
JC08モード燃費15.0km/L

更に出力を高め、燃費も向上することとなりそうだ。

また、4WDシステムは新型アウトランダーに採用されたS-AWCを採用する。

MITSUBISHI XM Concept_2017_01MITSUBISHI XM Concept

delica_d5_2017_01.jpg
クロスオーバーMPVコンセプトカー

D501.jpg

mitsubishi001.jpg

スペック 新型 デリカD:6
全長 4,740mm
全幅 1,795mm
全高 1,750mm
ホイールベース 2,850mm
エンジン 2.2L 直列4気筒DOHC クリーンディーゼルターボ
最高出力 177ps/ 3,500 rpm
最大トルク 39.0 kgm/ 2,000rpm
JC08モード燃費 15km/L
価格 300〜万円

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-497.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事