ホンダ 新型 ジェイド RS 1.5L VTECターボエンジン搭載車 JC08モード燃費18.0km/L

ホンダは2015年5月21日新型ジェイドにRSモデルを追加した。

価格は253万円。

4月に発売された5代目新型ステップワゴンに採用された1.5L VTECターボエンジンを採用。

トランスミッションは7速モード&パドルシフトを備えるCVTを採用した。

常用域で2.4Lエンジン並みのトルクを発生する力強くスムーズな加速と、高い静粛性を両立し、多人数での乗車時や坂道でも、余裕のある走りを実現。

それでいながら低燃費を実現し

JC08モード燃費18.0km/L

シャシーセッティングの見直し、
サスペンション剛性をハイブリッドモデルからフロント15%、リア20%アップとしたほか、スプリングやダンパーなどもRS専用セッティングに変更。

さらにアンダーフロアパネルをトンネルブレーズで補強してフロアまわりの剛性を強化して、ステアリング操作に対してダイレクトに車両が反応するようにした。

「Honda SENSING(ホンダ センシング)」
ももちろん選択可能である。

ジェイドの特長はそのままに、ボディーとサスペンションの専用セッティングや、ブレーキ制御によって運動性能を高める電子制御システム「アジャイルハンドリングアシスト」の採用などにより、軽快なステアフィールとスポーティーで爽快な走りをもたらしている。

20150521144256165 20150521144301e70 20150521144407fd120150521144340a78 20150521144336ab3 20150521144339870

2015052114440901e

ホンダニュースリリース
http://www.honda.co.jp/news/2015/4150521-jade.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事